ゲゲゲの鬼太郎(6期)第67話のあらすじと感想!縄文時代から現代までの妖怪一覧!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゲゲゲの鬼太郎」で「SNS中毒 VS 縄文人」が放送されると予告されてから、にわかに縄文人に注目が集まっています。
縄文人の時代から妖怪はいたのでしょうか?
縄文時代から現代まで生き続けている妖怪をご紹介します。

スポンサーリンク

ゲゲゲの鬼太郎!第67話の「SNS中毒VS縄文人」のネタバレ

SNSの人気者クリスティーン。
しかし突然現れた縄文人が、クリスティーンの地位を脅かす。
困ったクリスティーンは、鬼太郎に相談するも妖怪でない事で断られてしまう。

縄文時代から生きてきた大首

縄文時代から生きてきた妖怪として、「ゲゲゲの鬼太郎」の中で取り上げられているのが大首(おおくび)です。
大首は、空中などに現れる巨大な首の妖怪で、山口県などに伝説が残っています。
ほとんどが女性で、お歯黒をつけた歯でニタニタと笑いかけます。

「ゲゲゲの鬼太郎」では、左目部分が窪んだ歪んだ丸顔の妖怪として描かれています。
富士山の胎内洞窟に潜んでおり、生きた骸骨を大勢従わせています。
手下の骸骨たちが生きた人間を急死させて集めた、霊魂を食べて生きながらえています。

念力で骸骨を操って動かしたり、空気を操って真空状態にして暴風を起こす力を持ちます。
この暴風には鬼太郎も吹き飛ばされてしまいます。
霊を食べる「霊食キノコ」の菌を鬼太郎に植えつけられて、岩のようになって最後は死んでしまいます。

大首と組んで登場する骨女

「ゲゲゲの鬼太郎」で大首と組んで登場しているのが骨女(ほねおんな)です。
骨女は、骸骨の姿をした女性の妖怪として描かれ、有名なのは江戸時代の浮世絵師・鳥山石燕(とりやま・せきえん)の妖怪画集『今昔画図続百鬼』での姿です。
美女に変身したり、骨を撃ち出したりしますが、本領は他の強い妖怪に取り入って利用する弁舌です。

「ゲゲゲの鬼太郎」の原作では赤舌の手下として登場し、赤舌が倒された後に大首の手先となりました。
「ゲゲゲの鬼太郎」3期では、赤舌も大首も倒された後に、骨女だけが生き残り、自身の悪巧みにねずみ男を引き込もうとします。
4期では、ねずみ男を騙して利用します。

骨女の経歴が明かされるのが、「ゲゲゲの鬼太郎」4期です。
生前は縄文時代の女戦士であり、主君を守るために妖怪になっていました。
主君が妖怪大首になってしまった後、大首とともに洞窟に封印されます。

スポンサーリンク

→鬼太郎に片目がない理由!目玉のおやじの正体と誕生秘話

骨女が復活を目論んだダイダラボッチ!復活に関わったぬらりひょん

骨女は、最終的に秋芳洞に封印されているダイダラボッチの復活を目論み、それに失敗します。
ダイダラボッチは、日本の伝説に登場する巨人です。
「ゲゲゲの鬼太郎」にしばしば登場し、2期・3期・4期で描かれています。

巨体を妬み恐れた人間たちにバラバラにされて封印されました。
ダイダラボッチを神と崇める集団によって封印を解かれて復活します。
3期は、ぬらりひょんの陰謀が絡み合いました。

ぬらりひょんは、「妖怪による人間支配」を目論み、鬼太郎の最大の敵として描かれています。

「ゲゲゲの鬼太郎」で鬼太郎が左目を開けた回では、鬼太郎を「ぶりっこ妖怪」と呼び、幽霊族の悲運を伝えて、鬼太郎に人間と戦うように呼びかけました。
「先祖流し」によって二億年前に飛ばされ、そこから生き続けたこともあり、閻魔大王とも張り合えるほどの力を身につけた妖怪です。

ゲゲゲの鬼太郎!第67話の「SNS中毒VS縄文人」の感想

とある山の中、一件の小屋でねずみ男が焼き芋を食べている。
その後ろに現れた謎の人物!?

読モのカリスマ・クリス

読者モデルのクリスの投稿について、まなから猫娘に連絡が入る。
SNS業界で話題の人物!

高級レストランやパーティーを投稿して、その姿を見て憧れる女子高生達。
その事を話をしている鬼太郎と猫娘の姿をみたねずみ男が、またまたある商売を思いつく!
それは未確認生物をSNSに投稿して、広告収入を得ようとする事だった。

ねずみ男と縄文人

ねずみ男が焼き芋を食べていると、後ろに笑われたのは謎の原始人。
その姿をSNSにアップロードすると、一気に注目される。

SNSの名前は縄文人。

ねずみ男は原始人を使い、更に注目を集めさせようと有名なSNSの人物の写真をパクって、どんどん投稿を開始する。
街中に繰り出した縄文人に、街中の人たちも注目を集める。
クリスもまたSNSで様々な物をアップードしていく。

縄文人vsクリスのSNSでの闘い

クリスは縄文人を意識して、次から次へと投稿を開始する。

しかし何をやってもいいねや注目度で勝つ事ができない!

腹が立ったクリスは、鬼太郎に助けを求めるも鬼太郎はこの依頼を拒否。
縄文人が特に悪い事をしてない、しかも妖怪じゃないという事から、依頼を拒否した事でクリスは暴走を開始する。
色んな事をやっても縄文人に勝つ事ができない。

禁止事項を無視して撮影

クリスはいいねが欲しいため、禁止事項を無視して撮影を開始する。
その事が話題になり、ニュースに迄取り上げられてしまう。

街中で縄文人を見つけたまなが、猫娘に縄文人がねずみ男と一緒にいる事を告げる。
心配した鬼太郎が縄文人を山に帰そうとするも縄文人がこれを拒否!

一方のクリスは、マナー違反をしまくり世間から叩かれる事に。
友人からはシカトされ、お金も人気もなくったクリスは引きこもり遂に暴走してしまう。
そしてクリスは縄文人に痛い目を見せる為に動き出す。

SNSフォロワーランキングのパーティー

インスタのフォロワー上位20名が正体されるパーティーに参加する事になった縄文人。
しかしクリスは、20位以内ではないため、入室を拒否されてしまう。
遂にクリスは無理矢理会場に侵入してしまう。

縄文人をSNSで吊るし上げようとするも失敗。
ますます縄文人に対して嫉妬するクリスは、遂に縄文人をぶっ叩いてしまう。
暴走したクリスは鬼太郎に向かって攻撃する。

その曲がった思想と行動から遂に警察に逮捕されてしまう。
そしてその投稿が遂に100万いいねを達成するも、パーティーに来て招待者からは誰からも見向きもされなかった。
一方の縄文人は、そんな現代人を見て「カモイ」と叫んでいたのだった。

「カモイ」とは怖いという意味であり、縄文人からしてみたら、文明に振り回されている現代人こそが怖いと感じていたのだった。

→ゲゲゲの鬼太郎の最終回の謎!今までの最終話ってどんな話だったのか!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 大村千晴 より:

    ゲゲゲの鬼太郎の視聴率を上げるためにはまず、裏番組は絶対に見ないこと。次に、鬼太郎を見る以外の自由はしない。それから、毎週見ている人は、これからも見ていくこと。わかったか‼️‼️‼️‼️‼️‼️‼️‼️‼️❗️毎週日曜8チャンネルにて午前9時からだぞ‼️‼️‼️‼️‼️‼️‼️‼️‼️‼️