「海よりもまだ深く」篠田良多が受賞した島尾敏雄文学賞とは?賞を受賞すると成功するのか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


↓ ↓ ↓
海よりもまだ深くを無料視聴

映画「海よりもまだ深く」は、是枝裕和監督による作品です。
キャッチコピーは「夢見た未来とちがう今を生きる、元家族の物語」です。
「海よりもまだ深く」のあらすじをご紹介し、その中に出てくる島尾敏雄文学賞についてもご説明します。

スポンサーリンク

「海よりもまだ深く」のあらすじ!島尾敏雄文学賞を受賞した篠田良多の現在は×××だった!?

「海よりもまだ深く」のあらすじは、作家の篠田良多とその元家族の物語です。
篠田良多は、15年前に島尾敏雄文学賞を受賞した経歴の持ち主です。
しかし、その後、文壇で活躍することはありませんでした。

今は「小説のリサーチ」と称して興信所に勤めて生計を立てています。
純文学作家としてのプライドは今も持っており、出版社から漫画の原作をやらないかと勧められても首を縦に振りません。
ギャンブルに目がなく、稼ぎを賭け事につぎ込むため、妻の響子は愛想を尽かして息子の真吾を連れて離婚しました。
良多が息子と会うのは月に一度でした。

台風が日本に接近しているある日、良多は息子と会うことになり、親子三人は良多の母親の家で一夜を過ごします。
父親を心配した真吾は、眠れずに良多と一緒に嵐の中を外出し、公園の滑り台にこもって話し込みます。
息子と将来の夢について言葉を交わした良多は考え込み、翌日、親子は揃って団地を出ます。

→映画・旅猫リポート!ナナ役の種類と名前は?悟の病気は一体何だったのか?

篠田良多が幼い頃になりたかったのは小説家じゃなかった!?受賞作品は家族の思い出を書いた!?

「海よりもまだ深く」の主人公・篠田良多は、小さい頃は公務員になりたいと思っていました。
嵐の中、良多は息子の真吾と公園に行きます。
その公園は、良多が幼い頃に父親と過ごした思い出がある場所でした。

尊敬できない生き様だった自分の父親と、いつしかそっくりな人間になっていることに良多は気づきます。
元妻の再婚話をのんだ良多は、父親の硯を30万円で売りました。
そこで、父親が良多の文学賞受賞作を「今に高値が付くから」と言って近所に配っていたことを初めて知ります。

良多が唯一文学賞を受賞した作品は、家族の思い出を書いたものでした。
良多の姉の千奈津は、良太に「また家族の思い出を勝手に書くわけ?」と冷たく言っています。
島尾敏雄の代表作「死の棘」は、家庭生活を描いた作品です。

スポンサーリンク

→「ステキな金縛り」更科六兵衛は実在した侍?後北条氏は関東の戦国大名の氏族

賞を受賞すると成功するのか!?小説界の裏事情は?

「海よりもまだ深く」のあらすじは、文学賞の受賞経験が一度あるために、足踏みをしている良多の成長の物語です。
良多は、興信所に勤めながらも純文学作家として生きることにこだわっていました。
純文学系文芸誌に掲載された作品のうち、単行本化されるのは半数に満たないと言われています。

良多の作品が本になったのは、島尾敏雄文学賞を受賞したお陰ですが、島尾敏雄文学賞は小説界の中で際立って有力というわけではありません。
小説界で有力視されているのは、文学出版三大大手の文学賞です。
文藝春秋社の芥川賞と直木賞、講談社の野間文学賞と野間文芸新人賞、新潮社の三島由紀夫賞と山本周五郎賞です。

新人賞の応募数は1500~2000くらいとされています。
一次選考を通過するのは80作品くらいです。
受賞賞金は50~100万円で、新人賞を受賞すると有名文芸誌に掲載される可能性が高くなります。

→清須会議(清洲会議)とは何?集まった武将と本能寺の変との関係性

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする