清須会議(清洲会議)とは何?集まった武将と本能寺の変との関係性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

↓ ↓ ↓
今すぐ清須会議をお試し視聴

清須会議とは、会議によって初めて歴史が動いた、画期的な出来事です。
三谷幸喜監督が取り上げて、映画「清須会議」で描いたことで、広く関心を持たれるようになりました。
清須会議とは何だったのでしょうか?

スポンサーリンク

清須会議に集まった武将と本能寺の変との関係性

清須会議とは、織田氏の後継問題および領地再配分に関する会議です。
「清洲会議」の表記が使用されることもあります。
天正10年6月27日に開かれました。

後継問題や領地再配分を話し合う必要が生じたのは、天正10年6月の本能寺の変において、織田家前当主織田信長が死亡したためです。
織田信長は、家臣の明智光秀の謀反で自害しました。
信長の嫡男で織田家当主であった織田信忠も、二条新御所で切腹しています。

明智光秀は、山崎の戦い後の逃亡中に討たれました。
清須会議は、尾張国清洲城で開かれました。
集まった武将は、柴田勝家、丹波長秀、羽柴秀吉、池田恒興の4人です。
滝川一益は、神流川の戦いで後北条氏に敗れて敗走中でした。

→「ステキな金縛り」更科六兵衛は実在した侍?後北条氏は関東の戦国大名の氏族

清須会議で織田家家督を継いだのは三法師!秀吉が玩具で三法師を手なづけた!?

織田家の後継問題では、信長の二男・織田信雄と信長の三男・織田信孝が、後継者の地位を主張しました。
互いに引こうとせず、その隙を羽柴秀吉がつきました。
秀吉や勝家たちは、信長の嫡孫である三法師を御名代とすることに、事前に話をまとめていました。

通説では、秀吉が三法師を擁立し、勝家が信孝を推して対立したとされています。
秀吉が席を立ち、残された勝家・長秀・恒興で話し合い、勝家が矛を収めて三法師の家督擁立が決まりました。
その後、重臣4人が対面することになりましたが、その間に秀吉が玩具で三法師を手なづけてしまいます。

対面の場には、秀吉が三法師を抱いて現れ、勝家ら三重臣がそれに平伏する形となったと伝えられています。
三法師が織田家家督を継ぎました。
叔父の織田信雄と信孝が後見人となり、秀吉ら四重臣が執権として補佐する体制が出来上がりました。

スポンサーリンク

→関ヶ原の戦いは無かったのか!?本当の真実と知ると怖い話

清須会議で重臣筆頭の地位が勝家から秀吉に!織田家内部の勢力図が変化した

領地再配分では、信長の二男・信雄は尾張国を、三男・信孝は美濃国を相続しました。
信長の四男で秀吉の養子である羽柴秀勝は、丹波国を相続しています。
新当主である三法師は、近江国坂田郡と安土城を相続しました。

秀吉には、河内国と山城国が増領されました。
秀吉は28万石の加増になり、勝家と逆転しています。
秀吉は、清須会議で重臣筆頭の地位を占めるようになりました。

清須会議の前までは、勝家が織田家の重臣筆頭として最大の発言権を持っていました。
清須会議では、勝家の影響力が低下しています。
清須会議とは、織田家内部の勢力図を大きく変化させた出来事でした。

→関ヶ原の戦い!本当の裏切り者は誰!?戦はなぜ起きて西軍はなぜ負けたのか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする