小説メゾン・ド・ポリスのあらすじ!退職刑事の事件簿で起こった事件とは!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

メゾン・ド・ポリスの原作をチェック

2019年1月からTBSの金曜ドラマ枠にて「メゾン・ド・ポリス」が放送されますね。
主人公の新米刑事・牧野ひよりを演じるのは、演技力に評価が高い高畑充希さんです。

原作は加藤実秋(かとう・みあき)氏の小説「メゾン・ド・ポリス」シリーズです。
小説「メゾン・ド・ポリス」のあらすじをご紹介します。

スポンサーリンク

デスダンス事件の再来!?新米刑事と元警察関係者たちの不思議な捜査会議が始まる

ある日、ひな菊町で男性が焼殺され、その様子が動画配信サイトでライブ配信されるという事件が発生しました。
動画のタイトルは「デスダンス事件の再来」となっており、5年前に発生した「デスダンス事件」の模倣犯が疑われました。
「デスダンス事件」を当時担当した刑事の夏目惣一郎(なつめ・そういちろう)は、すでに退職していました。

新米刑事の牧野ひよりは、新木課長に懇願し、捜査に加えてもらいます。
ひよりが最初に命じられたのは、夏目から話を聞くことでした。
夏目は、現在は退職した警察関係者のみ5名が暮らすシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」に住んでいました。

夏目は頑なに口を開くことを拒みました。

しかし、元科学捜査のプロである藤堂雅人(とうどう・まさと)や、現場主義の元刑事である迫田保(さこた・たもつ)が乗り気になります。
そして、元警察庁のキャリアの伊達有嗣(だて・ありつぐ)が「上には一言掛けておきましょう」と言い、ひよりと元警察関係者たちの捜査会議が始まります。

→「犬神家の一族」は実話をモデルにしたのか?片倉財閥との関係性について!?

模倣デスダンス事件は他殺じゃなかった!?ひよりと夏目の関係は?

ひよりが即席チームを組んだのは夏目でした。
夏目は現役と言っても不思議ではない年齢で、「メゾン・ド・ポリス」の面々は夏目の刑事としての能力を高く評価していました。
そんな夏目がシェアハウスの雑用係として過ごしていることに、同居人たちは心を痛めていました。

ひよりは、夏目や他の退職警察関係者の指導を受け、「デスダンス」の模倣事件を解決します。模倣事件は被害者の自作自演でした。
自殺を他殺と見せかけようとしたのが、「デスダンス事件の再来」の真相でした。

模倣「デスダンス事件」を手始めとして、ひよりは「メゾン・ド・ポリス」の面々と事件を解決していくことになります。
その中で、ひよりは夏目と距離を縮めていきます。
ひよりが不思議に思っていたのは、夏目が退職した理由でした。

スポンサーリンク

→天才・東野圭吾作「手紙」に原作はあったのか?感動の結末とは!?

ひよりと夏目の協力関係は続く!ひよりの父親が失踪した理由は×××だった

ある日、池原美砂という女性が「メゾン・ド・ポリス」に夏目を尋ねてきました。
夏目は、2年前に強引な取り調べで容疑者・池原信吾を自殺に追い込んでいました。
美砂は池原信吾の妻で、ガンを患い、余命3年との宣告を受けていました。

事情を知った夏目は、美砂に真相の究明を約束して、1人で捜査を開始します。
その後、「メゾン・ド・ポリス」の面々が夏目に協力します。
ひよりも、事件に自分の父親の失踪事件が関わっているかもしれないとの思いから、捜査に協力することにします。

やがて、ひよりの父親が10年前に失踪したのは、「二十一世紀建設企画」から「未来政治研究会」へのお金の流れを掴み、青幸組の脅威から家族を守るためだったことが判明します。
事件は、USBメモリのデータが証拠となって解決しました。

池原美砂は、事件の真相が明らかになったことを喜び、残りの人生をホスピスで過ごすことにしました。小説では、ひよりに1通のメールが届くところで新たな展開が示唆されます。

→【白い巨塔】原作とドラマ(映画)の結末の違いは?内容を比較

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする