【バックトゥザフューチャー】デロリアンの中古車相場やスペック!新車からどれだけ高くなったのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


↓ ↓ ↓
バック・トゥ・ザ・フューチャーを視聴する

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズに登場したことで、一躍有名になったのが「デロリアン」です。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の中でタイムマシンとして登場しましたが、デロリアンは斬新なデザインで人々を魅了する名車です。

スポンサーリンク

デロリアンDMC-12!デザインやメカニカル設計を請け負ったのは誰?

「デロリアン」の愛称で親しまれる自動車は、正式名称を「デロリアンDMC-12」と言います。
デロリアンは、もともとは自動車の名前ではなく、自動車製造会社の名称でした。
正式名称は、「デロリアン・モーター・カンパニー」です。

デロリアン・モーター・カンパニーは、1975年10月24日に設立されました。
本社はデトロイト、製造工場は北アイルランドにあります。
デロリアンDMC-12が登場するのは1981年のことでした。

デザインを担当したのはイタルデザインのジョルジェット・ジウジアーロ。
メカニカル設計を請け負ったのはロータス・カーズでした。
エンジンは、プジョー・ルノー・ボルボが乗用車用に共同開発したV型6気筒SOHC2849ccでレイアウトはPRです。

→【バックトゥザフューチャー】1955年で実際に起こった歴史的事件について

デロリアンを購入するなら中古車!デロリアンの中古車相場は?

デロリアンDMC-12は、初年度に1600万円ほどで約6500台を販売し、好調な滑り出しを見せました。
しかし、大量にキャンセルが発生して、翌年以降は売り上げ不振に陥ります。
1982年10月には社長のスキャンダルなどが明るみに出て、デロリアンは倒産に至りました。

デロリアンDMC-12は、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で注目を集め、その斬新なデザインは今も人々を魅了しています。
ただし、近年の排出ガス規制や衝突安全基準をクリアすることは不可能です。
現在、ナンバー取得しようと思ったら、中古車で入手することになります。

日本でデロリアンDMC-12を購入するには、中古車販売店を利用するのが一般的です。
価格は、ノーマルのDMC-12で約1000万円します。
タイムマシン1985モデルが960万円、タイムマシン2015モデルが1080万円、タイムマシン1955モデルが980万円です。

スポンサーリンク

→バックトゥザフューチャーの未来2020年!現実の未来で当たった事、外れた事

30年前のガソリン車を維持するにはどれくらい費用が掛かるのか?

デロリアンDMC-12を所有した場合、燃費はハイオクで6〜7km/Lくらいです。
スポーツカーとほぼ同じと考えれば良いでしょう。
オイル交換は年1回の交換で約7Lほどです。

デロリアンDMC-12の登録や車検にかかる費用は、ノーマルもタイムマシンモデルも同じです。
自動車税が年に51000円、重量税が45000円。
検査手続代行料が15000円、予備検査に45000円、印紙代が700円。
そして、自賠責保険料が35390円かかります。

維持費で問題になるのが故障などに対する修理代です。
デロリアンDMC-12は30年前の車のため、ボディの腐食や電装系の問題がしばしば起きます。
実際に所有している人の話では、メンテナンスに100万円以上かかったそうです。

→バックトゥザフューチャーが描く2015年と現実の2015年の違いについて

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする