ルパン三世カリオストロの城のモデルになった城や場所は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

「ルパン三世カリオストロの城」は、モンキー・パンチ原作のアニメ「ルパン三世」の劇場映画第2作です。テレビで繰り返し放送され、人気が高まりました。

2017年1月20日にはデジタルリマスター版をベースにしたMX4D版が上映され、話題になりましたね。「ルパン三世カリオストロの城」の公開時のキャッチコピーが、「生きては還れぬ謎の古城でついにめぐり遭った最強の敵!」です。

「謎の古城」のモデルになった城や場所について調べてみました。

スポンサーリンク

クラリスが幽閉されていた尖塔のモデルはリヒテンシュタイン城

クラリスが幽閉されていた尖塔。ルパン三世が急角度の屋根をそのまま走り抜き、アニメ史上最大の逃走劇を繰り広げました。
このカリオストロの城のモデル城として知られるのが、「リヒテンシュタイン城」です。

リヒテンシュタイン城に行くには、次の3行程を辿ります。

1.ドイツのシュツットガルトからロイトリンゲン駅まで移動します。

2.ロイトリンゲン駅からさらにバスで約30分行きます。

3.その後、山道を徒歩で1.5kmほど移動します。

リヒテンシュタイン城は、カリオストロの城の尖塔そのままの姿を見せてくれる古城です。
尖塔の他に、城内には隠し部屋が複数あります。地下室もありますが、見学の際は、ガイドがいないと入れません。

リヒテンシュタイン城があるのはリヒテンシュタイン公国という永世中立国

リヒテンシュタイン城に行くには、最初にドイツを目指します。
そのため、「リヒテンシュタイン城はドイツにある」と思っている人が少なくありませんが、リヒテンシュタイン城があるのはドイツではありません。

カリオストロの城のモデル城となったリヒテンシュタイン城があるのは、「リヒテンシュタイン公国」です。リヒテンシュタイン公国は、世界で6番目に小さな国ですが、独立した君主制国家です。永世中立国でもあり、軍隊は持ちません。防衛はスイスが担っています。

リヒテンシュタイン公国は観光産業と「切手」の製作で成り立っています。切手の製作を支えているのが、精巧な印刷技術です。

精巧な印刷技術を持つという点でも、カリオストロ公国のモデルになっていそうですね。

リヒテンシュタイン公国を統括するのはリヒテンシュタイン家です。リヒテンシュタイン家は莫大な資産を持ち、国全体がタックスヘイブンです。

多くの企業が免税目的でペーパーカンパニーを置いており、国は豊かです。国民には所得税などの直接税が無いというのも、「カリオストロの城」に通じる点です。

スポンサーリンク

城の内部の作りのモデルとなったのはサン・レオ城

「カリオストロの城」では、ルパン三世が地下に突き落とされ、天井から吊り下げられたかつての侵入者を目にするというシーンがあります。下水に日本人兵士の遺体も横たわっていましたね。そうした内部構造のモデルとなったとされるのが、イタリアの「サン・レオ城」です。

サン・レオ城は、3世紀に構築されました。サン・レオの町を見下ろす山の頂に建っています。1631年からは牢獄として使われています。

洞窟のような大きな部屋があり、その天井の穴から吊り下げられるようになっています。

サン・レオ城には、マリー・アントワネットの「首飾り事件」に絡んで失脚したカリオストロ伯爵が幽閉されていた事があります。サン・レオ城は、1906年まで牢獄として使用された後、博物館と美術館になりました。

牢獄内を見物する事ができます。また、武器やカリオストロ伯爵の遺品も展示されています。

湖面の水が引いて古代の建築物が見えるシーンのモデルはモン・サン・ミッシェル

「カリオストロの城」のラストの方で、湖面の水が引いて古代の建築物が姿を現わすシーンがあります。その時見えてくる建築物のモデル城が「モン・サン・ミッシェル」です。
「モン・サン・ミッシェル」は世界遺産に登録されている修道院です。

モン・サン・ミッシェルは、フランスの北西部にあります。フランスから車で行くと4時間ほどかかります。周囲は干潮と満潮の差が15m以上あります。

島には対岸に通じている古い道路がありましたが、満潮時に道路が隠れてしまいます。
この道路は、1877年に作られました。2009年に取り壊され、2014年に橋が完成しました。

モン・サン・ミッシェルは、「聖地巡礼の旅」で訪れる人が多く、バカンスシーズンの夏の間は、ヨーロッパ以外からの観光客も多いとされます。比較的観光客が少ないのは、12月から2月にかけてです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする