【マッドマックス 怒りのデス・ロード】の原作!千の顔を持つ英雄とはどんな話?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

マッドマックス 怒りのデス・ロード

「マッドマックス怒りのデス・ロード」は、エネルギッシュなアクションと重厚なストーリーで高い評価を受けた映画です。
その原作は、世界各地の英雄神話を研究したジョゼフ・キャンベルによる著書『千の顔を持つ英雄』です。
「マッドマックス怒りのデス・ロード」の原作はどんな話なのでしょうか?

スポンサーリンク

『マッドマックス怒りのデス・ロード』の原作は神話の基本構造を論じた著書

「マッドマックス怒りのデスロード」の原作とされる『千の顔を持つ英雄』は、1949年に刊行されました。
ジョゼフ・キャンベルが神話の基本構造を論じた著書です。
『千の顔を持つ英雄』は、世界の共通的神話学を中心に論じたものです。

キャンベルは、世界各地の神話に登場する英雄は旅に出ていると指摘しました。
英雄の旅は、日常とは別次元の超自然的な領域へ出かけるものです。
旅に出た英雄はイニシエーション(通過儀礼)を経ます。

超人的な力に遭遇し、課題を与えられます。
英雄は最終的に決定的な勝利を収めます。
英雄は、自分に従う者たちに恩恵を授ける力を得て、故郷へ帰ります。

『千の顔を持つ英雄』は「英雄」を初めて規定した著書

「マッドマックス怒りのデス・ロード」の原作とされる『千の顔を持つ英雄』は、日本語訳も出版されています。
出版されたのは2015年、ハヤカワ・ノンフィクション文庫に収められています。
翻訳を担当したのは倉田真木氏です。

『千の顔を持つ英雄』は、神話学で初めて「英雄」を規定したことで知られています。
「英雄」とは、「生誕の再現」が繰り返される人間です。
「生誕の再現」は、カトドス(上り道)とアノドス(下り道)の交差の上に成立します。

主人公は、最初に冒険への召命を受けます。
しかし、いったんは神から逃走しようとし、超自然的なものの支援を受けて召命を受ける決意をします。
その後、主人公は魔の領域に突入します。

スポンサーリンク

→インデペンデンス・デイとシン・ゴジラの共通点!2つの映画はなぜ似ているのか?

『千の顔を持つ英雄』は「英雄」のたどる道を記した著書

魔の領域に突入した主人公は、自己消滅の危機にさらされます。
その後、主人公には次々と試練が襲いかかります。
この過程が「英雄」となるべく転身の門をくぐるプロセスです。

その最中に主人公が女神と遭遇することも少なくありません。
女神によって回復を得た主人公は、誘惑者のもたらす快楽を断れませんが、そのうちに対立者との和解に至ります。
和解を通して、主人公はそれまでの試練の意味を悟るようになります。

主人公は故郷への帰還に向かいますが、いったんは旅立ちを拒みます。
夢から覚めたくないという思いからです。
しかし、超常力が加わって主人公は帰還に至ります。
英雄となった主人公が故郷に戻ると、そこは新しい王国となっており、祭りが行われます。

スポンサーリンク

→映画ラ・ラ・ランドの時代背景は?ロケ地巡り敢行

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする