特撮好き必見!トクサツガガガがオススメな3つの理由と見所について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

今なら「トクサツガガガ」1巻が無料で試し読み

丹羽庭さんによる漫画『トクサツガガガ』が小芝風花さん主演でドラマ化されますね。
『トクサツガガガ』は、特撮好きのOLが自分の趣味に正直になっていく姿を描いています。

特撮好きは必見、特撮に関心を持たなかった人も、世界が広がる作品です。
『トクサツガガガ』がオススメな3つの理由を見所を踏まえてご紹介します。

スポンサーリンク

特撮好き必見!トクサツガガガがオススメの3つの理由

好きな特撮をきっかけに世代を超えた交流が描かれるから

主人公の仲村叶(なかむら・かの)は、特撮好きですが、職場では自分の特撮好きを隠しています。

しかし、困ったことに遭遇すると、叶の脳内は特撮モードに切り替わります。

叶にしか見えない特撮ヒーローが現れ、叶に言葉を掛けます。
叶は、特撮ヒーローの言葉に勇気づけられ、ピンチを乗り越えていきます。

叶が特に好きなのは戦隊モノで、作中劇「獅風怒闘ジュウショウワン」ではシシレオー推しです
シシレオーをゆるキャラのキーホルダーの中に紛れこませる「ゆるキャライクトゥス」により、叶は年上の吉田さんと知り合います。
吉田さんは特撮からの卒業を考えていましたが、叶との再会をきっかけに、特撮への愛を持ち続けます。

小学生の田宮くんとも、「ジュウショウワン」好きから叶は知り合います。
「ジュウショウワン」のカプセル台を回したかった叶の前に田宮くんは現れ、叶に「ダミアン」というあだ名をつけられます。

田宮くんは、吉田さんに好意を寄せており、叶にはたびたび心に突き刺さる名言を放ちます。

スポンサーリンク

→ドラマ3年A組-今から皆さんは、人質ですのあらすじ!生徒役のキャスト一覧

オタクあるあるがコミカルに描写されているから

叶は、特撮好きをひた隠しにしています。
同じように自分の趣味を隠しているのが、叶の勤める「金城商事」に途中入社してきた北代さんです。
北代さんは、前の職場でアイドルオタクであることが露見して、周囲の人にいじられたのが嫌で離職しました。

そこで、転職後は、自衛のために人付き合いをしないようにしています。
しかし、オタクとして叶と通じ合えたことから、ほどほどに人付き合いをするようになります
オタクバレした北代さんは、のちに離職の原因を作ったミヤビさんともオタク遊びをするようになります。

隠れオタクの「あるある」が散りばめられているのが『トクサツガガガ』です。

「趣味が一緒だと分かっていても、相手のディープ度が分からなくて探り合いになる」「オタク仲間との関係性が説明できない」など、特撮オタクに限らないオタクの日常の「あるある」がコミカルに描写されています。

毒親的な母親との結末が現実的に描かれるから

叶が特撮オタクを隠すようになったのは、母親の影響です。
叶の母親は、娘が小学生になっても特撮にハマっているのを嫌い、娘に女の子らしい趣味を押し付けてきました。
娘がこっそり買ってきた『てれびくん』で焚き火をし、その事件は叶の強烈なトラウマとなっています。

一度は特撮を卒業した叶ですが、大学入学後の一人暮らしで特撮オタクに返り咲きます。
妹の特撮好きが復活したことを知った叶の兄は、そのことを母親には伏せています。
叶は、吉田さんを始めとする仲間を得て、次第に特撮好きに対する引け目をなくしていきます。

そして、母親に正直に本心を打ち明けようと思うようになります。

打ち明ける決心がつかないうちに、とうとう母親に特撮好きが復活したことがバレてしまいます。
その後に描かれる叶と母親の姿は、一方的な価値観を押し付けるものではありません。
比較的現実的な落としどころが描かれるのが、『トクサツガガガ』の見所の一つです。

→「家売るオンナ」おすすめの動画視聴サイト、三軒家万智が売った家一覧とエピソード!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする