紅の豚!モデルになった人物やロケ地になった島は?時代背景はいつ頃なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


紅の豚 [DVD]

『紅の豚』はアドリア海を舞台とした物語です。
ロケ地となった場所や時代背景について調べてみました。

スポンサーリンク

モデルとなった町はドブロブニク

宮崎駿監督の作品にはヨーロッパの美しい街並みが現れますが、『紅の豚』のモデルとなったのは東ヨーロッパです。
クロアチアの中にあるドブロブニクという街が、『紅の豚』のモデルとなりました。
ドブロブニクは、イタリアからアドリア海を隔てた場所に位置します。

海に隣接するドブロブニクは、海洋貿易、とりわけ鉱石の産出湊として発展しました。
攻め込まれる危険性が高く、7世紀には町を守るために城壁が造られ始めたと言われています。
白い壁とオレンジ色の屋根を持った家並みで彩られた美しい町です。
ドブロブニクは「アドリア海の真珠」と呼ばれ、ヨーロッパの中でも屈指の観光スポットです。

→紅の豚の都市伝説!裏話に隠された謎!結末やその後について

フィオと飛び立った運河のモデルはナヴィリオ運河

ポルコは、ミラノにあるピッコロ社で飛行艇の修理をします。
その頃、ポルコは秘密警察に追われていました。
監視を振り切り、ポルコは飛行艇の設計者のフィオと飛び立ちます。

ポルコとフィオが運河の橋の下から飛び立つシーンは、ナヴィリオ運河がモデルとなっていると言われています。
ナヴィリオ運河は、ミラノが水の都だった時代の風景を残すエリアです。
運河沿いには、さまざまなショップが立ち並んでいます。

→紅の豚!マルコは何故人間から豚になったのか!?ポルコ・ロッソの由来とは!?

ポルコのアジトのモデルはナバイオビーチ

『紅の豚』の中でポルコがアジトとした島は、いくつかの島がモデルになったのではないかと言われています。
その中で位置的に一番近いのが、ギリシャにあるザキントス島です。
ザキントス島にあるナバイオビーチが、『紅の豚』の名シーンの舞台となった場所と言われています。

ナバイオビーチは、三方を断崖で囲まれており、ボートでしか行けません。
石灰岩で出来た断崖の高さは100メートル以上です。
砂浜には難破船が眠っています。

難破船のパナギオティス号は、1983年にトルコからタバコを密輸する際にギリシャ海軍に追われ、この海岸に乗り上げたとされています。
そんないきさつから、ナバイオビーチは、別名「シップレックビーチ(難破船海岸)」とも呼ばれています。

→【もののけ姫】ハンセン病とは?包帯の人たちの病気はなんだったのか!?

時代背景は1929年!空賊という設定の背景は?!

『紅の豚』は、世界大恐慌時代のイタリアを舞台としています。
イタリアは第一次世界大戦で戦勝国でしたが、総力戦となった大戦は、イタリア経済に大きな負担となりました。
戦後、イタリアは深刻な不況へと突入し、街には失業者と復員兵が溢れかえり、実情は敗戦国と大差ありませんでした。

1929年10月にニューヨークで発生した株価の大暴落は世界各地に伝染します。
物価が急落し、企業は倒産して、失業者は全世界で2000万人にも達したと言われています。
当時は社会保障がほとんど無く、職を失った飛行家たちが空賊行為に手を染めたという設定になっています。

スポンサーリンク

→ハウルの動く城!本当は怖い都市伝説・裏設定・トリビア

シュナイダーカップのモデルはシュナイダー・トロフィー・レース

空賊連合が雇った用心棒のカーチスに、ポルコは撃墜されてしまいます。
ポルコは、大破した愛機をミラノの工房ピッコロ社に持ち込みます。
ポルコの愛機は、フィオの手によって復活します。

ピッコロ社の社長はシュナイダーカップのことを口にします。
シュナイダーカップのモデルがシュナイダー・トロフィー・レースです。
シュナイダー・トロフィー・レースは、1913年から1931年まで行われた水上機のスピードレースです。

当時の飛行機は、高速機であるほど長距離の滑走路が必要でした。
そのため、陸上機では高速化に限界がありました。
水上機は離着水に広大な水面が利用でき、当時の技術ではむしろ高速化を追求できました。

→かぐや姫の物語!意外と知らないかぐや姫の都市伝説&怖い話&謎

ポルコの外出時の装いのモデルはコジャック警部補だった

ポルコは、普段は無人島でワインを飲みながらラジオで音楽を聴く、気ままな生活を送っています。
しかし、街に出る時は、白い背広に赤いネクタイを身につけています。
また、カーキ色のトレンチコートを羽織り、ボルサリーノのソフト帽をかぶり、夜中でもサングラスをかけています。

トレンチコートにソフト帽とサングラスという外見は、『刑事コジャック』のテオ・コジャック警部補の容姿そのままです。
『刑事コジャック』は、アメリカのCBSテレビで放映された刑事ドラマで、日本では1975年から1979年まで放映されました。宮崎駿監督もこの番組のファンでした。

宮崎駿監督は、コジャック刑事の吹き替えを担当した森山周一郎さんを、『紅の豚』のポルコの声に起用しています。

→ゲド戦記の怖い都市伝説・裏話・謎をまとめてみた

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする