レ・ミゼラブルは実話?元ネタやモデルはあるのか?時代背景はいつ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

レ・ミゼラブル

『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』が、フジテレビ開局60周年特別企画スペシャルドラマとして2019年1月6日に放送されます。
ディーン・フジオカさんと井浦新さんのダブル主演で、設定を平成の日本に置き換えています。「レ・ミゼラブル」は実話でしょうか?

スポンサーリンク

ミリエル司教にはモデルがいた!ようこそ閣下と呼ばれていた!?

「レ・ミゼラブル」は壮大な愛の物語です。
原作はミリエル司教の人生に関する記述で始まります。
ミリエル司教はディーニュという田舎町の司教で、誰のことも疑わず、人々に「ようこそ閣下」と呼ばれていました。

ミリエル司教のもとをある晩訪れたのが、「レ・ミゼラブル」の主人公ジャン・バルジャンでした。
ジャン・バルジャンは貧しさのために盗みをして、19年も刑務所で過ごした結果、社会への憎悪に固まっていました。
ジャン・バルジャンは、ミリエル司教のところから銀食器を盗みます。

憲兵に連行されてきたジャン・バルジャンを見て、ミリエル司教は「銀食器は贈り物として差し上げたものです」と言います。

憲兵が立ち去ると、ミリエル司教は、ジャン・バルジャンに言います。

「私が購うのはあなたの魂です。私は暗い思想と破滅の精神からあなたの魂を引き離し、神へお渡しするのです。」

ミリエル司教は、フランソワ・メルキオル・シャルル・ビヤンヴニュ・ドゥ・ミオリスという人物をモデルにして描かれたことが知られています。
「ビヤンヴニュ」とはフランス語で「ようこそ」の意味です。

→ファンタスティック・ビーストとハリーポッターの関係!違いや類似点についてのまとめ

コゼットにもモデルがいた!夫人アデールの美貌と愛人ジュリエットの境遇が一致する

ジャン・バルジャンが絶対的な愛情を注いだのがコゼットです。
コゼットは、ジャン・バルジャンがマドレーヌ市長として助けた女性・ファンティーヌの娘です。

女性の愛情を知らずに生きてきたジャン・バルジャンと、親の愛情を知らずに成長していたコゼットは、強い絆で結ばれていきます。

コゼットのモデルは、原作者・ユーゴーの夫人アデールと言われています。
コゼットの美貌と彼女への愛情は、若き日のユーゴーを惹きつけたアデールと符合します。
ただし、アデールは両親と別離して育ってはいません。

幼いコゼットの境遇は、ユーゴーの愛人のジュリエット・ドルーエと一致しています。
ジュリエットは、両親と別離し、非情なおじに育てられ、その後、修道院に入っています。
コゼットとマリユスが結婚した「マルディ・グラ」は、ユーゴーとジュリエットが正式に愛人関係を結んだ日です。

スポンサーリンク

→海外ドラマ「グッドワイフ」のあらすじ最後はどうなる?日本のリメイク内容は!?

時代背景は?ユーゴーは政治家でもあった!?

ジャン・バルジャンと、彼が絶対的な愛を捧げるコゼットとマリユスが、「レ・ミゼラブル」の後半の中心人物です。
この3人を中心とした運命の渦は、七月革命の影響で混沌のなかにあるパリを駆け回ります。

そして、1832年6月5日に勃発する六月暴動へと向かっていきます。

「レ・ミゼラブル」にはナポレオン1世没落直後の1815年から、七月革命後の1833年までの18年間が描かれています。
「レ・ミゼラブル」は実話ではありませんが、当時のフランスを取り巻く社会情勢や民衆の生活は、物語の背景として詳しく描写されています。
七月革命と六月暴動の回想や記憶は、随所に挿入されており、実話と思わせる効果を生んでいます。

ちなみに、ユーゴーは小説家として知られていますが、七月王政時代からフランス第二共和政時代には政治家としても活躍していました。

政治家としてのユーゴーは、死刑廃止運動、教育改革、社会福祉などを主張しました。
ナポレオンが独裁体制を樹立したときには、ナポレオンを批判して亡命を余儀なくされています。亡命期に「レ・ミゼラブル」を完成させています。

→【観覧注意】本当に怖いハリーポッターの都市伝説&怖い話

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする