ゲゲゲの鬼太郎(6期)第85話のあらすじと感想!ダイダラボッチ伝説とは?妖怪?もののけ?どんな意味を持っている?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

「ゲゲゲの鬼太郎」第85話にダイダラボッチが登場します。
ダイダラボッチは、日本妖怪の中で最大級の巨体を持つ巨人として、「ゲゲゲの鬼太郎」にしばしば登場しています。
ダイダラボッチ伝説とはどんなものでしょうか?

スポンサーリンク

ゲゲゲの鬼太郎!第85話の「巨人ダイダラボッチ」のネタバレ

富士山近郊に突如として現れた巨大な眼球、鼻、口。
その正体は妖怪ダイダラボッチの体だった!?
復活した理由と・・・その裏にいる本当の黒幕とは?

ダイダラボッチは日本をかつて支配していた巨人!?脳に杭を刺せば動きが止まる

「ゲゲゲの鬼太郎」に登場するダイダラボッチは、日本をかつて支配していた巨人という扱いをされています。
人間たちによってバラバラにされ封印されていましたが、ダイダラボッチを神と崇める教団によって封印を解かれます。
ダイダラボッチは、日本の国土そのものを食糧として食べて行きます。

復活した目的は、2期は人間への復讐でしたが、3期はぬらりひょんの陰謀による破壊、4期は争いを続ける人間を食いつくすことに変化しています。
ダイダラボッチのことを一反木綿は、「一歩誤れば、破壊の大魔神ともなる」と評しています。
鬼太郎は、ダイダラボッチを止めようと攻撃しますが、指鉄砲も毛針も通用しませんでした。

「ゲゲゲの鬼太郎」4期第29話では、ダイダラボッチの倒し方を砂かけ婆が思い出します。
ダイダラボッチの脳に杭を刺せば、ダイダラボッチの動きは止まるのです。
鬼太郎たちは、大きな竹槍を作って、ダイダラボッチを再び封印することに成功しました。

ダイダラボッチ伝説とは?ダイダラボッチを退散させる方法は?

ダイダラボッチは、日本の伝説に登場する巨人です。
名前の由来は定かではなく、タタラ式製鉄の製鉄者の名に由来するとも、「大太郎法師」だとも言われています。
各地に伝わる民話や昔話では、山や川、湖などの地形を作ったとされています。

ダイダラボッチ伝説には、ダイダラボッチが人間にとって住みよい環境に変えてくれる物語もあります。
その一方で、ダイダラボッチと人間が敵対関係にある物語もあります。
敵対関係にある場合、人間がダイダラボッチと戦って、知恵でダイダラボッチを追い払うものが少なくありません。

ダイダラボッチが暴れて村が荒らされたとき、老人または子供がアイディアを出します。
ダイダラボッチに、自分よりも大きな巨人がいると思わせる作戦です。
村人たちはダイダラボッチよりも大きな草履や魚籠などを作って、ダイダラボッチに見せます。
ダイダラボッチは怯えて退散したという伝説が日本各地に残っています。

ダイダラボッチ伝説には山や湖沼を作ったという話が多い!富士山もダイダラボッチが作った!?

ダイダラボッチ伝説は、国づくりの神に対する巨人信仰が生んだものと考えられています。
また、鬼や大男などの妖怪伝承が巨人伝承になったとする説もあります。
ダイダラボッチ伝説には、山や湖沼を作ったという話が多いのが特徴です。

有名な伝承では、富士山や八ヶ岳、浜名湖などをダイダラボッチが作ったと言われています。
富士山を作るため、甲州の土を取って土盛りしたので、甲州は盆地になったという伝承が残っています。
また、富士山を作るために近江の土を掘ったので、その跡地が琵琶湖となったとも伝えられています。

相模原市の伝説では、ダイダラボッチは「ディラボッチ」と呼ばれています。
ディラボッチは、富士山を持ち上げて違う場所に運ぶ途中、疲れたので富士山に乗っかって休みます。
持ち上げようとしても持ち上がらず、踏ん張った所が、鹿沼と呼ばれる湿地帯になったという言い伝えもあります。

スポンサーリンク

→ゲゲゲの鬼太郎の最終回の謎!今までの最終話ってどんな話だったのか!?

ゲゲゲの鬼太郎!第85話の「巨人ダイダラボッチ」の感想

野うさぎを追いかけて道に迷うねずみ男。
すると山の中で大きな何かの鍵を差し込む一味を発見する。
鍵をさす込むと山からは、巨大な目玉が。。。

そしてねずみ男は、一味に捕まってしまう!?

巨大な目玉が街へ

ねずみ男が見た巨大な目玉が街中へやってくる。
そして別の場所では、巨大な鼻が登場する。
鬼太郎は原因を確かめる為、妖気がたつ方へ向かうと、そこには巨大な口が出現し、顔になってどこかへ向かう。

鬼太郎は調査をするため、巨大な顔に近づく。
すると巨大な顔の鼻息で吹き飛ばされてしまう!?

巨大な顔の謎

吹き飛ばされた鬼太郎に、一人の男性が話しかけてくる。
男は門倉と名乗り、自分は大学で妖怪の研究をしていると言うのだが!?
巨大な目玉や鼻の正体はダイダラボッチだと言い、かつては人間と妖怪の暮らしを見守っていたというのだが。

門倉は研究の成果から、次にダイダラボッチの体の一部が出現する場所を伝え、一緒に行こうとするも鬼太郎が、人間と妖怪は近づくのは良くないと同行を拒む。
すると門倉は一人、次のダイダラボッチの体のパーツの場所へと向かう。
妖怪は危険じゃないというのだが。。。

謎の一団に遭遇

鬼太郎がダイダラボッチのパーツの行方を追いかけていると、謎の一味を見つける。
ねずみ男は囚われていた所を鬼太郎の姿を見つけ、一目散に逃げ出す。
門倉はダイダラボッチを復活させているのは、ダイダラ教団だと言い心優しい人たちだというのだが。。。

実際復活させていたのは七人同行という妖怪!
妖怪の復権を担うある人物から依頼されて、ダイダラボッチの復活に力をかしているというのだ。
しかも最初にダイダラボッチを復活させた物に意のままに、ダイダラボッチを動かせると言い、その力を使い人間を滅ぼそうとする。

その事を知った鬼太郎が、阻止しようとするも操られていたねずみ男により、門倉とともに崖の下へと突き落とされてしまう。

ダイダラボッチの復活を阻止せよ

崖の下で目を覚ました門倉は、鬼太郎と行動をともにする。
一方街では、ダイダラボッチの復活が着々と進行してく。。。

その頃、門倉は自分の過去を語りながら、鬼太郎と共に崖の下から脱出を心見る。
諦めかけていた門倉に鬼太郎が手を差し伸べる。

あと一つで完全にダイダラボッチが復活してしまう。。。
必死に阻止する鬼太郎の仲間達だが、一足遅くダイダラボッチが完成してしまう!

ダイダラボッチ暴走へ

復活したダイダラボッチは、七人同行を踏みつぶし街へと向かう。
その様子をみた門倉は、完全にダイダラボッチは復活していないという。
門倉はダイダラボッチの脳の封印を誰かが解き、操っていると予想する!

門倉は鬼太郎に同行を頼み、そして封印の方法がある事を告げる。
そしてダイダラボッチを操っているぬらりひょんの前に鬼太郎が現れる。
ぬらりひょんの後ろには、ダイダラボッチの巨大な脳の姿が!

ぬらりひょんは、ダイダラボッチの脳を解放し、本体へ向かう様に指示する。
タイミングを計りダイダラボッチの脳へしがみつき、ダイダラボッチの想いと共に、ダイダラボッチの脳を破壊する。
するとダイダラボッチは、跡形も無く消えて行く!

門倉は涙を流し、人間と妖怪が分かり合えるそんな世の中がやって来ると話すのだった。

→鬼太郎に片目がない理由!目玉のおやじの正体と誕生秘話

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする