ゲゲゲの鬼太郎(6期)第97話最終回のあらすじと感想!バッドエンド集をまとめてみた!胸糞悪いラストはあったのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

「ゲゲゲの鬼太郎」には後味の悪い回も少なからずあります。
そんなバッドエンド集をまとめてみました。

スポンサーリンク

ゲゲゲの鬼太郎!第97話最終回「見えてる世界が全てじゃない」のネタバレ

人間と妖怪の戦争は止まらない!?
絶望的な状況は変わる事なく悲劇が続く・・・
果たしてこの争いの結末とは?

欲望のヤマタノオロチ!願いの代償に大切な人を失う

「ゲゲゲの鬼太郎」のバッドエンド集の冒頭を飾るのは第73話「欲望のヤマタノオロチ」です。
救いのない結末に、視聴者から絶賛の声があがりました。
主人公は、仕事もプライベートも上手くいかず、そんな状況を嘆き続けている斉藤という男性です。

斉藤は、ある日、ネット上で現状を打開してくれそうなものを見つけます。
それは「どんな願いも8つ叶えてくれるオグロ山のヤマタノオロチ」でした。
斉藤はすぐにオグロ山へ向かい、その途中で不気味な妖怪「呼子」に出会います。

ヤマタノオロチに会いたいという斉藤に、呼子は大粒のダイヤモンドを授けます。
ダイヤモンドは輝き始め、斉藤はダイヤモンドの中に閉じ込められてしまいます。
斉藤の前にヤマタノオロチが現れ、「さぁ願え。お前はそのために来たはずだ。」と迫ります。
怯えた斉藤は、外に出たいと願います。

ダイヤモンドの外に出た斉藤は、金持ちになり、好意を抱いていた女性・さやかとの結婚を願います。
しかし、一つの願いが叶うと、代償として不幸が訪れます。
大金は父親が死亡したことで振り込まれた保険金であり、さやかは斉藤の資産目当てで結婚を承諾したのです。

自分ではなく、自分の資産が目当てでさやかがプロポーズを受け入れたことにショックを受けた斉藤は、さやかとの別れを願います。
さやかはその直後に事故で亡くなります。
願いの代償に恐怖を感じた斉藤は、ダイヤモンドを手放そうとしますがかなわず、鬼太郎に助けを求めるものの失敗してしまいます。

最後に斉藤が願ったのは「願いを捨てたい」ということでした。
斉藤は、呼子に姿を変えられ、誰もやって来ないオグロ山の山奥で生きることになります。
願いの代償に大切な人を失い、自らも呼子に変えられてしまうというバッドエンドが、「後味の悪さが昔の鬼太郎っぽい」と好評でした。

永遠の命おどろおどろ!ラストのすれ違いが辛すぎる

「ラストのすれ違いが辛すぎる」とバッドエンドが話題になったのが第43話です。
主人公は、遺伝子操作を研究している小野崎という男性です。
小野崎は、永遠の命をテーマとした研究をしており、不死の細胞の開発に成功します。

そして、自分の体に細胞を注入する人体実験を実行します。
実験は成功して、小野崎はナイフで刺してもすぐに再生する体になります。
しかし、夜ごとに人を襲って血を吸う妖怪「おどろおどろ」に変身してしまいます。

小野崎は、人間の姿でいる時は自殺しようとしても死ぬことができないので、妖怪を倒せる鬼太郎を頼ってきます。
鬼太郎は人間を手にかけるべきかどうか悩みます。
そんな鬼太郎のもとに、小野崎の娘の美琴がやってきました。
美琴は、父親が人を襲っていることを知っていましたが、自殺志願者を募って、その血を父親に吸わせることを鬼太郎たちに提案します。

その提案に目玉おやじが猛反対して、美琴も自分の思いつきを諦めます。
しかし、鬼太郎には「父を殺さないでください」と懇願します。
吸血衝動を抑えられなくなった小野崎は、町へ抜け出しました。

おどろおどろは美琴に襲い掛かろうとし、美琴は自分の命を喜んで捧げようとします。
鬼太郎は、おどろおどろに変わり果てた小野崎の視線に、「自分を止めてほしい」という思いを読み取って指鉄砲を放ちます。
おどろおどろは小野崎の姿に一瞬戻り、たちまち消滅してしまいました。

その後、小野崎は墓に葬られ、鬼太郎は弔いに訪れます。
美琴は鬼太郎とすれ違いますが、鬼太郎に目もくれず、「私はあなたを許さない、絶対に」とつぶやきます。
鬼太郎も表情を変えずに立ち去ります。

終極の譚歌さら小僧!約束を破る人間を鬼太郎が見放す

6期「ゲゲゲの鬼太郎」ならではのバッドエンドとして話題になったのが第40話です。
主人公は、12年前にお笑いグランプリで準優勝になって以来、いっこうにウケないピン芸人ビンボーイサムです。
落ち込む日々を送っていたイサムは、ある日、川べりでさら小僧が「ぺったらぺったらこ」と楽しげに歌いながら皿を洗っているのを見かけます。

イサムは、さら小僧の歌をネタに使うことを思いつき、「ぺったらこ」の歌で再ブレイクしました。
テレビでさら小僧の歌を聞いた目玉おやじは、イサムにそのネタを使わないように警告することを、鬼太郎に言いつけます。
鬼太郎は、イサムに「これ以上、あの歌を歌うなら、今に大変なことになりますよ」と言います。

さら小僧は、自分の歌が盗まれたことを知って、ビンボーイサムの前に現れます。
さら小僧は激怒していましたが、イサムが二度と使わないと約束するので、一旦は許します。
イサムは、その後、「ぺったらこ」の歌をやりたくないとプロデューサーに言いますが、そのネタを使わないなら番組に出さないと言われてしまいます。

困ったイサムの前にねずみ男が現れ、さら小僧と交渉してやろうと言います。
しかし、ねずみ男による説得は失敗します。
交渉が失敗したことを知らなかったイサムは、番組で「ぺったらこ」の歌を歌います。

怒ったさら小僧は、イサムをさらって一万枚の皿洗いをさせた後、底なし沼に沈めようとします。
イサムの妻に頼まれた鬼太郎が、危ういところを助けますが、さら小僧の歌を二度とネタに使わないことを約束するように迫ります。
その日はお笑いグランプリの当日でした。

グランプリに出場したイサムは、用意していた貧乏神ネタがウケなかったため、ついに「ぺったらこ」の歌を歌ってしまいます。
会場の笑いに酔ったイサムは、「これだ。僕はこれが欲しかったんだ。もう、他に何もいらない。」と喜びます。
そんなイサムにさら小僧が襲いかかりました。
「破滅してでも栄光を手にしたい」という人間の業が描かれたラストに、多くの視聴者が強い印象を受けました。

スポンサーリンク

→ビビビのねずみ男に本名があった!?半妖怪とはなんなのか?

ゲゲゲの鬼太郎!第97話「見えてる世界が全てじゃない」の感想

人間により命を奪われた鬼太郎を助けるべく一人向かうまな。
そしてぬらりひょんにより消されたと思われたバックベアードが暴走する!?

人間vs妖怪の大戦争

ぬらりひょんに騙された妖怪と人間の争いがより激しさを増す。
一方ねこ娘の命と引き換えに、まなは鬼太郎の元へ!?
人間と妖怪の争いを止める様に願う目玉の親父。。。

その思い応えるかの様に、アデル達が向かう。

まな鬼太郎の元へ

まなが鬼太郎の元へと向かう。
総理の銃弾を受ける鬼太郎の姿、鬼太郎の思いを知るまな。
まなも又自分の思いを鬼太郎に伝える。

良い事も悪い事も!?
そしてまなは人間と妖怪が暮らせる理想の世界って良いなって思う。

戦争を止めるねずみ男

ねずみ男は一人必死に妖怪と人間の戦争を止め様とする。
しかしねずみ男の目の前で、仲間の妖怪が命を落とす!?
その姿を見たねずみ男は、やり場の無い怒りをぶつける。

鬼太郎の復活をする所を邪魔する人間達だが、子泣き爺や砂かけ婆達が助けに入る。
一方の人間も自分たちの尊厳をかけて、バックベアードに攻撃を仕掛ける!?

生き返る鬼太郎

鬼太郎が死んだと涙を流すねずみ男に、アデル達が鬼太郎の復活を示唆する。
一方のまなは鬼太郎を生き返らせる為に、必死に鬼太郎に語りかける!?
まなの思い出を全部鬼太郎にあげる事で再び鬼太郎に生気が戻る。

まなの思いが伝わったその時、鬼太郎が再びこの世に戻ってくる。
ねこ娘も命を落とす事無く。。。

人間と妖怪が手を取る

復活した鬼太郎がバックベアードに立ち向かう!
一方のねずみ男は仲間と共に、人間と妖怪のくだらない戦いを止める様にネットで熱く語る。
その想いに心を打たれた人間と妖怪達は鬼太郎を応援し始める。

熱い想いが鬼太郎に届き、そして暴走したバックベアードを打ち取る。
完全に消滅したバックベアード!?
再び地上に平穏が訪れたその時、鬼太郎の前にぬらりひょんが姿を現す!

鬼太郎はぬらりひょんに、生きて償う様に語りかけるも、ぬらりひょんは一向に耳を貸さない。
ぬらりひょんは自分が死んでも、自分の志を繋ぐ者が現れると言い残し消えてしまう。

目を覚ましたまなの元へ向かった鬼太郎だが、まなは鬼太郎を復活させる為に、自分の鬼太郎達の記憶を失ってしまう。
再び平穏な日々が戻ったのだが、相変わらずまなの記憶は戻らないでいた。

そして再び妖怪の話しを人間達がし始める。
まなもその妖怪の話しを耳にするのだが、記憶が戻らないでいた!?

しかしある日まなを襲う妖怪に立ち向かう鬼太郎の姿を見たまなは、「鬼太郎」の名前を口にするのだった。

→ゲゲゲの鬼太郎の最終回の謎!今までの最終話ってどんな話だったのか!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする