【名探偵コナン】赤井務武について考察!!生きてる説や黒田管理官の正体が赤井説は本当?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

名探偵コナンの動画を無料視聴

「名探偵コナン」に登場する、気になるファミリーに赤井ファミリーがあります。
赤井ファミリーはコナンとの関係性も随時変化します。
赤井ファミリーの中でも謎が多い赤井務武(あかい・つとむ)について考察してみました。

スポンサーリンク

赤井務武とは?死んだとされているが本当は生きてるのか!?

赤井務武は、赤井秀一・羽田秀吉・世良真純の三きょうだいの父親です。
赤井務武が「名探偵コナン」に初めて登場したのは、コミック92巻に収録された「さざなみシリーズ」です。
ひげと目深に被った帽子で、人相は分かりにくいものの、長男の秀一に似ています。

赤井務武は切れ者の捜査官でした。
死んだという知らせが家族の元にもたらされたのが10年前です。
その直前に妻のメアリーにメールが届いていました。

「いいか、この先、私はいないものと思え…。どうやら私はとんでもない奴らを敵に回してしまったようだ…。」
この文面を、メアリーは息子の秀一を諫める際に口にしています。
秀一は、父親の死体が見つかっていないことを改めて胸に刻みます。
赤井務武が生きているのではないかという説は、秀一の明かした事実をもとにしています。

黒田管理官の正体が赤井務武説は本当?2人に共通する空白の10年間

赤井務武が生きてるとしたら、登場人物の誰かに変装しているものと思われます。
赤井務武に関する考察で一番熱気を帯びているのが、誰が赤井務武なのかということです。
最も有力視されているのが警視庁の黒田管理官です。

赤井務武が生きてるとすると、赤井務武と黒田管理官には共通して空白の10年間があるためです。
赤井務武が消息を絶ったのが10年前です。
そして、黒田管理官も事故で10年間の記憶を失っているとされています。

赤井務武は、姿をくらます前に羽田浩二事件に関わっていました。
それがきっかけでFBIに入ったと、息子の秀一は言っています。
羽田浩二事件とは、「七冠達成に最も近い棋士」と言われていた、将棋のプロ棋士の羽田浩二が何者かに殺されたという事件です。

スポンサーリンク

→【名探偵コナン】赤井秀一と安室透の関係!二人の因縁に迫る予想と考案

黒田管理官が口にする珍しい言い回しを赤井務武もよく使っていた!?

黒田管理官がしばしば口にするのが「抜かるなよ」という言葉です。
劇場版「ゼロの執行人」でバーボンに「抜かるなよ」と言っていたのは、特に印象深かったですね。
日常的に耳にするような言い回しでないだけに、使っている人の特定ができそうです。

「名探偵コナン」の登場人物で、「抜かるなよ」という言葉を口にしているのはメアリーです。
メアリーは、娘の真純に対して、「抜かるなよ」と言っています。
ただし、「抜かるなよ」はメアリーの口癖ではありません。

メアリーは、息子の秀一に夫の生き様を見てから、秀吉や真純の父親代わりにしようという目論見を諦めました。
そして、自分が務武の代わりに秀吉や真純の父親になることを決心します。
そのメアリーが、大事なシーンで子供に言うようになったのが「抜かるなよ」でした。

「抜かるなよ」という言い回しは、赤井務武の口癖だったのでしょう。
「黒田管理官 = 赤井務武」説に関する考察で、一番はっきりした根拠になるのが「抜かるなよ」という言い回しです。
黒田管理官の正体が明かされた時、赤井ファミリーとコナンの関係性に変化が生じそうですね。

→【名探偵コナン】赤井秀一と灰原哀はいとこ?二人の関係性とは!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする