ゲゲゲの鬼太郎(6期)第80話のあらすじと感想!妖怪・陰摩羅鬼(おんもらき)とは!?怪鳥はいかに誕生するのか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゲゲゲの鬼太郎」第80話は、陰摩羅鬼(おんもらき)が罠を張り巡らせる話です。
陰摩羅鬼(おんもらき)とはどんな妖怪でしょうか?

スポンサーリンク

ゲゲゲの鬼太郎!第80話の「陰摩羅鬼の罠」のネタバレ

同級生の努の様子がおかしい事に気がつく!?
しかし努は放っておいてくれとしか言わない・・・
心配したまなは努のマンションに向かう。

陰摩羅鬼とは!?人間の死体から立ち込める気が凝り固まって出来た妖怪

陰摩羅鬼(おんもらき)とは鳥の姿をした妖怪です。
鶴や鷺に似た姿をしており、羽毛の色は黒です。
人面鳥に似て人間のような顔立ちで、目は赤い色をしています。

陰摩羅鬼(おんもらき)は、人間の死体から立ち込める「気」が凝り固まって妖怪となったものです。
口から青い焔(ほのお)を吐くこともあります。
仏殿に人が不用意に近寄ると、けたたましく鳴き叫んで驚かすと言われています。
戦場で死者が出ると出現して騒ぐとも言われています。

陰摩羅鬼(おんもらき)は、日本の伝承に登場するだけでなく、中国の伝承にも登場します。
「羅刹鳥(らせつちょう)」も似たような出自の妖怪ですが、陰摩羅鬼(おんもらき)の伝承の方が知られています。
陰摩羅鬼(おんもらき)は、羅刹鳥ほど獰猛ではありません。

ゲゲゲの鬼太郎!?妖怪・陰摩羅鬼は死んだ女性の背中から現れる

水木しげるの描く陰摩羅鬼(おんもらき)は、コウモリと頭の禿げた三つ目の中年男が混ざったような姿です。
「ゲゲゲの鬼太郎」では、1期、3期、4期、5期に描かれています。
「ゲゲゲの鬼太郎」ファンからの評価が高いのが、4期第24話と5期第50話です。

4期第24話は、ねずみ男と悲しい運命を背負ったヒロインの切ない恋が描かれます。
ねずみ男は、行き倒れていたところを小百合という女性に救われ、小百合の願いを入れて寺の跡取りとなります。
しかし、小百合はずっと昔にこの世を去った死者でした。

5期第50話は、三年前に他界した女性・杏子の背中から陰摩羅鬼(おんもらき)が姿を現します。
鬼太郎は、霊紙に霊筆で点を描いていきながら、陰摩羅鬼(おんもらき)を封印していきます。
陰摩羅鬼(おんもらき)が倒されると、杏子は元の死体に戻ってしまいます。

スポンサーリンク

→鬼太郎に片目がない理由!目玉のおやじの正体と誕生秘話

陰摩羅鬼は女性の死体に取り憑くだけじゃない!?ねずみ男の魂を奪おうとした

陰摩羅鬼(おんもらき)は、「ゲゲゲの鬼太郎」の原作にも登場しています。
陰摩羅鬼(おんもらき)が取り憑いたのは、原作でも女性の死体です。
原作では、政治家の跡継ぎ息子の婚約者・啓子の死体に陰摩羅鬼(おんもらき)が取りつきます。

陰摩羅鬼(おんもらき)は、自分の棲み処を壊した政治家を恨んでいました。
その政治家の跡継ぎ息子の婚約者が急死したので、その死体に取りつきました。
そして、跡継ぎ息子を取り殺そうとします。

しかし、鬼太郎は、跡継ぎ息子から相談を受けており、「情熱の天才画家」に扮して陰摩羅鬼(おんもらき)を追い詰めます。
鬼太郎の秘術「魂かなしばりの術」によって、陰摩羅鬼(おんもらき)は魂を火刑にされます。
陰摩羅鬼(おんもらき)は、肉体のみとなりつつも、ねずみ男の魂を奪おうとしますが、結局は失敗して消滅します。

ゲゲゲの鬼太郎!第80話の「陰摩羅鬼の罠」の感想

夕方、一人の青年(努君)がふらふらと帰路につく。
近所の奥さんが声をかけてもどこかおかしい!?
そんな中、青年に声をかけた女性が何者かに襲われてしまう。

まなの同級生!高木勉

朝ご飯を食べる努君、どこか顔色が悪い。
一人学校に行くむ体調不良でフラフラと校内を歩く。
心配し声を掛けるまなだが、全く反応をしない勉!

心配したまなは、勉の後を付ける。
勉はまなの尾行に気づき、部屋に駆け込んで行ってしまう。
その様子を窓から見ている勉の母!

どこか様子がおかしい努君

努君の様子がおかしいと感じたまなは、早速鬼太郎達に相談する。
鬼太郎達が女性がかかっている奇病と何か関係があるのか?と思い、早速捜査に乗り出す。
自宅に向かうと、努君の部屋の明かりは消え、強い妖気を感じる鬼太郎。

まなに帰る様に言い、ねこ娘と目玉の親父とともに部屋に向かうと、そこに居たのは努君の生気を吸う母親の姿だった!?
するとそこに母親を操っていたと思われる妖怪「陰摩羅鬼」が姿を現す。
陰摩羅鬼は鬼太郎を倒し、ねこ娘を攫っていってしまう。

間一髪でねこ娘を救出する。
鬼太郎は陰摩羅鬼は攻撃しても魂を努君の母親の中にあるため、鬼太郎の攻撃を受けても全く倒れない。
逆に鬼太郎が追いつめられてしまう。

無敵の陰摩羅鬼!鍵は努君の母親

陰摩羅鬼の力の前に完全に敗北を喫した鬼太郎。
必死に助け出さとうとするまな。
しかし一向に鬼太郎が眼を覚ます事は無かった。。。

すると鬼太郎のちゃんちゃんこが光を放ち、間一髪の所で鬼太郎が眼を覚ます。
陰摩羅鬼の分離した魂を引きずりだすため、目玉の親父がある作戦に打って出る。
ねこ娘と鬼太郎は変装して、勉の母に接触する。

そして肖像画のモデルになって貰う様に頼み込む。

努君の母親から魂を引きづり出す

鬼太郎は、努君の母親に次々と質問をしていく。
好きな色、好きな食べ物といった具合に!?

そして衝撃的な事実が!
陰摩羅鬼は死んだ肉体に魂を宿す事ができるというのだ。
という事はつまり努君の母親は既に死んでいる事になるのだ!

最後の質問をしたその時、陰摩羅鬼の肉体が姿を現す。
それに反応するかの様に努君も家を飛び出す。
倒れた母親の元へかけよると、母親は努君に鬼太郎が書いた絵を破る様に命じる。

努君が絵を破ろうとした時、努君に真実を告げる。
しかし努君は母親が死んでいる事を知っていた!
努君は母親が死んだ寂しさから、自分の為に母親が生き返ってくれたと思っていた。

努君は自分の母親との別れを決意し、陰摩羅鬼の絵を鬼太郎に変わり完成させる。
そして陰摩羅鬼は封印され、努君も母親と別れを告げる。

→ぬらりひょんとは実際どんな妖怪なのか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする