【ハリーポッター】トム・リドルがヴォルデモート卿になったのは何故?鼻がない理由との関係性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱

無料で「ハリー・ポッター全シリーズ」を観る

「ハリー・ポッター」シリーズに登場する闇の魔法使いがヴォルデモート卿です。
「名前を言ってはいけないあの人」と恐れられたヴォルデモート卿は、別の名前を持っていました。ヴォルデモート卿になったのは何故でしょうか?

スポンサーリンク

父がマグルだと知って改名を実行!本名を入れ替えただけじゃない!?

ヴォルデモート卿の真の名前は「トム・マールヴォロ・リドル」でした。
トム・リドルは、1926年12月31日に生まれました。
母はメローピー・ゴーントです。

メローピーは、ロンドンのウール孤児院に駆け込んで出産し、子供に「トム・リドル」と名付け、間もなく亡くなりました。

トム・リドルは、父親も親族もわからない状態のまま、薄汚れた孤児院で育ちました。
トム・リドルは早くから自分の才能に気づいていました。
やがて、孤児院を訪れたダンブルドアに見出され、トム・リドルはホグワーツ魔法魔術学校に通うことになります。

トム・リドルは、自分の才能を父譲りだと考えていました。
しかし、母がホグワーツ創設者の一人、サラザール・スリザリンの末裔だったことを知ります。そして、父親はマグルだったことも知るに至ります。

もともと「トム・リドル」という平凡な名前を嫌っていた彼は、この事実を知って「汚らわしいマグルの名前」を名乗るのをやめるようになります。
本名の「Tom Marvolo Riddle」を入れ替えて「I am Lord Voldemort」となることから、「ヴォルデモート卿」を名乗り始めます.
ちなみに、ヴォルデモートの語源は、フランス語の「Vol de mort(「死の飛翔」「死の窃盗」の意味)」です。

→【ハリーポッター】トム・リドルがヴォルデモート卿になったのは何故?鼻がない理由との関係性

ヴォルデモート卿になって手始めにしたのは×××だった!最初の分霊箱を作った理由は?

ヴォルデモートを名乗るようになって最初にしたのが、秘密の部屋を突き止めることでした。
そして、部屋の中に居たバジリスクを手なづけます。
1943年、バジリスクは多くのマグル生まれの生徒を襲撃しました。

一連の事件により理事会は学校閉鎖を決定しました。
孤児院に戻りたくなかったトム・リドルは、部屋を閉じて誰かを犯人として挙げれば学校が続くと考えました。
トム・リドルはハグリッドに濡れ衣を着せ、ディペット校長を納得させました。
ハグリッドは退学となり、トム・リドルは学校への特別功労のトロフィーを受け取りました。

しかし、ダンブルドアはハグリッドが無実だと考え、トム・リドルを疑っていました。
ダンブルドアのしつこい監視を受け、トム・リドルは在学中に部屋を再び開けるのは危険だと判断します。

そして、日記に魂の一部を残すことにします。
これが、ヴォルデモートの作った7つの分霊箱の最初でした。

1943年の夏、ヴォルデモートは母方の家系を調べていて、伯父のモーフィン・ゴーントに会います。

モーフィンはヴォルデモートに「あのマグルにそっくり」と言いました。
ヴォルデモートはそのマグルの素性について尋ねた後、モーフィンの杖を奪い、リドル一家を殺害しました。
しかも、モーフィンの記憶に修正を加えて、リドル一家を殺したのが彼自身だと信じ込ませました。

スポンサーリンク

→【観覧注意】本当に怖いハリーポッターの都市伝説&怖い話

複数の分霊箱を作る方法は!?魂の分裂を繰り返して外見に歪みが生じた

ヴォルデモートは在学中から分霊箱の研究に取り組んでいました。
複数の分霊箱を作ることの可能性について、スラグホーン教授に尋ねたこともあります。
スラグホーン教授は次のように答えました。

「邪悪な行為ー悪の極みの行為による。殺人を犯すことによってだ。殺人は魂を引き裂く。分霊箱を作ろうとする魔法使いは、破壊を自らのために利用する。引き裂かれた部分を物に閉じ込めるー」

ホグワーツ卒業後、ヴォルデモートはディペット校長に接触し、闇の魔術に対する防御術教諭として残れるように頼みました。
ディペット校長は、ダンブルドアによる助言もあり、その頼みを断りました。
ヴォルデモートは魔法省から来た複数の仕事の勧誘を断り、ボージン・アンド・バークスに就職しました。

そして、魔女や魔法使いたちに家宝を売るように説得する仕事をしました。

ヴォルデモートは、ヘプジバ・スミスという魔女から、スリザリンのロケットとハッフルパフのカップを強奪し、ヘプジバ・スミスを殺害しました。

そして、その2つを分霊箱に変えました。
その後、ヴォルデモートは10年に渡って姿を隠していました。

その間、ヴォルデモートは闇の魔術に傾倒し、魂の分裂を繰り返していました。
それに伴い、ヴォルデモートの外見に歪みが生じ始めていました。
第一次魔法戦争の後、ヴォルデモートはその肉体と魔力を失っていました。

ヴォルデモートは蛇にとりついて肉体を得ていました。
ヴォルデモートが魔法の使用に耐えうる最小限の肉体を取り戻したのは、1994年から1995年にかけてのことです。

→デビルマンの最終回ネタバレ! 最後は最悪の結末を迎える

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする