「死役所」のネタバレ!イシ間の過去と姪っ子ミチの関係!?強面の石間徳治はいい人?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


↓ ↓ ↓
死役所を無料で試し読み

「死役所」は、故人を成仏させるか、暗黒の冥土の世界へ向かわせるかを、厳正な判断に基づいて決定する場所です。
死役所は、生前の死因によって複数の課が存在し、「他殺課」の代表的な職員がイシ間です。
イシ間にはどんな過去があるのか、ネタバレします。

スポンサーリンク

イシ間の生前の名前は石間徳治!姪っ子のミチを引き取って暮らしていた

イシ間は、「死役所」の職員の中で、作中、唯一「成仏辞令」が出された人物です。
生前に冤罪で死刑に処せられた場合は、申請すれば成仏することが可能です。
しかし、それ以外では、死役所の職員に成仏辞令が下る理由は不明です。

成仏辞令が出されたイシ間は、生前の名前を石間徳治と言います。
石間徳治は、生前、大工をしていました。
妻とは早くに死に別れ、子供が居なかったため、姪っ子のミチを引き取って暮らしていました。

ミチは両親を失い、徳治に懐いていました。
ミチは、自分が結婚するときは、「おじちゃんに家を建ててもらって、一緒に住みたい」と言っていました。
徳治は、姪っ子のそんな言葉に涙していました。

→4分間のマリーゴールド!みことの能力と沙羅の病名と余命1年の結末は!?

強面の石間徳次はいい人?徳次が殺人を犯したのはミチを愛するがゆえだった

ネタバレすると、石間徳治が人を殺めたのは、ミチを愛するがゆえでした。
徳治の畑に野菜泥棒が入りました。
徳治は泥棒を働いた少年たちを許し、ミチは少年たちに野菜を与えました。

14歳のミチの美しさにそそられた少年たちは、後日、ミチを襲い、処女を奪いました。
ミチが襲われているのを目にした徳治は、怒りを抑えられず、手にしていた鍬で少年たちを殺しました。
そして、少年たちの死体を山中に埋めて隠しました。

少年たちの遺体は、ミチが結婚した1年後に発見されました。
徳治は、ミチの将来を守るため、ミチが少年たちによって処女を奪われたことを隠し、自分が酔って少年たちを殺してしまったと供述しました。
事件の残虐性から、徳治は死刑の判決を受けました。

スポンサーリンク

→ドラマG線上のあなたと私!?g線上のアリアの意味や時代背景について

死役所でイシ間はミチと再会する!イシ間が向かったのは実は×××だった!?

ミチは、子供や孫に見守られながら寿命を全うし、死役所にやって来ました。
ミチは認知症になっていましたが、イシ間のことは覚えていました。
「おじちゃん元気だった?久しぶりだねぇ!」と言って、ミチは少女の頃と同じ笑顔をイシ間に見せました。
ミチは成仏課に送られました。

その後もイシ間は、他殺課で仕事をこなしていました。
死役所で働きながら、イシ間は自分が犯した罪について考えていました。
しかし、答えが見つからず、悩んでいました。
シ村に「もし今、同じことが起きたらどうしますか?」と尋ねられたイシ間は、「殺すと、思う‥」と答えました。

シ村は、成仏許可申請書を書いたイシ間に言いました。

「答えを出せなくてもイシ間さんはもうすぐ成仏するんです。関係ありませんよ。」

イシ間は成仏の門の前まで行きました。
シ村が許可書を持っていき、シラ神さんが折り紙で作った真っ赤なバラの花束を持って見送りに来ていました。
ネタバレすると、イシ間はこの後、天国に行ったわけではありません。
シラ神もシ村も、イシ間が地獄行きなのを知っていました。

→「死役所」のネタバレ!シ村の過去と冤罪について!?シ村は一体何者なのか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする