天才・東野圭吾作「手紙」に原作はあったのか?感動の結末とは!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

Huluで映画「手紙」を無料視聴

人気作家・東野圭吾さんの代表作『手紙』がドラマ化されますね。
主演が亀梨和也さんで話題になっています。

ドラマでは、原作『手紙』の刊行当時(2003年)より、情報の拡散力が広がっていることを踏まえ、手紙とSNSの対比が描かれます。
現代版の『手紙』を鑑賞するにあたり、原作を振り返ってみました。

スポンサーリンク

東野圭吾作『手紙』の原作は?発行部数は240万部に達している

『手紙』は、2001年7月1日から2002年10月27日まで「毎日新聞」日曜版に連載されたのが原作です。
2003年3月1日に毎日新聞社から単行本が刊行されました。
東野圭吾作『手紙』は、第129回直木賞候補作です。

2006年に映画化され、11月3日に公開されています。
この時に主演したのは山田孝之さんでした。
主人公の精神的支えとなる白石由実子は沢尻エリカさんが演じました。

映画化に合わせ、10月10日に文春文庫版が刊行され、文庫版は1ヶ月で100万部以上を売り上げています。

映画『手紙』の原作は、文春文庫最速のミリオンセラーとなりました。
東野圭吾作『手紙』の発行部数は、2018年8月時点で240万部に達しています。

→カズオイシグロのわたしを離さないでは本当に実話を元にしているのか?

弟への思いが犯罪につながってしまった!?独りぼっちになった弟に兄からの手紙が届く

東野圭吾作『手紙』は犯罪加害者の親族の視点に立って、その心情の動きを丹念に追った作品です。犯罪加害者になってしまったのは武島剛志です。
剛志には直貴という弟がいました。

兄弟は幼い頃に父親を亡くしていました。
母親も剛志が高校生、直貴が中学生のときに亡くなります。
剛志は、高校を中退し、アルバイトをしながら弟を養っていました。

剛志は、直貴を大学に行かせるのが義務だと思っていました。
母親がしばしば「大学に行かなきゃだめだ」と言っていたためです。
剛志は、直貴の大学進学の費用を工面するために、一人暮らしの老婦人宅へ空き巣に入ってしまいます。

しかし、老婦人に見つかってしまい、警察に通報されそうになります。

それを止めようとして、剛志は老婦人を刺殺してしまいます。
兄が服役し、高校3年生で独りぼっちになった直貴は、被害者宅を訪れて謝罪しようとしますが、遺族の姿を見かけただけで逃げ出してしまいます。

高校の卒業式の2日前、直貴のもとに獄中の兄から初めての手紙が届きます。
手紙には、弟を心配する兄の心情が認められていました。

また、被害者家族へ謝罪に行って欲しいとも記されていました。
その後は月に1度、剛志から直貴に手紙が届くようになります。

スポンサーリンク

→【白い巨塔】原作とドラマ(映画)の結末の違いは?内容を比較

弟は兄からの手紙を捨てるようになる!感動の結末とは!?

直貴は、働きながら自力で通信大学へ進学し、その後、通学課程に転籍します。
大学在学中にバンド活動も始めます。

しかし、メジャーデビュー目前に兄が犯罪加害者であることが知られ、身を引きます。
大学卒業後、家電量販店に就職しますが、兄のことが問題となり、パソコン売り場から倉庫の仕事に異動となります。

直貴は、自分の人生を生きようとするたびに、犯罪加害者の親族という立場に道を狭められる苦痛を感じるようになります。そして、兄から届く手紙が鬱陶しくなります。
直貴は、兄からの手紙に返事を書かなくなり、遂には手紙を読まずに捨てるようになります。

しかし、社長の平野に「こつこつと他の人間とのつながりの糸を、1本ずつ増やしていくしかない」と言われます。

直貴はその後、由実子と結婚し、娘の実紀を授かります。

しかし、社宅内に兄のことが知られ、実紀が保育園で仲間はずれにされてしまいます。直貴は家族を守るために、兄と縁を切ることを決めます。

絶縁を知らせる手紙を受け取った剛志は、自分の存在が弟を苦しめてきたことに気づかなかったと知ります。

そして、自分が書いた手紙は自己満足でしかなかったと気づきます。
その後、直貴はかつてのバンド仲間に誘われ、刑務所での慰問コンサートに同行します。

直貴は、兄の剛志が服役している刑務所で「一緒に歌わないか」と誘われます。
舞台に立った直貴は、観客の中に兄の姿を探します。
その目に、詫びるように合掌する剛志の姿が飛び込み、直貴は声を出せませんでした。

→【アンフェア】黒幕の正体は誰?意味わからん人の為に解説します!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする