ぬらりひょんとは実際どんな妖怪なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

「ゲゲゲの鬼太郎」で鬼太郎の敵役として登場する妖怪が「ぬらりひょん」です。
「ぬらりひょん」は、ゲゲゲの鬼太郎にだけ登場する妖怪ではありません。
古くは江戸時代から妖怪画にも描かれています。

「ぬらりひょん」とは、どんな妖怪なのでしょうか?

スポンサーリンク

ぬらりひょんは江戸時代から絵巻物に描かれている!岡山県にも伝承がある

「ぬらりひょん」という言葉は、江戸時代から使われています。
「鯰に目口もないようなもの」に対して「ぬらりひょん」という形容がなされています。
妖怪と結びつけて使われるようになるのも、江戸時代からです。

『百怪図巻』『百鬼夜行絵巻』など、多くの絵巻物にその姿が描かれています。

いずれも、描かれているのは老人です。特徴的な形のハゲ頭で、着物か袈裟を着た姿で描かれています。
絵巻物には解説文が一切無いため、どんな妖怪を意識して描いたのかは不明です。

古くからの伝承は、地方に残っている事が少なくありませんが、「ぬらりひょん」にまつわる伝承は、岡山県に残されています。

岡山県の伝承では、「ぬらりひょん」は海坊主の類です。瀬戸内海に浮かぶ、人の頭ほどの大きさの球状の妖怪です。「ぬらり」と手をすり抜け、「ひょん」と浮いてきては、人をからかうとされています。老人の姿をした妖怪とは、別物と考えられています。

昭和以降に落ちぶれた客人神としての側面と総大将としての側面を持つようになる

昭和以降の妖怪関連の文献では、「ぬらりひょん」は、宵の口に家に入ってくる怪物と解説されるようになります。

人を襲う事はなく、お茶を飲んだり煙草をふかしたりして、我が家のように振舞います。
家の人がその姿を目撃しても、「この人はこの家の主だ」と思ってしまいます。
「地獄先生ぬ~ベ~」では、「ぬらりひょん」は落ちぶれた客人神として描かれています。

また、昭和に入って「妖怪の総大将」であると解説されるようにもなります。
「総大将」というのは、『妖怪画談全集 日本篇 上』に収められた「ぬらりひょん」の図版の下に付けられた「怪物の親玉」という注釈が広く解釈された結果と言われています。

水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」で「ぬらりひょん」が自らを「総大将」と称するのは、この流れを汲んだものとされています。

ぬらりひょんがゲゲゲの鬼太郎に初登場したのは第1作!総大将のイメージはまだ無い

「ぬらりひょん」が「ゲゲゲの鬼太郎」に初登場するのは、第1作の第12話です。
この時は、「山田」と名乗って人間になりすましています。
裕福な生活を送っており、背広を着ています。
盛り場で爆弾テロを起こし、犯行が鬼太郎にバレるのを恐れて、鬼太郎をコンクリート詰めにします。

しかし、鬼太郎の逆襲に遭い、「先祖流し」で先史時代に流されてしまいます。

妖怪の「総大将」というイメージは、第1作に登場した時にはありません。
第2作には登場していません。

第3作から準レギュラーとして登場!基本的には他者を操るが自らも技を使うようになる

「ぬらりひょん」が準レギュラーとして登場するようになるのは、第3作からです。
以降、第5作まで複数話にまたがって登場します。あの手この手で鬼太郎を倒そうと画策します。

基本的に他者を利用して悪巧みを企てます。
強い妖怪を雇ったり騙したりして、鬼太郎を倒そうとします。
狡猾で卑怯な手口を用いますが、間抜けな側面も見せます。

原作初期では、策謀を巡らすのみで、自ら妖術を操る事はありませんでしたが、「総大将」という設定が定着するにつれて、多彩な技を使うようになります。技の中で繰り返されるのが爆弾です。

第1作では、本に隠したダイナマイトでした。
第3作では、鉄やコンクリートを化学的に脆くする事に、力点を置いた物に変化させています。
第5作では、指に挟める大きさの手投げ弾を使っています。

スポンサーリンク

第3作にはまだそれほどシリアスな描写は無い

第3作では、性格や描写がそれほどシリアスではなく、人間を部下にした悪事が目立つのが特徴です。毎回のように、他の妖怪をそそのかして鬼太郎と対決させるように仕向けますが、うまく行きません。

51話では、参加各国の支配権をかけた「世界妖怪ラリー」を開催します。
弱小妖怪を招いたつもりでしたが、バックベアードをはじめとし、強豪が揃ってしまい、「鬼太郎が日本代表だ」と吹き込んで自らは逃げ出します。

91話では、妖怪の天敵であるヒー族に、鬼太郎を倒すように頼みますが、拒絶されて人形にされてしまいます。
この時は、自らの配下と鬼太郎の仲間が一時的に共に戦い、鬼太郎から和解を持ちかけられます。しかし、和解を拒否して、再び敵味方に分かれます。

第4作では間抜けなイメージが強く描かれる

101話で、本来の姿が「タコ」という事が明かされています。
第4作では、居合の心得があるという設定で、鬼太郎との直接対決も多く描かれています。
ただし、鬼太郎との戦いでは必ず負けており、手を結んだ相手にも裏切られます。
裏切った相手から仕返しを受ける事もしばしばあります。

96話から99話にかけて、強大な妖力を得て、「妖怪王」となります。
「ぬらりひょん」が日本を征服しますが、失敗を繰り返し、日本中の妖怪たちの信用を失ってしまいます。

113話では、ねずみ男に騙されて弱い刺客を雇ってしまい、間抜けなイメージが強く描かれます。

第5作では悪の総大将らしい描かれ方になる

第5作では、「ぬらりひょん」はシリアスで「悪の総大将」然とした描かれ方になります。
4話から黒幕としての存在を匂わせ、8話から本格的に登場します。
登場早々から2度も火災を引き起こします。

鬼太郎に対する憎悪は強く、鬼太郎を殺すのみならず、鬼太郎の味方を皆殺しにするまでは収まらないと、部下に語っています。72話で妖怪城を覚醒させます。

ただし、85話で妖怪城を失い、100話終了まで出番が無いまま終わってしまいます。

劇場版では、部下と共に悪者妖怪サミットに参加します。
「日本はヤトノカミによって滅びる」と決めつけたバックベアードたちに反発して、この時は、鬼太郎たちを応援する発言をしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする