ゲド戦記の怖いクモ様!トラウマ注意で性別や正体をまとめてみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

ジブリ映画にはけっこう怖いシーンがありますよね。トラウマになりそうな怖いシーンもあります。「ゲド戦記」では、クモが体をふくらませてテルーを死に至らしめたところが、サブロー的にはトラウマです。クモが怖いという人は、多いですね!

あまりにも印象的すぎるクモ様の性別や正体をまとめてみました。

スポンサーリンク

ハイタカとの関係は?改心を誓ったものの復讐を狙っている

ジブリ作品の「ゲド戦記」では、エンラッドの王子のアレンが主人公ですが、主要な登場人物にハイタカがいます。クモの立ち位置は、ハイタカとの関係で整理すると、理解しやすくなります。

クモは、魔法使いです。かつて「ハブナーのクモ」と呼ばれ、人がお金を払えば、パルンの「知恵の書」を使って、望み通りの人間をあの世から呼び出していました。
そして、ハイタカの師匠の魂も呼び出してしまいました。

ハイタカは、クモが魔法を濫用した事に憤り、クモを黄泉の国に連れて行きました。
クモは、泣き喚いて抵抗しましたが、ハイタカを振り切る事が出来ず、黄泉の国まで連れて行かれ、恐怖の底に突き落とされました。クモは、改心を誓って西へと去りました。

しかし、心の底ではハイタカへの復讐を誓っていました。
劇中、アレンがハイタカに斬りかかるシーンがありますが、2度目に斬りかかるところは、クモに操られている事が、はっきりと示されています。

性別は?妖艶な姿で女性に見えてしまうが実は男性だった

クモの事を女性だと思っている人は、少なくないのではないでしょうか?
実は、サブローもクモの事を女性だと思っていました。

声を担当していたのが、女優の田中裕子さんですからね。冷たくて、どこか危うい感じが、クモの内面を良く表現していました。ちなみに、田中裕子さんは、「もののけ姫」ではエボシ御前の声を務めていましたね。

細面でサラサラの髪。顔の大きさに比べて、手が大きく、「女性にしてはちょっと?」と違和感を感じましたが、それ以外には、男性っぽさは、無い感じです。

しかし、クモは実は男性です。

原作では、明瞭に男性として設定されています。ジブリ映画は、中性的な描き方になっていますが、女性に設定を変更しているわけではありません。

スポンサーリンク

正体は?映画の中でアレンの分割に一役買う

クモが執着するのは、不死の力を手に入れる事です。不死の力を手に入れるために、クモは、この世とあの世をつなぐ扉をこじ開けます。

いつまでも生き続ける事を願望し、ウサギや衛兵たちを使って、己の願望を実現しようとします。それだけでなく、自分自身で若返りの魔法をかけます。クモの中性的な容貌は、若返りの魔法の結果かもしれませんね。

生死両界を分かつ禁断の扉を開いた魔法使いとして、映画では悪役と明確に位置付けられています。

宮崎吾朗監督は、インタビューに答えて、悪役クモの仕業によって、主人公アレンの「心の光の部分」が切り離され、光が肉体を追う影となってしまい、影は心の闇に支配されたアレンの実体と一つに戻ろうとして追いかけていたと、説明しています。

アレンの影こそが「心の光の存在」だったわけですね。アレンの分割に一役買ったのが、怖いクモだったという事になります。

ただし、原作者は、映画に対するコメントの中で、アレンが分割した理由が不明確である事について批判しています。

映画の中でクモが果たした役割は大きかった!原作との大きな違い

原作でクモは、登場シーンも少なく、さして大きな役割を担っていません。

ジブリ作品の「ゲド戦記」では、映画の公式パンフレットに「ハイタカはクモという魔法使いが生死両方を分かつ扉を開け、それによって世界の均衡が崩れつつあることを探り出す」と記されています。

映画では、世界の均衡が崩れつつあるのも、竜が食い合うのも、悪役クモが禁断の扉を開けた影響とされています。

そのため、クモは怖い存在と強調して描かれ、悪役クモを倒す事によって、共食いしていた竜が仲睦まじく天空を飛ぶようになり、物語は解決を見ます。

ただし、クモのセリフに、「均衡はすでに我ら人間の手によって破壊されつつある」というのがあります。そのため、クモが唯一の元凶とは言いにくい可能性があります。映画の中では、世界の均衡を崩せる唯一の存在が、人間である事が暗示されています。

本来自分たちの物ではない物まで欲する強欲が、世界の均衡を崩しているというのが、ジブリ映画に流れる主張です。クモが不死を欲したのは、人間の強欲の象徴とも言えそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする