【ゲゲゲの鬼太郎】大逆の四将!黒坊主・鬼童・九尾の狐の時代背景と悪行伝説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


妖怪ビジュアル大図鑑

大逆の四将が第52話で紹介されましたね。
すでに倒された鵺のほかは、「黒坊主」「鬼童」「九尾の狐」です。
黒坊主・鬼童・九尾の狐の時代背景と悪行伝説をご紹介します。

スポンサーリンク

黒坊主は霧のような妖怪!?出会うと伸び上がる!?

黒坊主は、「ゲゲゲの鬼太郎」5期第20話にも登場しています。
その時は、クロヒョウに似た頭部を持つ、霧のような妖怪として描かれています。
百年以上前に美人画の中に封じ込められましたが、封印が解けて絵を買ったねずみ男たちの生気を吸い取りました。

黒坊主は、黒い坊主姿の妖怪で、熊野の民話では出会うと背丈が3倍ほどに伸びます。
銃で撃つと、そのたびに背が伸びて何丈もの怪物と化します。
そして、飛ぶような速さで逃げ去ったとされています。

石川県に伝わる話では、長田川のそばに、目鼻や手足の区別がつかない黒坊主が現れたと言います。
伸び上がり、杖で突かれて川へ逃げ去ったとあり、その正体はカワウソとも言われています。
このほか、大入道や海坊主などの妖怪の別名として、黒坊主の名前が用いられることもあります。

→ゲゲゲの鬼太郎!鬼の力を持つ鬼道衆!鬼人とは?一体何を示す

鬼童は酒呑童子の子供!?悪行が災いして比叡山を追われた稚児だった!?

鬼童は、「ゲゲゲの鬼太郎」に初めて登場する妖怪で、どのような役回りをするのかが注目されています。
鬼童は、「鬼童丸(きどうまる)」という名前で知られる妖怪です。
鬼童丸は、三大妖怪のひとつ、酒呑童子(しゅてんどうじ)と関連して話に出てくることが多い妖怪です。

酒呑童子を倒した源頼光が、弟の家に行った時に、鬼童丸に狙われます。
弟の家の厠に鬼童丸が捕らえられているのを見た頼光は、不用心だから鎖で縛っておくように言いました。
鬼童丸はその事を怨み、雪の中で牛の皮を被って、源頼光を待ち伏せしました。
しかし、それを見抜いた頼光が、鬼童丸を一刀のもとに斬り捨てました。

鬼童丸は、酒呑童子の子供で、産まれながらにして歯が生えそろっていたと伝えられています。
また、もともとは比叡山の稚児で、悪行が災いして比叡山を追われたとも言われています。
比叡山を追われたため、山中の洞穴に移り住み、盗賊となったとされています。

スポンサーリンク

→【鬼太郎】大逆の四将を予想考案!黒幕はぬらりひょんで決定か!?

九尾の狐はチーの姉!?殺生石になった経緯は?

九尾の狐(きゅうびのきつね)は、「ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!!」でチーの姉として紹介されています。

姉が玄翁(げんのう)和尚の法力で封印され、殺生石となったのを怨みに思ったチーが、復讐のために日本にやってきたという話でした。
チーは、中国妖怪のリーダーで、妖怪に丸薬を飲ませて反物に変えてしまいました。

九尾の狐は、中国神話に登場する妖怪で、9本の尻尾を持ちます。
殷(いん)王朝を傾けたとされる美女・妲己(だっき)の正体が九尾の狐とされています。
朝鮮においても、美少女の姿に化けて男性をたぶらかし、その命を奪う存在として描かれています。
日本では、平安末期に鳥羽(とば)上皇の寵姫であったとされる玉藻前(たまものまえ)が九尾の狐の化身として有名です。

玉藻前は、18歳で宮中にあがり、のちに鳥羽上皇に仕える女官となりました。
玉藻前が仕えるようになってから、鳥羽上皇は原因不明の病に伏せるようになります。
鳥羽上皇の病が玉藻前の仕業と見抜いた陰陽師・安倍康成が真言を唱えたことで、玉藻前は九尾の狐の姿を現し、宮中を脱走しました。

その後、九尾の狐は退治され、巨大な毒石に変化して近づく人間や動物たちの命を奪いました。これが殺生石で、殺生石を破壊したのが玄翁和尚です。

→鬼太郎は人間の味方をする理由!昔鬼太郎を助けた人間は誰なのか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする