ゲゲゲの鬼太郎!地獄の主・閻魔大王とは妖怪なのか?地蔵菩薩の意味について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


ゲゲゲの鬼太郎(第6期)

閻魔大王とは地獄の罪人を裁く王です。
「ゲゲゲの鬼太郎」では、目玉おやじや鬼太郎と古くからの付き合いという設定です。
そのため、鬼太郎たちに便宜を図ってやることもあれば、鬼太郎たちに地獄で起きた厄介ごとを解決してもらうこともあります。閻魔大王とは妖怪なのでしょうか?

スポンサーリンク

閻魔はインドでは人間の祖だった!?中国に伝わって地獄の裁判官の一人となる

「閻魔」は、サンスクリット語の「ヤマ」の音訳です。
ヤマはインドの古い神格で、人間の祖ともされています。
ヤマは人間で最初の死者となり、死者が進む道を見出しました。

死者の国の王となったヤマは、虚空のはるか奥に住むとされました。
しかし、後代には、赤い衣を着て頭に冠を被り、手に捕縄を持って、死者の霊魂を自らの国に連行すると考えられるようになりました。
ヤマの世界は地下にあると考えられるように変わりました。

インドのヤマは、のちに仏教に取り入れられて閻魔天となり、地獄の主と位置付けられるようになりました。
中国に伝わり、十王信仰と結びつけられ、閻魔は地獄の裁判官の一人となり、信仰の対象となります。
現在よく知られる唐の官人風の衣をまとった姿は、この時代に成立しました。

→ゲゲゲの鬼太郎!日本での逆五芒星の意味とは?悪魔崇拝との関係性について

閻魔大王と地蔵菩薩の関係性!閻魔大王の顔が赤いのは×××だから!?

日本仏教において、閻魔は地蔵菩薩の化身とされています。
閻魔の本地とされる地蔵菩薩は、平安時代になって末法思想が蔓延するにしたがい、広く布教されるようになりました。

鎌倉時代には、閻魔王のみならず十王信仰も普及するようになります。

十王信仰では閻魔大王とは、5番目の裁判の担当官です。

閻魔大王の法廷には、浄玻璃の鏡(じょうはりのかがみ)という特殊な鏡があります。
この鏡には亡者の生前の一挙手一投足、主に生前に犯した罪の様子が映し出されます。
もし亡者が閻魔大王の尋問に嘘をついていたことが判明したら、舌を抜かれてしまいます。

亡者を裁くという罪を背負うことで、閻魔大王も罰せられているとされています。
閻魔大王は1日に3度も熱せられた銅を飲まされます。
閻魔大王の顔が赤いのは、その痛みに苦しんでいるためとも言われています。

スポンサーリンク

→ゲゲゲの鬼太郎!名無しの正体!?陰陽師・一刻堂との関係性は?

閻魔大王と妖怪との関係性!火車や地獄童子との関係は?

「ゲゲゲの鬼太郎」で閻魔大王は目玉おやじや鬼太郎と付き合いが長いという設定になっていますが、妖怪で地獄に落ちるような亡者と関わりがあるのは、「火車(かしゃ)」です。
火車は、悪行を積み重ねた末に死んだ者の亡骸を奪うとされる妖怪です。

火車の正体は猫の妖怪とされることが多く、年老いた猫が火車に変化するとも言われています。

火車は、閻魔大王の特命を受け、成仏の道を外れて現世をさまよう穢れた魂を迎えに来ます。
「ゲゲゲの鬼太郎」6期では、火車の老い衰えた姿が描かれます。
火車は、ねずみ男の悪だくみによって妖力を回復し、鬼太郎を倒します。
その後、年金の不正受給をしていた中年男性と入れ替わり、人間社会に潜り込んでしまいます。

「ゲゲゲの鬼太郎」3期に閻魔大王の従者として登場する半妖怪が「地獄童子(じごくどうじ)」です。
はじめ鬼太郎と敵対していましたが、のちに和解して共闘します。

閻魔大王は、「ゲゲゲの鬼太郎」3期の地獄編ではぬらりひょんに操られていました。
地獄童子は、ぬらりひょんを撃破した後、地獄の平和を守っていくために地獄に残ります。

→鬼太郎に片目がない理由!目玉のおやじの正体と誕生秘話

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする