大泉洋主演ノーサイドのあらすじ!?原作やタイトルの意味は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

大泉洋さんが、7月期のTBS日曜劇場で主演を務めることが発表されました。
ドラマの仮タイトルは、「ノーサイド」です。
「ノーサイド(仮)」の原作は池井戸潤の書き下ろし新作小説で、話題になっています。
どんな内容なのでしょうか?

スポンサーリンク

大泉洋が演じるのは左遷された中堅サラリーマン!ラグビーチームの再建を任される

「ノーサイド(仮)」の原作は、まだ発売されていない新作です。
刊行されるのは2019年夏と予定されています。
ドラマの放送と同じ時期ということになりますね。

ドラマ「ノーサイド(仮)」は、「トキワ発動機」で出世コースを歩んできた中堅サラリーマンの君嶋隼人が、思いがけず左遷されるところから、物語が始まります。
左遷の理由は、上司が主導してきた企業買収に異論を挟んだためです。
幹部候補と言われてきた君嶋は、出世レースから降りざるを得なくなります。

大泉洋さんが演じるのは、挫折を味わった主人公の君嶋隼人です。
主人公は、地方の工場に総務部長として赴任することになります。
大泉洋さん演じる君嶋は、合わせて、トキワ発動機ラグビーチームのゼネラルマネージャーを任され、成績が低迷していた「アストロズ」の再建にあたります。

→時効警察1話から最終話までの無料視聴方法!犯人と各話のあらすじ一覧

大泉洋が演じるのはゼネラルマネージャー!どんな役割を担うのか?

ゼネラルマネージャーは、チームの顔として積極的にメディアに登場することが多い役職です。
ゼネラルマネージャーの役割は、チーム作りのプロセスをデザインすることとされています。
実戦の指揮をとってチームを強くするのは、本来は監督の仕事です。

ラグビー日本代表に「ゼネラルマネージャー」という役職が出来たのは2013年のことです。
その後、日本ラグビー協会は、ゼネラルマネージャー制度を廃止しました。
2017年からは総監督制度が導入されています。

総監督は、ゼネラルマネージャーとヘッドコーチの両方の仕事をしていくことになります。
ヘッドコーチは、ラグビーでは監督の仕事の代行を行うことが多い役職です。
主に、試合に向けての準備や選手の調子の把握を行なっていきます。
「ノーサイド(仮)」の君嶋は、総監督に近い立ち位置と思われます。

スポンサーリンク

→帰ってきた時効警察1話から最終話までの無料視聴方法!犯人と各話のあらすじ一覧

タイトルのノーサイドとは?試合終了後にどうなるのか!?

大泉洋さんが演じる主人公の君嶋は、ラグビーの知識が全くないという設定です。
そんな主人公がゼネラルマネージャーを任され、四苦八苦する姿が描かれます。
君嶋の苦闘と「アストロズ」の苦戦ぶりが重なります。

そうした先に見えてくるのが試合終了の一瞬です。
タイトルとして公表されている「ノーサイド」は、ラグビーで「試合終了」を意味する言葉です。
戦いを終えたら敵も味方もなく、「同じ仲間になる」という精神を表します。

現在は、ラグビーの本場イングランドでも、試合終了は「フルタイム」と言っており、「ノーサイド」が使われているのは日本だけのようです。

ラグビーの試合終了後は、両チームの選手やスタッフ、審判団や関係者などが、一堂に会して軽食を楽しみながら、お互いの健闘をたたえ合い、労を労うのが慣例です。
そうした「ノーサイド」の精神に触れ、視野を広くした主人公が、仕事をすることの意味を問い直す物語になりそうです。

→池井戸潤作品が観れる無料動画配信サイト一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする