ゲゲゲの鬼太郎(6期)第73話のあらすじと感想!ヤマタノオロチは実在した!?その正体や伝説とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

「ゲゲゲの鬼太郎」第73話にヤマタノオロチが登場します。
ヤマタノオロチは実在したのでしょうか!?
その正体に迫ります。

ゲゲゲの鬼太郎!第73話の「欲望のヤマタノオロチ」のネタバレ

なんでも願いを叶えるヤマタノオロチの存在を知った斉藤は、噂の舞台オグロ山へと向かう。
そこで斉藤は、不気味な呼子と出会うのだった・・・
そして呼子からダイヤモンドを渡された斉藤は!?

スポンサーリンク

ゲゲゲの鬼太郎!ヤマタノオロチは呼子の持つ開放石の中にいた!?

ヤマタノオロチは、「ゲゲゲの鬼太郎」2期第12話にも登場しています。
目玉おやじからヤマタノオロチが実在するという話を聞いたねずみ男は、見世物にして儲けようとヤマタノオロチの捕獲のため山奥に向かいます。
しかし、山奥に立ち尽くす妖怪・呼子にたばかられて、ねずみ男は開放石に吸い込まれてしまいます。

開放石の中の世界で、ねずみ男はヤマタノオロチに襲いかかられます。
ヤマタノオロチは七色に輝く巨大な龍でした。
ヤマタノオロチから逃れようとして、ねずみ男は呼子と体を取り替えることに同意してしまいます。

鬼太郎は、目玉おやじと猫娘とともに、ねずみ男を救いに行きます。
そして、鬼太郎と猫娘が開放石に吸い込まれてしまいました。
ヤマタノオロチは、今度は鬼太郎と猫娘に襲いかかりました。

二人はヤマタノオロチの八つの頭を一つずつ倒していきました。
鬼太郎と猫娘は開放石から飛び出し、目玉おやじが呼子を謀って開放石に触らせました。
呼子は再び森の奥に立ち尽くし、鬼太郎たちはねずみ男を伴って下山しました。

日本神話に描かれたヤマタノオロチは腹が血でただれている!?

ヤマタノオロチは、「ゲゲゲの鬼太郎」の中でも八つの頭を持つ巨大な龍として描かれています。
「やまた」とは、八つの頭を指すと同時に「途方もなく大きな」という意味も含みます。
ヤマタノオロチは、漢字では「八岐大蛇」と表記します。

ヤマタノオロチは、日本神話に登場する蛇の怪物です。
日本神話では、八つの谷、八つの峰にまたがるほど巨大とされています。
また、目はホオズキのように赤く、背中には苔や木が生え、腹は血でただれていると伝えられています。

出雲の斐伊川(ひいかわ)上流に根城を構え、土地神の娘を毎年一人ずつ生贄にとっていました。
高天原(たかまがはら)を追われたスサノオノミコトが、ヤマタノオロチを強い酒で酔わせ、全ての首を切り落として退治しました。
ヤマタノオロチの屍骸から「天叢雲剣(あめのむらくも)」という剣が出てきました。

スポンサーリンク

→猫娘とゲゲゲの鬼太郎は将来結婚する?二人は最終回までに結ばれる?

ヤマタノオロチの正体は?ヤマタノオロチは滅んでいない!?

ヤマタノオロチは、学術的には「斐伊川の水害の偶像化」と見られています。
垣根を作って酒を飲ませ、酔ったところを殺すという手順は、「堤防を築いて水の勢いを殺して水流を制御する」ことの比喩表現とされています。
また、ヤマタノオロチの尾から剣が出てきたのは、斐伊川が砂鉄を含む土壌だったことに由来し、ここから上質な鉄が鋳造できるようになったことを意味していると言います。

ヤマタノオロチは、『古事記』や『日本書紀』においてスサノオノミコトに退治されていますが、ヤマタノオロチがここで滅んだわけではないとする神話は少なくありません。
平安時代に有名になった酒呑童子は、スサノオノミコトに退治されて逃げてきたヤマタノオロチの子供とする説もあります。
また、『平家物語』では第八十代天皇である安徳天皇をヤマタノオロチの生まれ変わりだと説いています。

ヤマタノオロチを山神とする説もあります。
ヤマトタケルは東征から帰って来たのち、伊吹山の山神と戦い、それが元で亡くなります。
この伊吹山に祀られている神が、一説によるとヤマタノオロチです。

ゲゲゲの鬼太郎!第73話の「欲望のヤマタノオロチ」の感想

人はこれ以上山奥に行くと、呼子に出会うため危険だと言い、男性を静止する。
しかし男はかまわず奥へと進む。
するとそこで男は一人の妖怪と出会う!?

そしてその妖怪から宝石の様な物を貰う。

願いを問うヤマタノオロチ

宝石の中に吸い込まれた男性の前に現れたのは、ヤマタノオロチだった。
そして男に「願いをいえ」という。
男は恐怖のあまり、「ここから出してくれ」と頼む。

すると男は山から、東京の街中へと飛ばされる。
夢かと思った男だが、宝石からヤマタノオロチの声がし、残りの願い7つを言えというのだが。。。

残りの願い7つ

男は残りの願い7つのうち、2つ目の願い3億円が欲しいという。
すると自分の父親が死に、3億円の遺産が転がり込む。

そして次に彼女が欲しいと願う。
振られた女にダイヤを渡し、女性は男性と婚約を決める。
しかしこれは完全な遺産目当てだった。。。

男の前に鬼太郎が現れ、持ち去った宝石を今直に返す様にと伝える。
この宝石は、幸せにする為の宝石ではなく、不幸にする宝石だと忠告する。

男は遺産目当てだと知った途端、女性と別れたいと願う。
すると女性の元に飛行機が突っ込んでしまう!?

持ち主を不幸にする宝石

男は宝石を危険と感じ、宝石を宝石商へと売り渡してしまう。
しかし家に帰ると売った筈の宝石が家にある。

そこに借金取りが金の取り立てにやってくる。
そして3億の遺産とヤマタノオロチのダイヤも一緒に持って行ってしまう。

宝石からは、残りの願いを叶えるまでは、男からは離れられないという。
男は願いを叶える為に自分がどんどん不幸になっていくと知る。

そして男は宝石に「壊れてしまえ」と願う。。。
すると大爆発を起こし、男は病院へ!?しかし宝石は再び元の形となり男の前に現れる。
今度は「自分の前から消えてくれ」と願う。。。

鬼太郎vsヤマタノオロチ

男の前に現れた鬼太郎は、ヤマタノオロチの宝石を指鉄砲で破壊しようとする。
ヤマタノオロチは鬼太郎の指鉄砲を喰らい続ければ、やがて破壊されてしまう!?
すると男はどうなるのか?男に迫り来るヤクザに恐怖し、男は鬼太郎の攻撃を止める願う。

男は再びあの山に行き、呼子の元へと行き助けを求める。
そして最後の願いを伝えると、呼子と自分の立場が入れ替わってしまう。
呼子から解放されるには、他の人間を呼子にする必要があるというのだ。。。

解放された呼子だった男は、元気に山を下り、呼子となった男にヤマタノオロチの宝石を渡し、新たな人間を待つ様に伝える。

→鬼太郎に片目がない理由!目玉のおやじの正体と誕生秘話

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする