魔女の宅急便キキがジジと話せなくなった理由はトンボへの淡い恋心?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

「魔女の宅急便」は、ジブリの長編アニメーションの中で上位を競う人気作品です。
このタイトルは、黒猫のジジが登場する事で、使用が許可されたそうです。

「宅急便」というのが、クロネコヤマトで知られるヤマト運輸の登録商標だったためです。「魔女の宅急便」にジジは欠かせない存在だったわけですね(笑)

そのジジに途中から変化が見られます。キキと話さなくなるのです。キキがジジと話せなくなったのは、どのような理由からかをまとめてみました。

スポンサーリンク

ジジの方の問題ではない!人間のペットに恋したのは関係ない

ジジが猫の鳴き声しか立てなくなったのは、ジジの方に問題があるのではないかという指摘があります。ジジは、新しい街で隣の家に飼われている白猫に気を惹かれます。

最初のうちは、白猫の澄ました様子に反発しますが、次第に恋に落ちていきます。

魔女と一緒にいる黒猫が、人間に飼われている猫に恋した事で、不可思議な力を失ったのではないかと考える人も多いようです。

積極的に不思議な力を捨て、ジジが普通の猫として生きる事を選んだと考える人もいます。

ただし、宮崎駿監督は、「変わったのはジジではなくキキ。」とコメントしています。
「魔女の宅急便」では、キキに従ってジジも旅に出ますが、新しい街での成長は、キキに焦点を当てて描いている事になります。

キキの魔法の力が弱まったからじゃない⁉︎キキが飛べるようになってもジジとは話さなくなる

「魔女の宅急便」では、キキの変化が描かれます。一番の変化は、魔法の力を一時的に失ってしまう事です。その変化を、キキは、ジジと話せなくなった事で感じ取ります。

ぼんやりとした違和感が、懸念に変化し、キキは自分のホウキを持ち出して、飛べるかどうかを確認します。

そして、驚愕します。飛べなくなっていたのです。その流れを見てきた観客は、猫と会話できるのは、魔女の能力の一つであり、飛べなくなったのと同時に、キキはジジと話せなくなったのだと、自然に考えてしまいます。

ただし、トンボの危機を救いたいと念じたキキが、飛ぶ力を再び取り戻した後も、ジジと会話している様子は描かれません。

観客の中には、まだ本調子で飛べるようになっていないため、ジジの言葉が分からないのだとして、もう少し待てば以前のように会話できるようになるとする意見も見られます。

ちなみに、原作ではキキの魔法が戻ると、ジジと喋るようになっています。

スポンサーリンク

キキの成長によってジジの声は必要無くなった!ジジの声はキキの心の声だった⁉︎

最後のシーンでは、キキはトンボと新しい絆を築いて、少女から大人への階段をちょっぴり上がりました。飛ぶ力を再び取り戻しただけでなく、異性と接した時の自分の感情をつかめるようになっています。

大人への階段を上がり始めたキキに、ジジの声は不可欠なものでは無くなりました。
キキは、トラブルを抱えた時に相談できる仲間を得、自分なりに試行錯誤しながらトラブルを解決する経験をしました。

そして、新しい関係を両親との間にも築くようになります。新しい街に移って、キキは、最後のシーンで両親に手紙を送ります。

ジジと話せなくなった事について、宮崎駿監督は「ジジの声はもともとキキ自身の声で、キキが成長したため、ジジの声が必要なくなった。」と述べています。
キキの人格がジジに反映されていたというのが、宮崎駿監督の解釈ですね。
幼い子供がぬいぐるみを相手に話すのと、同じようなものでしょう。

成長するにつれ、ぬいぐるみは必要なくなります。自分を慰めてくれるのは、自分が築いた人間関係になります。「魔女の宅急便」で、ジジと話せなくなったキキが、街の人たちと微笑みを交わし、人の輪の中で生きているのは、興味深い光景です。

キキがジジと話せなくなったのはトンボへの淡い恋心からではない?トンボに恋するのはもっと先だった⁉︎

キキは、一時的に失っていた飛ぶ力を取り戻します。きっかけは、トンボの事を救いたいと心の底から願った事でした。人間では救う事がかなわない態勢で、空中に取り残されたトンボを見て、キキは、自分しかトンボを救えないと確信します。

そして、スランプを脱し、再び空を飛びます。トンボと仲良く空を楽しむ様子が、物語の最後で描かれます。

しかし、そこに漂うのは親しさです。恋と呼べるようなベールはかかっていません。
2人の間にあるのは、澄んだ空と同じ、親しみと信頼です。

この物語で、宮崎駿監督はキキとトンボを恋仲として描こうとはしていなかったとされます。
親しい歳月を重ね、やがて2人が恋仲になるにしても、まだ恋を感じない友人関係なのが、この物語でのキキとトンボです。

ジジと話せなくなった事とキキの恋とは、「魔女の宅急便」では無関係と言えるでしょう。

ちなみに、キキがトンボに恋心を感じたとする設定の物語は、日清カップヌードルの新CMシリーズ第一弾アニメ「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇」でオンエアされ、話題になりました。

キキが17歳になって高校生活を送っていたら?というアナザーストーリーです。
この作品の中でも、キキはジジと暮らしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする