「ダークナイト」ジョーカー役の俳優ヒース・レジャーの死因は役作りとの関係があったのか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


↓ ↓ ↓
ダートナイトを無料視聴

名作映画「ダークナイト」でジョーカーを演じたのが俳優ヒース・レジャーでした。
俳優ヒース・レジャーは、「ダークナイト」の公開を待たずに他界しました。
彼の死因は役作りと関係があったと噂されています。

スポンサーリンク

ヒース・レジャーがジョーカーを演じるまで!ジャック・ニコルソンが演じたジョーカーを超えられるか!?

俳優ヒース・レジャーは、1979年に生まれました。
10歳の頃から地元の劇団に所属し、子役としてテレビや舞台に出演していました。
ハリウッドデビュー作の「恋のからさわぎ」で不良っぽいキャラクターを演じて人気が出ます。

アイドル路線の配役オファーが殺到しましたが、ヒース・レジャーは断りました。
ヒース・レジャーは、真の俳優として評価される役だけを望みました。
2005年に公開された「ブロークバック・マウンテン」の演技を高く評価されて、数々の映画賞を受賞します。

「ダークナイト」は、「バットマン・ビギンズ」から始まったバットマン三部作です。
ティム・バートン版「バットマン」ではジョーカーをジャック・ニコルソンが演じて高い評価を受けていました。
そのため、当初は、ヒース・レジャーの演じるジョーカーはジャック・ニコルソンの演じたジョーカーを超えられないだろうと見られていました。

→ライオンキングの都市伝説!手塚治虫先生のジャングル大帝との関係性は!?

ヒース・レジャーの死因は役作りと関係があったのか!?ジョーカーを演じていた頃に睡眠障害だった

ジョーカーは特別なキャラクターです。
バットマンが正義の体現者とするなら、ジョーカーは混沌とした悪の体現者です。
ジャック・ニコルソンも、ジョーカーを演じることの危険性を前もって忠告していたとされています。

ヒース・レジャーは、2008年1月22日にニューヨーク・マンハッタンのアパートで遺体として発見されました。
発見された時には何もまとわず、処方された睡眠薬がベッド周辺に散乱していました。
死因は、薬の併用摂取がもたらす薬物中毒による事故とされました。

しかし、世間では、睡眠障害は狂気をはらんだジョーカー役に入り込みすぎた結果と見る声が上がりました。
ヒース・レジャーは、「ダークナイト」のジョーカー役を演じていた頃、「考えることを止められないんだ。僕の体は疲れきっているのに、心は動き続けていた」とコメントしています。
こうした発言が、役作りと死因を関係付ける噂の信ぴょう性を高めました。

スポンサーリンク

→映画ナイトミュージアムだけじゃない!?博物館の怖い話&都市伝説

ヒース・レジャーはジョーカーを楽しんで演じていた!薬を過剰摂取したわけではない

「ダークナイト」の公開前に28歳でこの世を去ったヒース・レジャーの知られざる姿は、その後、ドキュメンタリー映画「アイ・アム・ヒース・レジャー」で描かれました。
その上映会に家族が登場し、世間で噂されていた死因について否定しました。
姉のケイトは、噂について「本当にショックだった」と語りました。

ケイトは、「彼は楽しんで(ジョーカーを)演じていたから。」とコメントしました。
そして、「彼は素晴らしいユーモアのセンスの持ち主だったの。もしかしたら家族や友人しか知らなかったのかもしれないけど、ヒースは楽しんでいたわ。ジョーカーのことでうつになったりなんかしていない」と、噂について完全に否定しました。

ドキュメンタリー映画のプロデューサーを務めたマット・アマトは、「世界中にたくさん存在している(ヒースについての)ウワサ話への解毒剤になることを願うよ」とコメントしています。
ヒース・レジャーは、睡眠不足を打ち明けた頃、自身の婚約解消と別居が重なっていました。
また、死亡前にはインフルエンザにもかかっており、特定の薬物を過剰摂取したわけではないのに、急性薬物中毒を引き起こしたものとされています。

→インビクタスは実話だった!?ネルソン・マンデラの生涯や名言について

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする