【聲の形】西宮硝子の先天性聴覚障害の原因は遺伝なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


↓ ↓ ↓
映画「聲の形」を今すぐ視聴する

「聲の形」は聴覚障害の少女が登場し、聴覚障害のリアルな世界が描かれていると評価の高い作品です。
主人公の西宮硝子の聴覚障害の原因は何でしょうか?

スポンサーリンク

西宮硝子の聴覚障害の原因は先天性風疹症候群だった!?

西宮硝子がなぜ聞こえなくなったのかについて、「聲の形」の第1巻に収録されている第2話で川井が問題にしています。
川井は、担任の竹内に「センセー どうして西宮さんは聞こえなくなったんですか?」と尋ねています。
竹内は、無表情に「今度聞いておこう」と応じています。

しかし、西宮硝子の聴覚障害の原因について、その後、しばらく触れられることはありません。
「聲の形」の中で、西宮硝子の聴覚障害の原因と思われることについて触れられるのは第4巻になってからです。
第4巻収録の第32話で「ウイルス感染」「予防接種していなかった」という表現が出てきます。

妊娠中の女性がウイルス感染による感染症に罹り、その影響で生まれた子どもが聞こえに問題を生じたということです。
予防接種が一般に実施されている感染症で、妊婦が罹患すると胎児に悪影響を及ぼすものとして、風疹が考えられます。
西宮硝子は、先天性風疹症候群によって聴覚に問題を抱えるようになったものと思われます。

先天性風疹症候群とは?先天性風疹症候群による聴覚障害

先天性風疹症候群とは、胎児の頃に風疹ウイルスに感染したことで赤ちゃんが抱えることになった障害や病気のことです。
妊娠初期の女性が風疹に罹ると、お腹の中の赤ちゃんも風疹ウイルスに感染します。
先天性風疹症候群に多い障害や病気は、聴覚障害、白内障、心臓疾患です。

風疹は、感染しても15~30%の人は症状が出ません。
そのため、妊娠中に風疹に感染していても、感染に気づかない妊婦は稀ではありません。
出産してから、初めて赤ちゃんの先天性風疹症候群が判明したというケースは珍しくありません。

先天性風疹症候群による聴覚障害の程度は、軽度から重度まで報告されています。
両耳とも聞こえに問題を抱えているというケースばかりではありません。
聴力の問題が徐々に進行しているケースも少なくありません。

スポンサーリンク

→聲の形の都市伝説・謎・考案・伏線!その後の二人はどうなったのか!?

西宮硝子の聴覚障害の程度!水門小学校に入学した理由は?

「聲の形」の西宮硝子は、補聴器をつけても会話を聞き取ることがほとんど出来ません。
発話も不完全です。
西宮硝子の言葉は、ほかの人には聞き取ることが難しい状態です。

西宮硝子の聴覚障害が発覚したのは3歳の時とされています。
両親は、硝子の障害が原因で離婚しました。
父親が硝子の聴覚障害の責任を母親になすりつけたためです。

西宮硝子は、母親の考えによって普通校でのインクルージョン教育を受けます。
インクルージョン教育とは、障害のある子どもと障害の無い子どもが共に学ぶことで、共生社会の実現に貢献しようとするものです。
しかし、西宮硝子は、水門小学校での担任の竹内から強く勧められ、特別支援学校に転校しています。

→聲の形はなぜ不快と言われたのか!?障害者からの反応は!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする