【千と千尋の神隠し】 カオナシの正体を考案!カエルは何故カオナシに飲み込まれたのか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


【千と千尋の神隠し】

「千と千尋の神隠し」には正体不明のキャラクターが複数います。
正体がよく分からないキャラクターの代表格がカオナシです。
カオナシは主人公と行動を共にすることが多く、その謎に注目が集まります。

スポンサーリンク

カオナシは欲の塊の象徴!?

カオナシは、黒い影が人に似た形をとった存在で、顔にあたる部分はお面を被っているように無表情です。
まとまった言葉を発することはなく、「あ、あ…」「ウゥ」など、言葉にならない音を発します。
言葉と言えるのは「イヤダ…」「笑ったな?」ぐらいです。

カオナシは、言葉ではなく、砂金で相手の気を引こうとします。
そのため、欲の塊のような存在と言われています。
言葉を発する際には他者を取り込みます。
その前段階として、他者の欲するものを創り出しますが、それには実体がありません。

→天空の城ラピュタ都市伝説!トルコ語でバルスの意味とは?

カオナシの正体は人間そのものだった!?みんなの中にカオナシがいる!?

カオナシは当初、その他大勢のキャラクターでした。
宮崎駿監督は、著書『千尋と不思議な町』の中で次のように語っています。
「時間の都合でストーリーを再構成したとき、画面の隅にいるだけの名無しのキャラクターに“カオナシ”という名前を与えて後半の主役にした」

宮崎駿監督によると、「みんなの中にカオナシがいる」とのことです。
自分の居場所を求めたり、誰かに必要とされる事を望んだりする、多くの人の心の中に潜んでいる気持ちを、カオナシは表現しているとするのが都市伝説で広まっている解釈です。
カオナシの正体は人間そのものとも考えられますね。

→風の谷のナウシカ都市伝説!人造人間説は嘘?本当?

カオナシの正体は現代の若者だった!?カオナシの特徴とは?

「千と千尋の神隠し」に登場するカオナシの正体は、現代の若者そのものとする見方もあります。
カオナシは、言葉によるコミュニケーションをほとんど行いません。
自分が望む事態をお金の力で引き寄せようとします。

お金で解決しないと見るや、逆上して暴れ出します。
一見気弱そうな外見とは裏腹に、突然キレると暴走する側面を持ち合わせています。
湯婆婆まで手こずらせる厄介ぶりが話題になり、カオナシの正体について現代の若者説が広まりました。

スポンサーリンク

→となりのトトロ都市伝説!狭山事件との関係を検証、地蔵にメイの名が刻まれている?

カエルは何故カオナシに飲み込まれたのか!?カオナシの正体はサタン!?

カオナシは千尋を追い回し、千尋に金を差し出して自分を受け入れてもらおうとします。
千尋は金を受け取らず、カオナシは逆上して暴走を始めます。
カオナシの差し出す金を受け取ったカエルは、カオナシに飲み込まれてしまいます。

カエルを飲み込んだことで、カオナシは片言でも喋れるようになります。
しかし、千尋にニガダンゴを食べさせられて、飲み込んだカエルを吐き出します。
カエルを吐き出したところ、カオナシは喋れなくなっておとなしくなり、千尋と一緒に銭婆のもとへ向かいます。

千尋と一緒に銭婆のもとへ向かう途中、千尋とカオナシが乗っている電車の車窓に「サタン」の文字が浮かび上がっています。
ほんの一瞬、「サタン」というネオンサインが出てきます。
これはジブリ側がカオナシの正体を密かに教えたものとの都市伝説があります。

→魔女の宅急便の本当は怖い都市伝説まとめ

カオナシのモデルは「借りぐらしのアリエッティ」の監督だった!?

カオナシのモデルは、映画「借りぐらしのアリエッティ」を手がけた米林昌宏監督だとされています。
スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーがそのように述べています。
「千と千尋の神隠し」のヒット祈願イベントで明かされたこのエピソードについて、坊の声を演じた神木隆之介さんも「会った瞬間、『あっ、カオナシだ』って思った」と語っています。

ただし、実際には米林監督自身によって、この逸話は後付けだったことが判明しました。
米林監督は、「自分が描いたカオナシを見て、宮崎監督が『まろにそっくりじゃないか』と言ったところから広まった」と明かしています。
ちなみに「まろ」は米林監督のニックネームです。

→【千と千尋の神隠し】ハクやリンにまつわる都市伝説・怖い話・謎・考案

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする