明石家さんま出演のオススメのドラマ一覧!演技力もありまっせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

バラエティー番組の大御所、明石家さんま。ちょっと前には、ドラマ出演でも話題をさらっていましたね。
「台詞を完璧に覚えて芝居をやると、台詞が全然生きない。」
それが明石家さんまの主義で、奔放な演技力が魅力です。
明石家さんまが出演したドラマで、今も観直したいオススメのドラマ一覧をまとめてみました。

スポンサーリンク

お笑いだけじゃない!演技力も抜群、明石家さんま出演のオススメドラマ一覧

念願の弁護士役で迫真の法廷シーンが話題になった「古畑任三郎」

人気シリーズ「古畑任三郎」の第2シーズン「しゃべりすぎた男」に明石家さんまが出演しています。役柄は弁護士の小清水潔です。

小清水は、有力弁護士令嬢との婚約のため、恋人が邪魔になり、殺害に及びます。
そして、恋人殺害の罪を、恋人に好意を寄せていた今泉になすりつけようとします。それを古畑任三郎が阻止するという流れです。

弁護士という設定は、明石家さんまの希望によるものとされています。
「古畑と台詞対決にしたい」と望んだ結果の法廷闘争もので、見所はクライマックスの法廷シーンです。

古畑任三郎が「小清水先生、聞いてくれてますか~?お願いしますよ私、一生懸命説明してるんですからね。」と言いますが、実は、これ、田村正和のアドリブ。
明石家さんま演じる小清水の目が泳いでいますが、このシーンの撮影直前に、田村正和といざこざがあったためではないかと、噂されています。

明石家さんまがNGを連発する事に業を煮やした田村正和が、「今度間違えたら、私は帰りますよ。」と言った直後、田村正和自身がまさかのNG。

明石家さんまが「あんたも間違えてまんがな!」的なノリでいじり、田村正和が楽屋に帰ってしまったそうです。スタッフの仲介で明石家さんまが謝罪して、撮影は再開したものの、ピリピリした空気が漂い、緊張感のあるシーンが撮影できたと言います。

田村正和と明石家さんまの奇跡の化学反応が楽しめる「しゃべりすぎた男」。放送は、1996年1月10日です。

長澤まさみとの共演が話題になった「ハタチの恋人」

明石家さんまが「タイプ」と公言していた長澤まさみとW主演して話題になったのが、「ハタチの恋人」です。
放送は、2007年10月14日より12月16日まで。TBS系列の「日曜劇場」枠で放送されました。

明石家さんまが演じたのは、典型的な50男・井上圭佑。長澤まさみは、グラフィグデザイナー志望の専門学生・沢田ユリを演じました。

井上圭佑は、「もうこの先ドキドキするような事は無いのだろうな。」と思い、平凡な毎日を送っていたサラリーマンです。出張先のホテルで、偶然出会った初々しいユリに、昔のトキメキを思い出し、再び人生に恋をするという物語です。

平凡で、生活にいささかくたびれた中年男性という設定で、笑顔が少ない圭佑ですが、次第に柔らかな笑顔が見えるようになるのが、ドラマの見所です。
しゃべり方は、いつもの明石家さんま風という評価が多いものの、意外にも良い味があちこちに出ています。

最終話「バージンロード」で長澤まさみと並んで見せる、ほのぼのとした笑顔は、明石家さんまファン必見ですね!

スポンサーリンク

明石家さんまの渋い演技が見られる「空から降る一億の星」

視聴率男と称されていた頃のキムタクと共演し、平均視聴率22.6%を記録したのが、「空から降る一億の星」です。

放送されたのは、2002年4月15日から6月24日、フジテレビ系の「月9」枠です。明石家さんまが初めて「月9」に出演した事でも話題になり、関西地方では視聴率が30%に達した事もありました。

明石家さんまが演じたのは、刑事の堂島完三役。

刑事になりたての頃、当時追っていた殺人犯を拳銃で殺してしまい、その事を心の傷として引きずっているという設定です。木村拓哉は、謎に包まれた青年・片瀬涼を演じています。

「空から降る一億の星」では、明石家さんまは、引退を考えるうらぶれた刑事を演じています。ベンチに座っている姿にも、タバコをくわえている様子にも、うらぶれ感が漂い、明石家さんま出演ドラマ一覧の中でも、渋さが際立っています。

饒舌に喋る明るい明石家さんまの印象が、ガラリと変化する作品です。

関西弁で広末涼子のキラキラを引き出した「世界で一番パパが好き」

明石家さんまが2回目に弁護士役を演じたドラマです。ただし、見所は法廷シーンではありません。ほんわかした娘との掛け合いが見所のドラマです。娘のたみを演じたのは、当時高校生だった広末涼子。

放送は、1998年7月8日から9月23日、フジテレビ系の水曜21時枠です。

明石家さんま演じる岡田善三は、13年前に離婚していましたが、ある日、突然、娘のたみがやってきます。たみは、離婚の原因を父の浮気と聞かされ、父を恨んでいました。

しかし、実際に浮気したのは母親である事が判明し、娘は父と徐々に距離を縮めていくという内容です。

明石家さんま出演ドラマ一覧の中で、明石家さんまが父親の表情を見せる珍しい作品です。
父と娘の掛け合いが、ドラマの中盤から関西弁になります。

たみのちょっぴりぎこちない関西弁に胸キュンとなった視聴者は多いようです。さんま節が広末涼子のキラキラを引き出した作品として、当時、話題になりました。平均視聴率16.5%です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする