【なつぞら】東洋動画の仲努のモデルは森康二!?日本初の長編アニメは何だったのか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


連続テレビ小説 なつぞら Part1 NHKドラマ・ガイド

NHK連続テレビ小説「なつぞら」アニメーション編で奥原なつが働くことになるのが、アニメーション会社「東洋動画」です。
東洋動画でなつは、作画監督の仲努のもとで日本初の長編アニメーションの制作に関わっていくことになります。

スポンサーリンク

東洋動画のモデルは東映動画!?東映動画に発足当初から参加していたアニメーターが森康二

なつがアニメーション制作の現場を初めて見学したのは、「新東京動画社」でした。
この新東京動画社がのちに「東洋動画」になるようです。
劇中に登場する東洋動画は、実在のアニメーション会社「東映動画」(とうえいどうが)をモチーフにしているのではないかと言われています。

東映動画は、1956年(昭和31年)7月に発足したアニメ制作会社です。

日動映画の藪下泰司(やぶした・たいじ)と山本善次郎に相談を受けた東映の今田智憲(いまだ・ちあき)が、大川博(おおかわ・ひろし)東映社長に「東洋のウォルト・ディズニーになりましょう」と進言して、買収を決めました。
今田は、「カラー長編制作に加え、ディズニー社を始めとするアメリカの長編アニメ制作会社と提携し、その制作技術を導入すること」を提案しています。

東映動画に発足当初から参加していたアニメーターが、森康二(もり・やすじ)です。
森康二は、アニメーション制作に対する真摯な姿勢と誠実な人柄により、高畑勲や宮崎駿ら、多くの後進に影響を与えました。

「アニメーションの神様」という表現をもって讃える関係者も少なくありません。

→【ちはやふる】競技かるた選手の年収は?名人戦になると賞金も凄い説

仲努のモデルは森康二!?仲努がなつに出したテストは実話を元にしていた

「なつぞら」でなつのアニメーターとしての才能を認めたのが、東洋動画の仲努でした。
なつは、兄の経歴が原因で一度は入社試験を落ちてしまいます。
仲努は、なつに「仕上げ」の入社試験を受けるように勧めます。

仲努は、自ら大量の仕事をこなしながら、若手の指導にあたり、なつ達から慕われます。
そんな仲努のモデルとされているのが、東映動画のアニメーターであった森康二です。
なつのモデルとされる奥山玲子(おくやま・れいこ)も、新人として東映動画で働いていました。

仲努はなつに「斧を手にした少年に動きを付けてアニメーションにする」というテストを出しています。

これは、大塚康生が東映動画に入社を希望した時のエピソードを元にしています。
森康二は、大塚康生に「少年がツチを振り上げて杭を打ち込む様子をアニメーションにする」というテストを出しています。

スポンサーリンク

→ちはやふるのモデル高校は?登場人物は実在するモデルなのか?

日本初の長編アニメは「白蛇伝」!森康二は原画を担当していた

東洋動画のモデルとなった東映動画は、「東洋のウォルト・ディズニーになる」という青写真のもと、日本最初のカラー長編漫画映画「白蛇伝(はくじゃでん)」の制作に取り掛かっていきます。
「白蛇伝」は、中国の四大民間説話のひとつを題材にした作品で、演出は藪下泰司が手掛けています。
仲努のモデルとされる森康二は、原画を担当しています。

「白蛇伝」を制作するスタッフは約40名でしたが、スタッフのほとんどが新人でした。
原画を担当できるのは森康二の他は、大工原章だけでした。
森康二と大工原章は、新人を指導しながら大量の原画を描かなければならず、2人の負担を減らすため、「セカンド(第2原画)」という役職が設けられました。

セカンドは、森班と大工原班に分かれました。
大工原章は「これは」と思った人には原画から任せ、森康二は細部に至るまで人に任せませんでした。
森康二は、部下の絵に対しても、じっくりと時間をかけた絵しか認めなかったと言います。

→NHK朝ドラなつぞらは実話!?広瀬すず演じる奥原なつにモデルは存在するのか!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする