天空の城ラピュタのロボットとナウシカの巨神兵の関係性!二つの意外な関係性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

「天空の城ラピュタ」に登場するロボット兵と「風の谷のナウシカ」に登場する巨神兵について、ファンの間では「同じではないか!?」という疑問の声が多くあがっています。
「天空の城ラピュタ」のロボット兵と「風の谷のナウシカ」の巨神兵の関係性をまとめてみました。

スポンサーリンク

ラピュタのロボット兵!形状記憶弾性セラミック製だった!?

「天空の城ラピュタ」に登場するロボット兵は、全高3.5メートルで正式名称は「ラムダ」といい、ラピュタが滅びた後も自分の役目を守り続けています。
ロボット兵が何で作られているのかは、ムスカ大佐によると解明されていないとのことです。
ただし、物語の設定上、形状記憶弾性セラミック製の躯体であることが分かっています。

物語の中では空から落下した後、しばらくは動く事がありませんでした。
シータが呪文を唱えたことで動き出します。
言葉は一切発していません。

主たる武器は頭部のビーム砲です。
胸部には小型推進装置があり、両腕からは数本の骨組みによってヒレを作ります。
ヒレを翼のように広げて、空を飛行することも可能です。

→【崖の上のポニョ】死後の世界説!?都市伝説・謎・裏設定・怖い話・元ネタのまとめ

ナウシカの巨神兵!細胞組織と人工的な機械で作られた人工生命体だった

「風の谷のナウシカ」に登場する巨神兵の正体は、旧人類が作った人工生命体です。
映画版では単なる兵器として扱われている巨神兵ですが、原作漫画では「オーマ」という名前があり、ナウシカの仲間となって一緒に戦います。
破壊神のような存在で、「調停員」「裁判官」の役割を担います。

巨神兵は核を動力とした人工生命体です。
肉体は細胞組織と人工的な機械で作られています。
心臓や骨格、脳の中心部や口の粒子砲などは機械で構成され、それ以外は生物のような細胞組織で作られています。

主たる武器は粒子砲で、空気中に存在する粒子を口に集めて加速させ、一気に放出します。
粒子砲は、宮崎駿監督が核兵器をイメージして描き出したものと言われています。
映画版では粒子砲を数発撃った後、身体が溶けて死んでしまいます。

スポンサーリンク

→【千と千尋の神隠し】ハクやリンにまつわる都市伝説・怖い話・謎・考案

ロボット兵と巨神兵の意外な関係性!巨神兵はロボット兵の進化型!?

ラピュタのロボット兵とナウシカの巨神兵は、どちらも頭部がヘルメットのようです。
どちらも破壊力のあるビームを放出します。
ロボット兵も巨神兵も、デザインはエヴァンゲリオンで有名な庵野秀明さんが担当しています。

物語を時系列で整理すると、「天空の城ラピュタ」が古代で「風の谷のナウシカ」が新文明です。
二つの物語にはキツネリスという独特な小動物が登場し、両作品が同じ世界観の上に存在することが分かります。
「風の谷のナウシカ」の旧人類が人工生命体を作り出すにあたって、古代の先進文明を参考にして進化させたものとも考えられますね。

「風の谷のナウシカ」の映画版では、巨神兵という最終兵器を使ったことで世界が滅亡したように描かれています。

しかし、原作漫画では、巨神兵は自らを「風の谷のナウシカの子オーマ」と名乗り、「われは小さき母と共に西の土地へ往く」と宣言し、トルメキア兵に「ただちに反転し家へ帰れ 自分の家で平和に暮らせ!!」と命じます。
巨神兵は、ストーリーが進むなかで変化し、高い知性を感じさせる言葉を発するように成長しています。

→天空の城ラピュタ都市伝説!トルコ語でバルスの意味とは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする