墓場鬼太郎とは?鬼太郎のモデルとなった人物は居るの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

「ゲゲゲの鬼太郎」には、ベースとなった作品があるそうです。
紙芝居『墓場奇太郎』(ハカバキタロー)という作品が、鬼太郎に影響を与えたとされています。『墓場奇太郎』とは、どんな作品でしょうか?

鬼太郎にはモデルが居たのでしょうか?

スポンサーリンク

ハカバキタローとは?鬼太郎の名の原点はここにあった

「ゲゲゲの鬼太郎」は、旧題を『墓場の鬼太郎』と言います。

鬼太郎は、病死した母親の遺体から生まれ出ました。
母親はすでに埋葬されており、鬼太郎は、自力で墓穴から這い出しています。
鬼太郎の母親を埋葬した水木は、墓穴から這い出した鬼太郎を「化け物」だと思い込み、放り投げています。

「墓場から生まれた少年」というモチーフを持つのが、紙芝居『墓場奇太郎』です。
『墓場奇太郎』は、1933年から1935年頃の作品です。

親の因果により墓場から生まれた醜い少年が、親の仇に復讐していくという内容です。
原作者は伊藤正美ですが、物語が伊藤正美のオリジナルかどうかは不明です。
「子育て幽霊」などの古典的な怪談や昔話に拠るところが大きいとされています。

「ゲゲゲの鬼太郎」の原作者・水木しげるは、鬼太郎を創作するにあたり、『墓場奇太郎』の主人公の名を借りる事を伊藤正美に断り、その了承を得ています。

鬼太郎の出自がほぼ現在のものとなるのは貸本版から

水木しげるは、鬼太郎を最初は紙芝居に描いています。1954年から始まる数作の紙芝居です。
『蛇人(じゃじん)』『空手鬼太郎』『ガロア』『幽霊の手』などです。
これらの作品で「墓場鬼太郎」という漢字表記の名前が使われています。

ただし、紙芝居に共通しているのは名前だけで、描かれている少年は作品ごとに違います。
『蛇人』の鬼太郎は、蛇の腹から生まれ、人間にいじめられて、成長したのちに復讐するという内容です。

『空手鬼太郎』の鬼太郎は、空手使いに弟子入りし、修行したのち、師匠を打ち破ります。

スポンサーリンク

現在の鬼太郎に近い設定になるのは、貸本版からです。
1960年に水木しげるは、貸本に鬼太郎を登場させています。
ここでの鬼太郎は、幽霊族の生き残りで、墓に埋葬された母親の遺体から生まれています。

鬼太郎のモデルは水木しげるの甥だった

ゲゲゲの鬼太郎、本名「墓場鬼太郎」は、少年の外見をしています。
左目を隠す特徴的な髪型。
古めかしい学童服、縞模様のチャンチャンコを着ています。下駄の鼻緒は赤です。

少年の姿にはモデルがあったとされています。
水木しげるの甥で、3~5歳の姿がモデルになっていると言われています。

髪の毛の色は、原作では銀色に近い灰色です。
2007年公開の実写版映画では、銀髪にして、原作に近い姿にしました。

ただし、水木しげるは、映画が完成して鬼太郎を演じたウエンツ瑛士と対面した際、「格好良過ぎるな、違うな」と語っています。

また、同じ理由でスタッフにも苦言を呈したと言います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする