【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漫画「鬼滅の刃」を1巻から読破する

鬼滅の刃の予想考案になります。
竈門炭治郎が父親から教わった「ヒノカミ神楽」と、始まりの呼吸でもある日の呼吸について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

始まりの呼吸「日の呼吸」

日の呼吸とはすべての呼吸の始まり!?
基本五流派とされる「水」「雷」「炎」「岩」「風」の呼吸であり、その呼吸を継ぐ者は、日輪が描かれた耳飾りをしているとされています。
因みに耳飾りを持っている炭治郎は、日の呼吸ではなく水の呼吸を2年の訓練の末習得しています。

また炭治郎の記憶には、日の呼吸に関係する回想が時々登場します。
やはり竈門家は、日の呼吸・・・始まりの呼吸に深く関係していると思われます!

→【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨が竈門家を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

ヒノカミ神楽とは!?強烈な技一覧

下弦の陸・累との戦いで見せた「ヒノカミ神楽」!?
その威力は凄まじく鬼を圧倒させました。

その「ヒノカミ神楽」の技になります。

・円舞
累の強力糸を断ち切る程の威力、真円に近い弧を描く太刀筋で攻撃する

・円舞一閃
円舞と雷の呼吸「霹靂一閃」を合わせた必殺技

・碧羅の天
下弦の壱・魘夢の顎を砕くほどの威力!
円を描く太刀筋を縦に叩きつける

・烈日紅鏡
八の字を描く様な太刀が特徴で、円舞よりも広い範囲を攻撃できる

・幻日虹
高速の捻りと回転による躱し特化した舞で、視覚が優れた相手ほどくっきりと残像が残る

・炎舞
円舞の2連続攻撃

・火車
空中より攻撃する技、幻日虹に繋げて攻撃した

・灼骨炎陽
激しい動きをして繰り出す技、攻撃を受けた鬼は灼けた様な痛みを感じる

・陽華突

・日雲の龍・頭舞い

・爆血刀

という技を炭治郎が繰り出しました。

炭治郎は「日の呼吸」を習得しているわけでない中でも凄まじい威力を見せています。
つまりいずれ炭治郎が「日の呼吸」を体得したら・・・凄まじい事になりそう!

スポンサーリンク

→【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

日の呼吸の継ぐ子と無一郎の関係性

幼い頃に父親から教わった「ヒノカミ神楽」を披露した炭治郎ですが、そのあまりの威力に炭治郎は自分の体がついていかず新たな「自分の呼吸法」を模索し始めています。
未だに「日の呼吸」を完全に体得しているわけではない!?

また記憶喪失でありたった2ヶ月で柱まで上り詰めた天才、霞柱の時透無一郎!
日の呼吸の使い手の子孫といわれるが未だに謎は多い・・・

玉壺との戦いにより、失った記憶を取り戻し炭治郎と同じく痣を発現させ覚醒する。
資質のある日の呼吸の使い手は、生まれながらに赤い痣があるとされています・・・
無一郎は戦いによって覚醒しましたが!?

一方炭治郎にも一応痣はありますが、炭治郎の痣は火傷と傷跡であり自然と出てきた痣とはちょっと違います。
しかし日の呼吸の後継者とされる「日輪の耳飾り」を持ち、「ヒノカミ神楽」を使う事ができます。

つまり無一郎と炭治郎は二人で一人となります!?
無一郎は玉壺との戦いの後、炭治郎とは非常に交友的であり、無一郎の父親は何処と無く炭治郎と似ており、無一郎自身も炭治郎と自分の父親を重ね合わす等、何かしらの関係が伺えます。

時透家と竈門家・・・
もしかしたら時透家には「日の呼吸」、竈門家には「ヒノカミ神楽」を継承させたのかな?とも考えられます。

→【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族と鬼舞辻無惨の関係性!お館様の病気の謎

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする