ゲゲゲの鬼太郎(6期)第74話のあらすじと感想!九尾の狐・玉藻前の伝説とは?恐ろしい能力について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

「ゲゲゲの鬼太郎」第74話では玉藻前(たまものまえ)が鬼太郎を罠にかけます。
鬼太郎を脅かす九尾の狐・玉藻前にはどんな伝説があるのでしょうか?

スポンサーリンク

ゲゲゲの鬼太郎!第74話の「地獄崩壊!?玉藻前の罠」のネタバレ

閻魔大王に呼び出された鬼太郎。
大逆の四将の捕縛を催促されてしまう!?
鬼太郎は仲間らと共に残された最後の一人、玉藻前を追う。

その一方で復讐を誓う石動零も動き出す。

伝説の美女・玉藻前!その正体は九尾の狐だった!?

玉藻前は、平安時代後期に鳥羽上皇が院政を行った時代に、活躍したと言われる美女です。
美貌に加えて大変な博識で、「天下一の美女」とも「国一番の賢女」とも謳われました。
その美貌と博識を鳥羽上皇は愛しましたが、次第に上皇は病に伏せるようになります。

玉藻前の正体は九尾の狐でした。
上皇の病気が玉藻前の仕業だと見抜いたのが陰陽師・安倍泰成でした。
安倍泰成は真言を唱え、玉藻前はその正体を現します。

白面金毛九尾の狐の姿で玉藻前は宮中を脱走し、行方をくらましました。
その後、那須野で女性や子供がさらわれる事件が起こり、そのことを知った鳥羽上皇は討伐軍を編成します。
安倍泰成を軍師に任命し、鳥羽上皇は軍勢を那須野へと派遣しました。

九尾の狐は退治された!その後で毒石に変化した!?

那須野で討伐軍が目にしたのは、すでに九尾の狐と化した玉藻前でした。
討伐軍はすぐに攻撃をしかけましたが、九尾の狐は妖術を使って討伐軍を悩ませました。
討伐軍は多くの戦力を失って撤退しました。

討伐軍の将軍であった三浦介義明や上総介広常は、将兵を訓練しました。
犬の尾を狐に見立てた犬追物で騎射を鍛えました。
対策を十分に練った成果が現れ、再攻撃で討伐軍は九尾の狐を追い込んでいきました。

三浦介義明が放った二本の矢が、九尾の狐の脇腹と首筋を貫きました。
そこに上総介広常が長刀で斬りつけ、九尾の狐は息絶えました。
その後、九尾の狐は巨大な毒石に変化して、近づく人間や動物の命を奪うようになりました。

殺生石と玄翁和尚の関係性!金毛九尾の狐には弟がいた!?

毒石を村人たちは恐れて「殺生石(せっしょうせき)」と名付けました。
殺生石は、鳥羽上皇の死後も人間や動物の命を奪い続け、人々を恐れさせました。
高僧が何人も鎮魂のためにやって来ましたが、僧侶もその毒気に倒れました。

南北朝時代の高僧・玄翁(げんのう)和尚が、殺生石を破壊しました。
玄翁和尚が殺生石を退治したのは至徳2年(1385年)8月のことと伝えられています。
破壊された殺生石は、各地へと飛散したと言われています。

「ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!!」では、玄翁和尚の法力で九尾の狐は封印されて殺生石となったことになっています。
その時に封印された金毛九尾の狐は姉で、弟の銀毛九尾の狐が姉の復讐を企てて日本にやって来たという話です。
銀毛九尾の狐・チーはさまざまな妖術を使いますが、その中でも手強いのが毒気でした。
毒気を浴びると、妖怪は死に、チーの配下となった人間は洗脳効果が強まるのでした。

スポンサーリンク

→【鬼太郎】大逆の四将を予想考案!黒幕はぬらりひょんで決定か!?

ゲゲゲの鬼太郎!第74話の「地獄崩壊!?玉藻前の罠」の感想

滝の前で修行をする幼き頃の石動零。
その様子を見守る師匠!?
恩返しをしたいと熱く語る石動零!

しかしその想いは叶わないでいた。
零の故郷は、何者かによって炎に包まれてしまうのだった。。。

そして零がやっている妖怪を取り込む力!?
あれは諸刃の剣だという事が判明する。

閻魔大王に呼び出された鬼太郎

地獄に再び呼びだされた鬼太郎に、閻魔大王は大逆の四将をの捕縛をせかす。
もし叶わなければ、鬼太郎を四将の変わりとし、猫娘を再びあの世に戻すというのだ!?

最後の四将でもある玉藻前の行方は全く分からず。
最強最悪の玉藻前の場所を突き止めると同時に、零に吸収された鵺をどうやって抜き取るのか?を考えていた。

石動零からの呼び出し

零は玉藻前の居場所を突き止めたという事で、砂かけ婆を呼び出す。
しかし今の力では力が足らないという事で、砂かけ婆を自身に吸収しようとする。
既にぬり壁と子泣き爺を吸収した零は、豆腐小僧を盾に砂かけ婆を吸収してしまう。

用済みとなった豆腐小僧を始末しようとしたその時、零の前にまなが現れる。
そして初めて鬼太郎と閻魔大王との取引を知る事となる。
まなは鬼太郎に閻魔大王との取引について、鬼太郎に詰め寄るのだった。

日本の妖怪に迫るA公国

日本に戦争を仕掛けようとするA公国。
党首の隣には謎の女の姿が。。。その女からは玉藻前の様な尻尾が!?

日本の人々も不安が隠せないでいた。

女は他の国にも手を回し、日本を完全に孤立させていく。
完全に孤立した日本はもはや手も足も出ない状態になっていた!
零の場所を探そうとするも足取りが掴めないでいた。

そんな中、まなが零の居場所を突き止める為に鬼太郎達に協力する。

石動零vs玉藻前

地上だけでなく、地獄でも異変が起きていた。
玉藻前が地獄へ戻り地獄の者達も操っていた!?
閻魔は玉藻前に目的を訪ねるも、玉藻前はその目的を明かそうとしない。

そんな中、零が玉藻前の分身にたどり着く。
そして数々の妖怪を取り込んだ力を利用し、玉藻前を追いつめるも全く持って歯が立たないでいた。
玉藻前は地獄から霊的エネルギーを吸収し凄まじい力を手に入れていた。

遂に猫娘が鬼太郎と閻魔大王との約束を知る。
一方、追いつめられた零の前に遂に鬼太郎が現れる。

スポンサーリンク

→【ゲゲゲの鬼太郎】大逆の四将!黒坊主・鬼童・九尾の狐の時代背景と悪行伝説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする