ルパン三世のワルサーP38と次元大介のコンバットマグナムの特徴は!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


超高額!?ルパンのワルサーP38

ルパン三世生誕30周年に作られた作品が「ルパン三世 ワルサーP38」です。
ルパンの愛銃であるワルサーP38を軸に描かれ、重厚なストーリーがファンに愛されています。
ルパン三世のワルサーP38や次元大介のコンバットマグナムの特徴について調べました。

スポンサーリンク

ワルサーP38!銭形警部の銃撃に使われたのはワルサーP38だった!?

「ルパン三世 ワルサーP38」で物語の進行の中心となっているのが、ワルサーP38です。
ルパン三世の名前で犯行予告状が送られ、ルパンは差出人を確かめようとアメイタリア国副大統領の誕生パーティーに潜入します。
副大統領は、会場に乱入した謎の暗殺集団「タランチュラ」によって殺害されます。

ルパンは銭形警部に追い詰められます。
その時、何者かが銃を発射して、銭形警部は倒れます。
銃撃した方向に目をやったルパンは驚愕します。

窓から差し出ていたその人物の右手に握られていたのが、シルバーメタリックのワルサーP38だったからです。
ワルサーP38は、ルパンがかつて愛用していた銃でした。
しかし、ある者に奪われていたのです。

→【ルパン三世】峰不二子は実在した?銭形警部との関係性について

ワルサーP38はかつての相棒に奪われていた!戦いの末に取り戻す

シルバーメタリックのワルサーP38は、銀の部分に白百合の装飾細工が施されています。
この銃はルパン三世が愛用していた物でした。
しかし、大金を相棒と盗み出した後、ルパンは相棒にワルサーP38を奪われて撃たれてしまいました。

自分を裏切った男の行方も、シルバーメタリックのワルサーP38の在り処も分からなくなりました。
ルパンがシルバーメタリックのワルサーP38を目にしたのは、その時以来です。
ルパンは、シルバーメタリックのワルサーP38を持っていた男が、かつて自分を裏切った相棒に違いないと思います。

復讐のためにタランチュラに潜入したルパンは、かつての相棒と再会します。
そして、シルバーメタリックのワルサーP38とも再会を果たします。
戦いの末、ルパンはワルサーP38を取り戻しますが、その後、飛行船から投げ捨てています。

スポンサーリンク

→【ルパン三世】斬鉄剣で切れない物とは?こんにゃくが切れない理由

ルパンの最高のパートナー次元大介が愛用したコンバットマグナムの特徴は!?

ルパン三世の最高のパートナーであり、優れた射撃技術でルパンを支えるのが次元大介です。
次元大介が愛用した銃は「コンバットマグナム」です。
コンバットマグナムは現在では通称で、正式名称は「S&W : M19」です。

コンバットマグナムは、マグナム弾を運用できるように製作された銃です。
マグナム弾は、貫通力や破壊力に優れていました。
しかし、銃撃の際の反動が大きく、安全かつ精確に発射できる銃となると大型になってしまうのが課題でした。
この課題をクリアしたのがコンバットマグナムでした。

次元大介は、ルパン三世の愛銃であるワルサーP38を一時的に借りたこともありますが、こだわりを持ったのがコンバットマグナムでした。
コンバットマグナムの特徴は扱いやすさにあります。
携行と緊急時の取り回しが楽で、次元大介は「1発のマグナム弾と入念にメンテナンスを施したコンバットマグナムさえあれば、俺は負けない」と言っています。

→ルパン三世の父親ルパン2世とはどんな人物?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする