ゲゲゲの鬼太郎(6期)第72話のあらすじと感想!妖怪いやみとは?通称エロモドキと呼ばれる理由!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

「ゲゲゲの鬼太郎」第72話は「妖怪いやみの色ボケ大作戦」です。
妖怪いやみとは、どんな妖怪でしょうか?

スポンサーリンク

ゲゲゲの鬼太郎!第72話の「妖怪いやみの色ボケ大作戦」のネタバレ

鬼太郎を訪ねるねこ娘だが、鬼太郎は不在だったため、ねこ娘は肩を落とす。
一方子泣きじじいとキノコ狩りにきた鬼太郎は、奇妙な謎の妖怪に桃色の吐息をかけられてしまう!?

妖怪いやみは楽しみのエキスを人間から吸い取る

妖怪いやみは、またの名を「エロモドキ」と言います。
漫画「ゲゲゲの鬼太郎」に登場し、アニメ版にも第2期・第3期・第4期に「いやみ」のストーリーがあります。
鬼太郎をいかれさせることから、話題性が高い妖怪です。

妖怪いやみは、普段は和服で女装したハゲ爺の姿をしています。
その正体は、腹部に顔がある一つ目の化け物です。
人間から「楽しみのエキス」を吸い取って糧としています。

楽しみのエキスの集め方は、アニメ版第4期では一人ずつ吸い取る方法ですが、第2期と第3期では大胆な方法です。
第2期と第3期に登場した妖怪いやみは、一つの場所に居ながら、世界中から楽しみのエキスを吸い取っています。
どこに居てもどこからでも吸い取ることが可能という設定でした。

いやみが鬼太郎にチューした!?鬼太郎も色ボケしてしまう!?

妖怪いやみがエロモドキと呼ばれる理由は、いやみが口から出す気体の効果によります。
妖怪いやみが口から出す気体は、第2期と第3期では「イロ気」、第4期では「いやみの毒」と呼ばれています。
その気体を吸い込んだ者を色ボケにしてしまいます。

第4期では、目玉おやじが「いやみの奴、鬼太郎にチューをしおったぞ!!」と仰天する事態が発生します。
ただし、第4期では、設定が微妙に変化しており、人間から奪い取るものは「ショウ気」と呼ばれるものです。
ショウ気を奪われた人間は、笑いを忘れて凶暴化します。
鬼太郎は、いやみの毒を吹き込まれて、無気力状態になってしまいます。

第2期と第3期では、イロ気にやられたねずみ男が色ボケになって女の子を誘拐します。
女の子を鬼太郎が助けにやって来ますが、鬼太郎もイロ気にやられて色ボケしてしまいます。
色ボケにされたねずみ男と鬼太郎が、女の子を巡って喧嘩するという流れです。

いやみは否哉だった!?鬼太郎が攻撃したのは×××だった!?

妖怪いやみは、ちょっと見には美しい女性のようですが、顔は老人のように皺だらけです。
後ろ姿を見かけて美人だと思って声を掛けてきた人間に、自分の醜い顔を見せて脅かします。
後ろ姿だけは美しい女性で、顔は老人のように皺だらけの妖怪は、仙台の城下町に現れたという話が伝えられています。

仙台に伝えられている話は、鳥山石燕(とりやま・せきえん)の妖怪画集『今昔百鬼拾遺』にある妖怪「否哉(いやや)」をもとにしているとされています。
「否哉」は、その具体的な特徴が記されておらず、鳥山石燕の創作物と見られています。
鳥山石燕の否哉を模写したらしい妖怪は、その後、「いやみ」の名で紹介されるようになります。

「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪いやみは、「否哉」をもとにしていますが、ほかの者を色ボケさせるという設定は、水木しげるの創作です。
妖怪いやみのイロ気にやられて色ボケしてしまった鬼太郎は、最後は目玉おやじの活躍によって毒気を抜かれて復活します。
アニメ版第2期では、妖怪いやみは鬼太郎に股間を攻撃されて悲鳴をあげながら萎んで行き、燃え尽きて退治されました。

スポンサーリンク

→ゲゲゲの鬼太郎の最終回の謎!今までの最終話ってどんな話だったのか!?

ゲゲゲの鬼太郎!第72話の「妖怪いやみの色ボケ大作戦」の感想

探索をしていた2人が道に迷ってしまう。
そこで見つけたのは、岩の上にある一件の家!?
家の中には一人の老人が寝ていた。。。

老人は2人に食べちゃうと言い、口を近づける。

猫娘の鬼太郎への想い

料理を作って鬼太郎の家に持って行こうとする猫娘。
どうやって自然に料理を渡せるか?考え、自宅に訪れるとそこには鬼太郎の姿はなかった。
子泣き爺と一緒にキノコ狩りに行ったというのだ。

キノコ狩りをしていた子泣き爺と鬼太郎の前に現れる謎の老人。
再び口づけの様な仕草をし、鬼太郎と子泣き爺に何か煙の様なものを出す。
すると様子がおかしくなった鬼太郎と子泣き爺。

自宅に戻ると猫娘に積極的にアプローチをする。
まるでナルシストな男の様に。。。
その様子にまんざらでもない猫娘!

鬼太郎の想いに喜ぶ猫娘

猫娘は鬼太郎の猛烈アプローチに心を踊らせ、遂に2人はデートをする事に!?
目玉の親父は、鬼太郎が恋をした事で涙ぐむ。
猫娘との待ち合わせ場所に向かう鬼太郎。。。だが、通りすがりの女性にも声をかけてしまう。

一方の子泣き爺も砂かけ婆に積極的に迫る。
拒む砂かけ婆だが、意外とまんざらでもない様子!?
しかし恥ずかしさから、子泣き爺を突き飛ばしてしまう。

様子がおかしい鬼太郎と子泣き爺
鬼太郎の様子を遠くから見守るねずみ男達の後ろに謎の男。
謎の男の名は妖怪いやみ。

妖怪いやみの吐息をかけられた者は、全員色ボケになってしまうというのだ!?
いやみは自身を愛の使者と言い、ねずみ男にも動揺に吐息をかけてしまう。
ねずみ男の他に、一旦木綿までもがおかしくなってしまう。

そして遂にぬりかべまでもが。。。
男性達がいやみの吐息によりおかしくなってしまう中、砂かけ婆が動きだす。
鬼太郎の前から姿を消したねずみ男を追いかける!

肩を落とす猫娘

鬼太郎の言葉がいやみの能力だと知り、肩を落とす猫娘。
未だに現実を受け止められないでいた!?

心配した砂かけ婆は、自分の過去の恋愛について話す。
自身に心から想っていた人の事を、そして勇気がなく一歩踏み出せず未だに変わらぬ関係だという事を。
この相手というのは、おそらく子泣き爺でしょう。

その頃まなは、目玉の親父と一緒に鬼太郎を探していた。
すると街中でたまたま妖怪いやみと出会い、術にかかってしまう!?
いやみは街中で吐息を連発。。。

そのいやみの前に猫娘が立ちはだかる。

猫娘vs妖怪いやみ

いやみの行動に腹立つ猫娘が、徹底的にいやみを追いつめる。
猫娘の前に鬼太郎、子泣き爺、ぬりかべ、ねずみ男達が妨害するも片っ端から撃破される。
更にはまなと目玉の親父迄もが。。。

しかしこれらを撃破し、妖怪いやみを追いつめる。
本気になったいやみの首は偽物で体に顔がある変態的な妖怪!?

するとそこに色恋にかかった鬼太郎に、2人だけの世界に行こうと誘われるも猫娘は砂かけ婆の言葉を思い出し、鬼太郎の誘いを断る。
そしていつか鬼太郎の本当の気持ちを手に入れようと決意し、いやみを撃破する。
またいつもの2人になるのだった。

→鬼太郎に片目がない理由!目玉のおやじの正体と誕生秘話

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする