【この世界の片隅に】白木リンは死んだのか?座敷わらしの正体は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


この世界の片隅に [DVD]

『この世界の片隅に』に登場する謎めいた女性が白木リンです。
アニメや映画版ではリンと周作の関係を明かすシーンは省かれ、周作と関わりがあったと思われる白木リンが死んだかどうかもはっきりと描かれていません。
白木リンは死んだのでしょうか?

スポンサーリンク

白木リンの生い立ち!北條周作との関係は?

白木リンは貧しい家庭に生まれ、白木リンの父親は娘を裕福な家庭に子守として売りました。
リンは使用人としてこき使われ、その家の子供にいじめられました。
リンはその家を逃げだし、浦野すずの祖母の家の屋根裏に逃げ込みました。

すずの祖母は、屋根裏に女の子が住み着いたことに気づきましたが、素知らぬふりをして食事を与えていました。
その後、リンはすずの祖母の家を出て、電車に乗り、広島の呉市へ行きました。
呉市に着いたリンは、大人の女性に声を掛けられ、喫茶店でアイスクリームを振舞われます。

リンは、そのまま女性に連れられて、朝日遊郭に行き、朝日遊郭で下働きとして働くようになります。
成長したリンは、「二葉館」で遊女として働くようになり、北條周作と出会います。
周作とリンは心を通わせますが、周作はリンとの結婚を家族に反対されて浦野すずと所帯を持ちます。

→未来のミライの都市伝説・元ネタ・裏設定・伏線!?賛否両論になった3つの理由

すずとリンの関係性!白木リンは死んだのか?

北條家に嫁いだすずは、ある日、闇市からの帰りに道に迷ってしまいます。
すずに道を教えたのが白木リンでした。
リンはすずにスイカの絵を描いて欲しいと言い、すずはリンにスイカの絵を描いて渡します。

すずとリンは友情を育みますが、それぞれの背後に周作の影がちらつくようになって関係性に変化が生じます。
すずは、「自分はリンの代わりなのではないか」とコンプレックスを抱き、苦しむようになります。
その頃から、日本の敗戦が濃厚となり、軍港呉への空襲も激しさを増していきます。

すずも敵の機銃掃射を受け、持っていたカバンが弾丸で撃ち抜かれます。
その時、リンから貰った口紅が粉々に砕けてしまいました。
すずは、リンが空襲で死んだのを直感します。

スポンサーリンク

→こうの史代原作!「この世界の片隅に」は実話?昭和19年はどんな年!?

座敷わらしの正体は?リンとすずの思い出の接点はスイカだった

すずと不思議な関係を築いたリンですが、2人が出会った時、リンがすずにスイカの絵を描いて欲しいと言ったのは、昔の出来事にちなんだものです。
すずは幼い頃、祖母の家で座敷わらしを見たことがありました。
すずが昼寝をしていた時、見たことのない女の子が屋根裏から降りてきて、縁側に置いてあったスイカを食べようとしました。

スイカが食べ残しだったため、すずは女の子に新しいスイカを取りに行きました。

しかし、すずが戻ってみると、女の子は姿を消していました。
すずが祖母の家で女の子を見たことを話すと、幸運を呼ぶ妖怪「座敷わらし」ではないかと言われました。

すずの思い出とリンの思い出の接点にある「スイカ」をたどっていくと、座敷わらしの正体は白木リンだとわかります。

リンはすずに見つかった後、すずの祖母の家を出て電車に乗りました。
すずと再会したリンは、すずに「人は死んだら記憶も消えて無うなる。秘密も無うなる。それはそれで贅沢なことかもしれんよ。」と言います。
秘密をいくつも抱えて生きたリンらしい記憶を、すずの中に残した言葉です。

→【この世界の片隅に】北條すずのモデルは実在した?右手は一体どうなったのか!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする