ゲゲゲの鬼太郎(6期)第84話のあらすじと感想!南方妖怪一覧と特徴!チンさんは過去最悪の妖怪だった…(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゲゲゲの鬼太郎」に南方妖怪(みなみのやばいやつら)のひとり、チン●が登場します。
南方妖怪の中でも、伝説的な存在がチン●です。
そのほかの南方妖怪もご紹介します。

スポンサーリンク

ゲゲゲの鬼太郎!第84話の「外国人労働者チンさん」のネタバレ

南方の山奥で、とある妖怪がある事を決意する。
日本に向かい故郷の村の為に働こうと・・・

「オレ、みんなに楽チンな生活させたい!」というそんな妖怪の名はとは!?

チン●は×××が三本ある妖怪!その後は名前が変更された!?

チン●は、生殖器が三本ある妖怪です。
三本の生殖器から噴射や風ジェットを出して、空を飛びます。
ガス爆発級のオナラを出して空を飛ぶこともあります。

下ネタがそのまま妖怪として具現化したような存在で、トリビアの泉で「恥ずかしい名前」と紹介されたこともあります。
「ゲゲゲの鬼太郎」第3期の劇場版では、終盤で衝撃的なワンシーンを炸裂させました。
男性器をアップさせ、「三連チン●噴射だっ!!」と叫んだのです…(笑)

さすがにこの後は描写が抑えられ、アニメ第5期では妖怪の名前が「ポ」となりました。
攻撃方法も、口からリング状の「ポービーム」なるものを吐き出すように変更されています。
オナラはアニメでも描かれています。

南方妖怪たちと鬼太郎たちの戦いの行方は!?妖怪横丁を南国化してもらった

「ゲゲゲの鬼太郎」第5期第71話では、南方妖怪五人衆が、日本に上陸して日本を南国化していきます。
南方妖怪五人衆は、東京を南国化しようと企てますが、誤って北海道に到着します。
雪男たちに北海道だと教えられた南方妖怪五人衆は、雪男たちを倒します。

北海道にヤシの木を植えた南方妖怪五人衆は、雪男たちを従えて南国気分を満喫します。
そこに、鬼太郎が目玉おやじとネコ娘を連れて調査にやって来ました。
南方妖怪五人衆は、鬼太郎たちに襲いかかり、妖怪樹脂で固めてしまいます。

事の成り行きに心を痛めたのが、妖怪大運動会で鬼太郎と仲良くなったアカマタでした。
アカマタは、南方妖怪たちをごまかして鬼太郎たちを持ち出します。
鬼太郎は南方妖怪たちと戦いますが、一計を案じて妖怪横丁を南国化してもらい、南方妖怪たちと宴会を繰り広げました。

スポンサーリンク

→ゲゲゲの鬼太郎!強さランキングBest7最強の妖怪は!?

南方妖怪一覧と特徴!チンさんの他にはどんな妖怪がいたのか?

南方妖怪五人衆の中で、特に印象的なのが「アカマタ」と「やし落とし」です。
「アカマタ」は、国内・国外の両勢として別個に登場することもあります。
南方妖怪たちは、徒党を組んで日本を襲撃しますが、アカマタは単独行動を取ることがあります。

アカマタは、ほかの生物や妖怪に寄生する能力を持つ赤い顔の妖怪です。
「ゲゲゲの鬼太郎」第4期以降は、人間型の姿が基本となります。
アニメ第5期では蛇の要素が強調されています。

「やし落とし」は、頭にヤシの木が生えています。
そのヤシの木から実を落として攻撃します。
第5期ではデフォルメが進み、言葉を話さなくなっています。
肌の色はシリーズごとに大きく異なっています。

「キジムナー」は、ガジュマルの木の精で、ヒヨコのような姿をしています。
作品ごとに姿は大きく異なり、喋るのはリーダーのみです。
第4期では空を飛び、火を吹いていました。

「シーサー」は、南方妖怪の中では珍しく、一貫して鬼太郎の味方です。
なお、南方妖怪に厳密には含まれないものの、第4期で南方妖怪とつながりがあるように描かれていたのが「大海獣」です。
大海獣は、巨大な海獣です。

ゲゲゲの鬼太郎!第84話の「外国人労働者チンさん」の感想

貧しい村。。。
一人の妖怪が豊かな日本に行き、貧しい村を救う決意をする。

日本に驚く妖怪チン

日本に来た妖怪チンは、日本の裕福さに驚く!?
食べ物はおいしく水は無料。
そんな中、飲食店で店員に絡む客をぶっ飛ばすのだが。。。

あまりにも無茶苦茶な行動に、警察に逮捕されてしまう。
事情聴取をするもなんとも言えない回答に、警察も困ってしまう!
そんな中、鬼太郎が身元引き受け人としてやってくる。

妖怪は自分の名前を話そうとするも「チン」の後、口を封じられてしまう。
しかも全裸のチンに服を着る様に話すも抵抗をする。
なんとか布を一枚股間にあて、釈放となるのだが。。。

妖怪チンが語る自分の村の事

チンは自分の村が貧しい事を話、日本でお金を稼ぐ事を望むも全裸では捕まってしまうので、布を取らない様に約束をする。
そしてチンは早速面接に望みに向かう。
その姿はほぼ全裸で。。。しかしことごとく不採用!?

しかも「チン」の後、名前を言うだけで不採用に。
まなは名前を言うだけで落とされる事を不思議に思い訪ねると、なぜか皆が名前を聞くのを食い止める。
そして次の面接は本名ではなく通称名「チン」で面接に向かうと、あっさりと合格に!?

服を着て一生懸命働くチンさん

チンさんは一生懸命働いた。
そんな中、外国人だけは残業をして働けと上司の日本人が命令する。
一緒に働く外国人労働者は、そんな現状を受け入れるしか無かった!?

チンさんは日本がストレス社会だと言い、次第にチンさんもストレスが溜まって行く。
鬼太郎に相談すると別の所で働くか?我慢する言うのだが、チンさんはどこか納得がいかない。

村の為に働くチンさんだが、怒りが一向に収まらないでいた。
そんな中、まなが就職祝いでお菓子を持ってくる。
まなの優しさに触れもう一度頑張る決意をするのだが。。。

給料を貰うチンさんだが!?

初めての給料日、求人の金額と違う事に頭に着たチンさんだが、遂にブチキレて手を出そうとする。
しかしまなの事が脳裏に浮かび、拳を引っ込める。
一緒に働くパウロに、安い賃金で働く理由を尋ねると、大学に通うという夢を語る。

そんな中、パウロは体調不良から遂に倒れてしまう。
病院に連れて行こうとするも、職場の仲間達は誰も手を貸そうとしない。
それ所か逆に働けと暴言と暴力でチンさん達を追いつめていく。

遂にブチキレたチンさんは、遂に手を出してしまう。

チンさん最大のピンチ

ブチキレたチンさんは、遂に手を出してしまう。
その様子がSNSにアップされてしまう。

ブチキレたチンさんは、自分たちがやられる前にやってしまおうとすると、まなが駆けつける。
まなはチンさんを大切な友人だと思い、駆けつけたのだ!
チンさんはまなの言葉に改心し、職場の上司もチンさん達の事を虐めないと約束する。

そして新たな職場に向かいチンさんは旅立つ。
村が豊かになったら、もう一度会いに来る約束をし、次の職場へと向かうのだった。
結局まなは「チン」さんの本名を聞けずに別れる事になった。

→ゲゲゲの鬼太郎の最終回の謎!今までの最終話ってどんな話だったのか!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする