【いだてん】東龍太郎都知事の経歴や実績!オリンピック知事の史実に迫る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


いだてん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)

2019年のNHK大河ドラマは、「オリンピック」をテーマに、明治から東京に五輪がやってきた1964年までを描きます。
松重豊が演じる東京都知事の東龍太郎(あずま・りょうたろう)は、どんな経歴や実績の持ち主でしょうか?

東龍太郎都知事の史実に迫ります。

スポンサーリンク

ロンドン大学に留学して帰国後は東京帝国大学で教鞭をとる!学長から政治家に転身

東龍太郎は、1893年(明治26年)1月16日、医師の東藤九郎の長男として大阪府大阪市に生まれます。

天王寺中学校、第一高等学校(現在の東京大学教養学部、千葉大学医学部・薬学部の前身)を経て、東京帝国大学医学部に進みます。
卒業後はロンドン大学に留学し、物理化学・生物学を専攻しました。

帰国後は東京帝国大学に就職します。
1934年(昭和9年)に教授に昇進しました。
戦時中は、海軍司政長官、南西方面海軍民政府衛生局長、結核予防会理事を歴任しました。

戦後は、厚生省医務局長等を経て茨城大学長になっています。
1959年(昭和34年)、自由民主党の推薦で東京都知事に立候補します。
日本社会党等が推した有田八郎らを破って当選を果たし、4代目東京都知事となります。

→【いだてん】金栗四三の史実!箱根駅伝を創った男はどんな生涯を歩んだのか!?

スポーツ医学の草分けだった!IOC委員からオリンピック知事へと転身

東龍太郎は、大学在学中からボート競技の選手として活躍していました。
その後も日本におけるスポーツ医学の草分けとなっています。
東京都知事に就任する前にもスポーツ振興に造詣が深く、1947年(昭和22年)から日本オリンピック委員会委員長を務めています。

1950年(昭和25年)からはIOC委員を務め、国際スポーツ界に通じ、東京オリンピックの誘致に深く関わりました。
近年見つかった日記には、東龍太郎都知事の決意が認められています。

「オリンピックこそ、日本が小さな島国から大きな世界の先進国に生まれかわるチャンス、東京が“国際都市”に生まれ変わる大きな契機!」

ただし、1964年東京オリンピック開催に向けたプロジェクトを軌道に乗せた功績は、副知事で後に都知事となった鈴木俊一によるところが大きいと評価されています。
そのため、「東副知事・鈴木知事」と揶揄する向きもありました。

ちなみに、鈴木俊一は東京副知事を退任した後、大阪万博に携わっています。

スポンサーリンク

→【いだてん】田畑政治の経歴!東京オリンピックと関係の深い男の史実とは!?

人柄は良かったが民生に対する施策は欠けていた!?都知事退任後は学長を務めた

東龍太郎都知事は、人柄がよく、誰に対しても分け隔てなく愛想よく振舞ったとされています。
人によって居丈高になるようなことも無かったと言います。
ただし、民生に対する施策は、欠けている面が強かったと指摘されています。

東京オリンピックが開催された1964年に、東京都は水不足に陥りました。
取水制限になったことで批判があった際、東龍太郎都知事は「雨が降らないから」と応えています。
そのため、東京都の水利政策がきちんとしていないという批判が起こりました。

東京オリンピック開催が成功した後は、高度経済成長の歪みの問題が続出しました。
東龍太郎都知事は公害問題への対処が甘く、保守政党による都政に都民は倦怠感を募らせるようになりました。
東龍太郎は、1967年(昭和42年)に都知事を退任し、その後は東邦大学の学長を務めています。

1983年(昭和58年)5月26日、肺炎のため逝去。享年90。

→【いだてん】たけし演じる古今亭志ん生の史実!どんな落語家だったのか!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする