インビクタスは実話だった!?ネルソン・マンデラの生涯や名言について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


↓ ↓ ↓
インビクタス 負けざる者たち

ラグビーに関心が高まっている昨今、アパルトヘイトが解除された直後の南アフリカに実在したラグビー・チームの物語を描いた映画が話題になっています。
「インビクスタ/負けざる者たち」です。
「インビクスタ/負けざる者たち」は、ラグビー・チームとネルソン・マンデラ氏の交流を描いた、実話をもとにした作品です。

スポンサーリンク

インビクスタの内容は?南アフリカの白人と黒人の和解と団結が描かれる

「インビクスタ/負けざる者たち」は、1994年の南アフリカ共和国が舞台です。
この年、黒人初の大統領となったのが、ネルソン・マンデラ氏でした。
ネルソン・マンデラ氏は、反体制活動家として27年ものあいだ投獄され、1990年に釈放されました。

ネルソン・マンデラ氏が報復的な人事をするのではないかと恐れた白人官僚たちは、辞職しようとしていました。
ネルソン・マンデラ氏は、初登庁の日に職員たちを集めて、「辞めるのは自由だが、新しい南アフリカを作るために協力してほしい。あなたたちの協力が必要だ。」と呼びかけました。
白人官僚たちは、安堵してネルソン・マンデラ氏のもとで働くことになります。

ネルソン・マンデラ氏が、南アフリカの白人と黒人の和解と団結の象徴としたいと考えたのが、ラグビー・チーム「スプリングボクス」でした。
ラグビーは、アパルトヘイトの象徴として、黒人の国民の間では非常に不人気なスポーツでした。
ネルソン・マンデラ氏の意向で、スプリングボクスのメンバーたちは、貧困地区の黒人の子供たちにラグビーの指導を始めます。
地道な活動によって国民の間でチームの人気が少しずつ高まり、スプリングボクスは1995年ラグビーワールドカップにおいて決勝進出を果たします。

→美女と野獣の都市伝説&怖い話!なぜ野獣になったのか?本当は×××な話

インビクスタの実話と虚構!グラウンドが柵で隔てられていたのは実話だった

「インビクスタ/負けざる者たち」の冒頭、アパルトヘイトを象徴するシーンが描かれます。
整備されたグラウンドで富裕層の白人たちがラグビーの練習をしています。
柵で隔てられた片方のグラウンドは土で、貧困層の黒人たちが裸足でサッカーをしています。
これは実話です。

当時、南アフリカでは、英国発祥のラグビーは、白人や富裕層の行うスポーツとの印象が強く持たれていました。
貧困層の多い黒人の間では、ラグビーは受け入れられず、専らサッカーが主流でした。
「インビクスタ/負けざる者たち」の最初の方で、白人が南アフリカを応援し、黒人が敵のチームを応援しているシーンが描かれています。

1990年代初め、南アフリカのラグビー・チームは、国際試合の出場機会がありませんでした。
映画では、その後もチームが極度に弱体化したままのように描かれていますが、それは実話ではなくて誇張です。
実際には、1992年の国際試合には復帰して、その後、急速に実力をつけています。

スポンサーリンク

→メン・イン・ブラックは実話だった?都市伝説や宇宙人実在説を考案する

ネルソン・マンデラ氏の生涯や名言!インビクスタの一節が贈られたのは実話だった

映画のタイトルに使われている「インビクスタ」は、実は、ネルソン・マンデラ氏が27年間の投獄中に心の支えとした詩のタイトルでもあります。
ネルソン・マンデラ氏は、大学在学中の1944年にANC(アフリカ民族会議)に入党し、黒人差別に反対する反アパレルヘイト運動に取り組みました。
1961年にはANC副議長になり、「民族の槍」という組織を作り、自ら司令官に就任します。

これら一連の活動によって、ネルソン・マンデラ氏は1962年に国家反逆罪で逮捕されてしまいます。
そして、終身刑となり、ロベン島に収監されて27年間もの囚人生活を送ります。
長い獄中生活も勉強を続け、法学士号を取得します。

1989年に当時大統領だったフレデリック・デクラーラとの会談が実現し、71歳にしてようやく釈放されました。
釈放されると、ネルソン・マンデラ氏は、すぐにANC議長に就任し、暫定政府と憲法を作成しました。
ネルソン・マンデラ氏の名言に次の言葉があります。

「指導者には、民衆を正しい方向へ導いているという自信のもとに、群れより先を行き、新たな針路を拓かなくてはならないときがある。」

ネルソン・マンデラ氏が、黒人と白人の和解と団結を象徴するスポーツとしてラグビーを選んだのは、このためでした。

大統領官邸に呼ばれたスプリングボクスのキャプテン、フランソア・ピナール選手に、マンデラ氏は「インビクスタ」という詩の一節を贈りました。
「我が運命を決めるは我なり、我が魂を制するのは我なり」
フランソア・ピナール選手もまた、世論に流されることなく、自らの魂を信じて信念を貫くことにしました。
南アフリカは、初出場初優勝の奇跡を起こしました。

→映画ナイトミュージアムだけじゃない!?博物館の怖い話&都市伝説

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする