ホットロードは実話!?NIGHTSの春山は実在した!時代背景を紐解く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

ホットロードを無料視聴する

「ホットロード」は、紡木たく(つむぎ・たく)さんによる少女漫画で、映画が2014年に公開されました。
10代の行き場のない思いが繊細に描かれた作品で、登坂広臣さんが演じた春山洋志には、原作ファンもときめきました。
春山洋志には実在のモデルがおり、「ホットロード」は実話がもとになっているという噂も流れています。

スポンサーリンク

ホットロードの春山洋志はNIGHTSのメンバー!和希との関係は!?

「ホットロード」の春山洋志は、全国に支部を持つ暴走族「NIGHTS」のメンバーの一人です。
NIGHTSの6代目総頭のトオルの任命により、トオルの引退後にNIGHTSの7代目総頭になります。

しかし、総頭をトオルから突然引き継いだことで、周囲からの反発を受けて孤立してしまいます。

漠統に単独で立ち向かおうとし、「トオルがいなくても俺がやる」と宣言したことで、NIGHTSのメンバーは次第に春山についていくようになります。
漠統との抗争が始まろうとする時、恋人の和希に「俺がいなきゃなんもできないような女になるな、いつでも俺を捨てられる女になれ。そんで俺が追っかけていくような女になれ」と言います。

決闘の場に向かう途中、春山はトラックに跳ねられてしまいます。

春山は一命を取りとめ、左半身に麻痺が残りながらもリハビリを続けます。
春山が「死にたくない、和希のために生きたい」と言っていたことを伝え聞いた和希は、春山の思いに応えようと決心します。
その後、春山は仕事を始めることができ、その職場へ弁当を届ける和希の姿が見られました。

→【明智小五郎シリーズ】怪人二十面相の正体は?小林少年との関係性

ホットロードは実話?時代背景を紐解く

漫画「ホットロード」が発表されたのは1986年から1987年にかけてのことです。
1980年代初頭には「なめんなよ」が大ブレイクしましたが、これは暴走族をイメージしたものでした。
暴走族は、1980年前後まで日本全国に存在し、当時の社会背景の中で、ファッション化した趣がありました。

警察庁の1980年11月の調査によると、全国で754グループの暴走族が確認されています。暴走族のメンバーは38902名に及びます。
低年齢化も急速に進んでおり、1976年に比べると、15歳以下の構成員は約25倍に増えています。

1980年代に全国に知られていた暴走族に、「スペクター」「極悪」「ジョーカーズ」「キラー連合」「ブラックエンペラー」「クールス」「ZERO」「エルザ」などがあります。
代表的な抗争事件に七里ヶ浜事件があります。
東京の暴走族「ブラックエンペラー」「スペクター」と神奈川の暴走族「PIERO」「ホワイトナックル」が、湘南の海が見える国道134号線で衝突した事件です。

スポンサーリンク

→【江戸川乱歩】美女シリーズや少年探偵シリーズ!各シリーズの特徴や見所

ホットロードの春山には実在のモデルがいた!?その後の人生は?

「ホットロード」が描いた1980年代は、ヤンキー全盛時代でした。
しかし、普通の女の子たちは「ヤンキーなんてダサい」と思い、近寄ろうとはしませんでした。
そうした関係性を変えたのが「ホットロード」でした。
「ホットロード」の春山洋志によって、「ヤンキーの世界に憧れる普通の女の子」が続出します。

冷たく突き放す一方、惚れた女が本当に危ない時にはちゃんと守ってやるのが、春山です。
男気があって、最後まで女に手を出さない春山に、胸をときめかせる女の子が数多く出ました。
「ホットロード」の世界は実話をもとにしているという噂が流れたのは、そうした憧れの為せる技です。

「ホットロード」が実話をもとにしていると、原作者の紡木たくさんは話していませんが、春山洋志には実在するモデルがいたという噂が広まっています。
実在するモデルとして名前が挙がっているのは、戸塚の暴走族「浮浪(はぐれ)」の初代メンバーです。ネットに広まっている名前は、「春山浩平」です。

実在の春山さんは、その後、重機トレーラーの運転手や長距離運転手になったと言われています。

→【忍びの国】モデルになった天正伊賀の乱とはどんな戦!?伊賀の忍者達の結末は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする