ALWAYS三丁目の夕日!昭和33年の出来事、日本ではこんな事が起きていた!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

どうもサブローです。「ALWAYS三丁目の夕日」は、昭和へのノスタルジーを呼び起こすきっかけになった映画です。
作品の世界に入り込むには、時代背景を理解するのが一番!

舞台となった昭和33年。日本では、一体どんな出来事があったのでしょうか?
昭和33年の出来事をまとめてみました。

スポンサーリンク

ALWAYS三丁目の夕日、昭和33年に起こった様々な出来事!

昭和33年の社会的な出来事5選

皇太子妃決定

皇太子・明仁親王と正田美智子さんの婚約を、宮内庁が11月27日に発表しました。おふたりは、現在の天皇、皇后両陛下です。初めて民間からお妃が迎えられるという事で、ミッチー・ブームが巻き起こりました。

皇太子との「テニスコートの恋」によって結婚に至った事、美智子さんがミッション系大学の出身者である事を、マスメディアが報じて、大きな話題になりました。ご婚約を契機にテレビが普及しました。

岩戸景気の始まり

昭和36年12月までの42ヶ月続いた高度経済成長時代を「岩戸景気」と言います。
若年サラリーマンや労働者の収入が急速に増加して、国民の間に「中流意識」が広がって行きました。スーパーマーケットが出現し、従来の流通経路に変化が生じる事になる出来事です。

東京タワーの完成

東京タワーの正式名称が「日本(にっぽん)電波塔」という事をご存知でしたか?日本の塔博士と称される内藤多仲らによる設計です。

着工は、昭和32年6月29日。9月21日に定礎式を行なっています。愛称の「東京タワー」が決定したのは、昭和33年10月9日です。

12月23日に完工式が行われました。一般公開は、翌24日9時からでした。

国民健康保険法制定

日本の現在の社会保障制度の基本となっているのが、「国民健康保険法」です。それ以前は組合方式でしたが、昭和33年に市町村運営方式になりました。ちなみに、国民皆保険体制が整えられたのは、昭和36年です。12月27日に制定されました。

初のバレンタイン・チョコレート販売

初めて日本でバレンタインデーにチョコレートを売り出したのは、メリーチョコレート会社です。販売したのは、新宿の伊勢丹。「バレンタインセール」と手書きの看板を出しました。3日間のセールで売れたのは、30円の板チョコ5枚(ちなみにコッペパンが1個5円でした)、4円のカード5枚だけでした。

スポンサーリンク

昭和33年に流行したファション等3選

サックドレスが爆発的人気

「サック」とは袋の事です。サックドレスとは、ずん胴形でウエストラインをマークしないドレスです。1958年(昭和33年)のパリコレクションで発表されて、世界中で大ヒットしました。

フラフープが大流行

アメリカで大流行した事を受け、昭和33年10月18日に東京都の各デパートで販売が開始されました。価格は、大人向けが270円、子供向けが200円でしたが、1ヶ月で80万本が売れました。

フラフープは美容と健康に良いと宣伝され、競技大会も開催されました。しかし、11月には各地で内臓障害や事故の事例が報告されるようになり、厚生省もフラフープと健康障害への影響を検討するようになります。

ブームは急速に沈静化し、40日足らずで日本のフラフープブームは終わりました。

オートバイ「スーパーカブ」が新発売

2017年中に世界生産累積台数が1億台に達成するとされるスーパーカブ。本田技研工業が製造販売する小型オートバイです。

昭和32年に試作完成。昭和33年にはC100シリーズが販売されるようになります。
高性能で耐久性に優れ、圧倒的な成功を収めました。

昭和33年にヒットした食品3選

缶ビール(アサヒビール)

ビール需要が大きく伸び始め、昭和33年になると、日本で初めての缶入りビールが登場します。割れにくく、どこへでも持ち運べるため、アウトドアでのビールの楽しみを広げました。

当時の缶ビールは、スチール缶で、缶のフタに缶切りで切り込みを入れて開けるものでした。

グリコアーモンドチョコレート(グリコ)

当時のチョコレートの主流は板チョコでした。ひと山にアーモンドを1粒入れたチョコレートは奇抜でした。
箱のデザインも、白地に赤の十字と斬新で、人目をひくものでした。セロファンがかかっているのも珍しく、高級感漂うチョコレートでした。

チキンラーメン(日清食品)

85グラム入りで35円。ちなみに、当時の国鉄の初乗りが10円でした。チキンラーメンの発売によって、それまでの「支那そば」「中華そば」にかわり、「ラーメン」という呼び名が全国的に広まりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする