死役所!第3話のネタバレと感想!犯人による逆恨みによって命を絶たれる事になった坂浦眞澄の人生とは!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


↓ ↓ ↓
死役所を無料で試し読み

「死役所」第3話。
毎回毎回、様々な死に方で死役所にやってくる人たち。
今回は完全なる他殺という事で坂浦眞澄が死役所にやってきます!

坂浦眞澄役を演じるのは、三浦貴大さんになります!

スポンサーリンク

死役所・第3話「人を殺す理由」のあらすじ

シ役所職員全員が死刑囚であることを知った三樹ミチル(黒島結菜)は、シ村(松岡昌宏)に「人殺し」と言い放つ。その瞬間にシ村が見せた表情は、普段は見せない厳しいまなざしで、ミチルは思わず言葉を失う…。

そんな折、シ役所で男が暴れまわる騒ぎが発生。ミチルとハヤシ(清原翔)が駆け付けると、坂浦眞澄(三浦貴大)が「店に戻してくれ」と叫び暴れていた。自分の死を知り愕然とする眞澄。「なんで俺まで殺されなきゃなんねぇんだよ」――実は、12年前に父親が殺された自らが営む定食屋で、殺害されたのだ。

さらに、まもなく子供が生まれるといい、シ村に「何とかしてくれ」と懇願する。だが他殺課で殺害されるまでの記憶をたどっていくうちに、あまりに哀しい事実と直面することに…。さらに“他殺”と話していたミチルの死の真相が明らかとなる。

死役所より引用

スポンサーリンク

→「死役所」加護の会のモデルは存在するのか!?カルト集団の結末は?

死役所・原作「人を殺す理由」での見所は?

今回の「人を殺す理由」での最大限の見所は、逆恨みによって一人の人間の命が絶たれるという事。
死役所に登場する人たちというのは、まさに我々現実に起こる可能性があるという、現実的な話による死。
人の幸せを一瞬に奪われる!?

この「人を殺す理由」の見所の一つは、自分の親の命を奪った犯人に更生を願う息子と、父親の命を奪った犯人にその想いが届かないという事。
悲しくもこれが現実なのかな?と思ってしまう所はあります。

→「死役所」のネタバレ!ニシ川の過去!?西川美和子は一体どんな事件を犯したのか?

死役所・第3話「人を殺す理由」のネタバレと感想

枯れた花を見て花が咲いているというイシ間と、花は咲いていないというハヤシのやりとりがなんか意味深だった。
ニシ川役の松本まりかが相変わらずめちゃくちゃ可愛い(笑)黒髪ボブって最強ですね!?

子供がもうすぐ生まれるのに、命を落とす・・・
実際にこう言った逆恨みって現実社会でも起こっていると思う。
犯人の更生を願うも想いは届かず。

目の前で夫が殺されるなんて、生きてく人生の中でそうそうないでしょう。
奥さんショックで子供流産しちゃうんじゃないかと思って(笑)
しかし犯人は本当にどうしようもない奴です。

妻が強く人気があるお店は人から愛されるんだろうな!
もちろん店主の人柄と味もそうなんだろうけど。

死役所の見所の一つは、人々の死について・・・
そして死生観について本当に考えさせられる!?
シ村が言っていた殺す機会があったら、犯人を殺すのか・・・?この問いかけに自分ならどうするのだろう。

きっと殺すと思っていても殺せないだろう。
おそらく普通の理性が邪魔するからでしょう!

遂にミチルの死因が明らかになっていきました。
それにしてもミチルの想いは熱いけど、シ村達表情一つ変えずに聞いているのが逆に怖かったなぁ。

→「死役所」のネタバレ!岩シ水はなぜ屑なのか?岩清水直樹と父親の関係

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする