【いだてん】三島弥彦の史実!日本初のオリンピック代表選手の実力は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


いだてん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)

2019年NHK大河ドラマの主人公・金栗四三の親友として登場するのが、三島弥彦(みしま・やひこ)です。

三島弥彦は、金栗四三と共に日本初のオリンピック代表選手となりました。
ドラマでは生田斗真が演じます。三島弥彦の史実に迫ります。

スポンサーリンク

学業優秀でスポーツ万能!審判員を断って観戦に行ったところで競技に参加した!?

三島弥彦は、1886年(明治19年)2月23日に東京府東京市麹町区(現在の東京都千代田区)に生まれました。
父は警視総監の三島通庸、兄に銀行家の三島彌太郎がいます。
弥彦は学業優秀で、学習院から東京帝国大学法科に進学しています。

弥彦は当時の日本人男性としては長身で、日本人男性の平均身長が155cmだった時代に170cmありました。
スポーツ万能で、野球、ボート、スキー、柔道、乗馬、相撲、スケートなどで才能を発揮しています。
また、審判としても早慶戦などの試合に参加していました。

ストックホルムで開かれる国際オリンピック大会予選競技会に、三島弥彦は審判委員として参加を要請されています。
弥彦は、審判員を務めることを断りましたが、観戦だけしようと会場に赴きました。

しかし、会場に到着すると、じっとしていることが出来ず、競技に加わりました。

→NHK大河ドラマいだてんは実話それともフィクション!?時代のまとめ

飛び入り参加で目覚ましい成績を残してオリンピック代表選手に選ばれる

国際オリンピック大会予選競技会に飛び入り参加した三島弥彦は、短距離徒競走の100m、400m、800mで第1位、200mで第2位を獲得します。
そして、金栗四三と共にオリンピック派遣選手に選ばれます。
派遣が決まった後、弥彦は金栗四三と二人でアメリカ大使館書記官・キルエソンに陸上競技の技法を学びました。

弥彦は、タイムをどんどん縮めていきましたが、「かけっこ」のために渡航してよいものかと悩みました。
欧米人のスポーツショーの見世物にされるという誤解にも苦しめられたと言います。

しかし、東京帝国大学総長の励ましもあって卒業試験が延期となり、弥彦は五輪出場を決意します。

1912年(明治45年)5月16日に三島弥彦はストックホルムへと旅立ちました。
弥彦が所属していたスポーツ団体「天狗倶楽部」や、慶應義塾野球部のOB会「東京倶楽部」のメンバーが見送りました。

日本代表は、船でロシアのウラジオストクに渡り、シベリア鉄道を使ってストックホルムへと向かいました。2週間の長旅でした。

スポンサーリンク

→【いだてん】東龍太郎都知事の経歴や実績!オリンピック知事の史実に迫る

日本初のオリンピック短距離代表選手の実力は?大会後は競技から離れた

7月6日の開会式で三島弥彦は旗手を務めました。
日本の出場選手は弥彦と金栗四三の2名のため、行列人数が少なく、観客の同情をひいたと言われています。
その日の午後、弥彦は短距離予選に出場しますが、最初の100m予選でトップに1秒以上の差をつけられてしまいます。

弥彦は意気消沈し、金栗四三に「金栗君。日本人にはやはり短距離は無理なようだ」と語ったそうです。
200m予選でも弥彦は最下位になってしまいました。
400m予選では、100mと200mで金メダルを取ったアメリカの選手が棄権したことで、弥彦は準決勝進出の権利を得ます。

しかし、弥彦は右足の痛みを訴えて棄権しました。

金栗四三の競技も終えると、三島弥彦は4年後のベルリン大会での雪辱を誓い、閉会式の前に出国して次回開催国のドイツに向かいました。
ベルリンでは会場などの視察をし、砲丸や槍投げなどの日本ではあまり知られていなかったスポーツ用品を購入して帰国しました。

1913年(大正2年)に東京帝国大学を卒業した弥彦は、兄の彌太郎のいる横浜正金銀行に入行して、青島支店支配人や検査人などを歴任しました。
ベルリン大会は第一次世界大戦の影響で中止となりました。

1920年(大正9年)にアントワープ大会が開催されましたが、すでに肉体的に衰えを感じていた弥彦は、予選会にも出場しませんでした。

その後、1954年(昭和29年)2月1日に死去するまで、三島弥彦がメディアに登場することはありませんでした。

→【いだてん】たけし演じる古今亭志ん生の史実!どんな落語家だったのか!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする