「犬神家の一族」は実話をモデルにしたのか?片倉財閥との関係性について!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

犬神家の一族

「犬神家の一族」が2018年12月24日にフジテレビ系列で放送されます。
金田一耕助をNEWSの加藤シゲアキさんが演じます。
「犬神家の一族」にはモデルがあると言われています。

スポンサーリンク

犬神家のモデルは片倉財閥!?那須は諏訪をモデルにしている

「犬神家の一族」は、横溝正史の著作の中で最も人気が高い作品です。
「犬神家の一族」は、近代の日本の地方に根深く残る、習俗の世界が物語の舞台となっています。
横溝正史は、結核の転地療養のため、1934年7月から1939年12月まで長野県上諏訪に移り住んでいます。

「犬神家の一族」は、信州諏訪を物語の主な舞台にしています。
犬神家というのは、信州那須湖畔に本拠を置き、信州財閥の巨頭で、「日本の生糸王」と呼ばれた犬神佐兵衛の一族です。「那須」は諏訪をモデルにしています。

諏訪には、製糸業で財を成した片倉財閥の本拠地がありました。

片倉家を発展させたのが、「日本のシルク・エンペラー」と呼ばれた二代目片倉佐一です。
片倉佐一の「佐」は、犬神佐兵衛の「佐」を連想させるものとして注目されています。
また、片倉佐一が諏訪湖畔に建てた邸宅や別荘も、犬神家の那須湖畔にある和洋を重ねた邸宅を彷彿とさせます。

→【白い巨塔】原作とドラマ(映画)の結末の違いは?内容を比較

犬神家のモデルとされる片倉財閥とは?同じなのは×××という点だけ!?

犬神家のモデルとされる片倉財閥は、1873年に片倉市助が長野県諏訪郡川岸村で座繰り(ざぐり)製糸を開始したのが始まりです。
二代目の片倉佐一の時に東京京橋に進出しました。以降、業容を拡大し、一財閥を形成します。

創立50年を記念して建設されたのが、諏訪市にある片倉館です。
片倉館は温泉施設で、片倉佐一が欧米の視察旅行を行った際に、先進諸国で文化福祉施設が充実していることに感銘を受けて建てたものです。
2011年に浴場、会館、渡廊下の3棟が国の重要文化財に指定されました。

片倉財閥は、戦後の財閥解体で解散となりました。
片倉家には、もちろん遺産相続殺人なぞありません。
「信州の生糸王」という点が犬神家の設定と同じというだけです。

スポンサーリンク

→【アンフェア】黒幕の正体は誰?意味わからん人の為に解説します!

「犬神家の一族」の核心は佐清!?仮面の男は1人じゃなかった!?

「犬神家の一族」ではミステリーの核心は、2人の人物の身体的な同一性にあります。
青沼静馬は、戦争で顔が潰れ、仮面を被って犬神佐清(すけきよ)になりすまします。
静馬は、復讐と同時に財産の横領を狙います。

ただし、仮面の男は2人いました。もう1人は佐清本人でした。
佐清は、母親の松子夫人を守るために、静馬に協力します。

静馬と佐清が適宜入れ替わることで、仮面の男は周囲の疑惑の目をかいくぐります。
12月24日放送のフジテレビ系列のドラマでは、賀来賢人さんが佐清を演じます。
賀来賢人さんは、佐清について「佐清は不気味、そして実はとても悲しい人物で、犬神家における象徴的な人物だと思います」とコメントしています。

→天才・東野圭吾作「手紙」に原作はあったのか?感動の結末とは!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする