ALWAYS 続・三丁目の夕日!昭和34年の出来事や流行はこんな感じ!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

どうもサブローです。「ALWAYS続・三丁目の夕日」の舞台となったのは、昭和34年。

鈴木家の人々と六子が東京タワーから東京の街並みを眺め、興奮するシーンがありましたが、当時の人々は、どんな生活を送っていたのでしょうか?
昭和34年の出来事や流行をまとめてみました。

スポンサーリンク

ALWAYS 続・三丁目の夕日、昭和33年に起こった様々な出来事!

昭和34年の社会的な出来事5選

NHK教育テレビ・フジテレビジョンの放送開始

NHK教育テレビは、日本で初めて教育放送を専門に扱うテレビジョン放送局として開局しました。1月10日に東京、同年4月1日に大阪が開局しました。当初は、全日放送ではなく、日中の数時間は中断してテストパターンなどが流されていました。

フジテレビジョンは、3月1日に開局しました。芸能トーク番組「スター千一夜」などが放送を開始しました。

メートル法実施

メートル条約に日本は明治時代に加盟していましたが、「尺・貫」が一般に広く用いられていました。土地と建物の坪表記を除いて、メートル法が完全に実施されたのが、昭和34年です。

ただし、全面的にメートル法が実施されるのは、昭和41年4月1日になります。

伊勢湾台風

9月26日に潮岬に上陸し、紀伊半島から東海地方を中心として、ほぼ全国にわたって甚大な被害をもたらした台風です。最低気圧は895hPa。最大風速は75m/s。

死者 4697名、行方不明者 401名、負傷者 38921名を出した大きな出来事です。ほぼ全国に及んだ経済的被害は破格の規模で、GDP比被害額は関東大震災に匹敵し、東日本大震災との比較対象に達するものとされています。

人的・経済的被害の規模の大きさから、明治維新以後で最大級の自然災害と言われています。

緑のおばさん登場

正式名称は、「学童擁護員」。「緑のおばさん」は愛称です。11月19日に東京都において、この制度が始まりました。

まだ、女性の職場が少なかった戦後復興期に、寡婦の雇用対策として創設された職業です。当時の勤務時間は、午前・午後2~3時間。土日は学校がお休みになるので、週休2日制。日当は315円でした。

日本初のコンテナ専用列車「たから号」運転開始

国鉄は昭和30年から鉄道コンテナの調査研究を始めていましたが、量産型のコンテナとして製作されたのが、「たから」です。「たから」は、11月5日に運行を開始しました。
牽引するのは、EH10形電気機関車でした。

ただし、吹田操車場ー梅田間は非電化であったため、この区間のみ蒸気機関車が牽引していました。

スポンサーリンク

昭和34年に流行したファッション等3選

西部劇ブーム

日本では、戦前から西部劇の人気が高かったとされていますが、昭和22年に「荒野の決闘」が放映され、人気が高まりました。

昭和28年に放映された「シェーン」は、日本の股旅物の木枯らし紋次郎のようなストーリーで、広く親しまれました。

昭和33年には「大いなる西部」、昭和34年には「リオ・ブラボー」が放映されました。「リオ・ブラボー」の「皆殺しの歌」は、非常に有名ですね。テレビでは、ほぼ毎週のように西部劇が放送されていました。

スキーブームの始まり

スキーに日本人が関心を示すようになった出来事は、イタリアで開かれた1956年(昭和31年)冬季オリンピックでした。猪谷千春が日本人で初の銀メダルを獲得しました。

同オリンピックでアルペン三冠王を獲得したトニー・ザイラー主演のスキー映画が、日本で公開され、スキーブームが始まりました。当時は、太めのズボンにセーターが定番でした。

シームレスストッキング流行

縫い目かがりの無いストッキングが「シームレスストッキング」です。
日本に上陸したのは、1952年ですが、当初は、脚に何も着用していないように見えるのが、好まれませんでした。

また、「主婦の友」の「こうすれば」特集で、シームレスストッキングは足が太く見えるからダメと記された事もあります。

しかし、足首部分で編地がたるみにくい事が評価され、人気が出るようになります。

昭和34年にヒットした商品3選

ブルーバード(日産自動車)

乗用車が徐々に人々の暮らしに定着するきっかけを作ったのが、「ブルーバード」です。発売当時の名称は、「ダットサン・ブルーバード」。

ボディタイプは4ドアセダンのみ。全体に中庸を得たスタイルで、機能性が高く、市場の反応は良好でした。ちなみに、女性仕様車である「ファンシーデラックス」が追加されたのは、2年後になります。

シャープナイフ(日本転写紙)

現在、「カッターナイフ」という呼称が使われている文房具は、当初、「シャープナイフ」という呼称でした。

刃に折れ目がついており、切れなくなった先端を折り取れば、新品同様の切れ味を取り戻す方式は、岡田良男氏が考案しました。

板チョコからヒントを得たと言われています。現在、海外100か国を超える国々で販売されています。

スカイピンポン(トミー)

玩具業界にも素材・技術革新の波が押し寄せたのが、1950年代です。金属からプラスチックへと、素材の主流が変化しました。

スカイピンポンやプラスチック汽車が発売されたのが、昭和34年です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする