下町ロケット!伊丹大と島津裕の関係は?ギアゴースト誕生秘話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


↓ ↓ ↓
下町ロケットゴーストを今すぐ読破する

「下町ロケット」2018年版に新たに登場し、ストーリーに深く関わってくるのがギアゴーストです。
ギアゴーストの社長が、尾上菊之助さん演じる伊丹大(いたみ・だい)。
副社長が、イモトアヤコさん演じる島津裕(しまづ・ゆう)です。
伊丹大と島津裕の関係はどんなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

ギアゴースト誕生秘話!総務部という墓場に送り込まれたふたりだった

伊丹大も島津裕も、帝国重工に勤めていた経験があります。
伊丹大は機械事業部で、島津裕はトランスミッション部門で働いていました。
島津裕は、新しいアイデアを次々と生み出し、入社して間もなく「天才」と称されるようになります。
伊丹大も、機械事業部の赤字を立て直すために書いた企画書が、新部長の的場俊一に取り上げられていました。

それぞれの部署で頭角を現わしていた伊丹大と島津裕ですが、ふたりとも挫折を味わいます。
伊丹大は、さらなる改革を訴えた企画書が的場俊一によって無視され、総務部に移されます。

島津裕は、新しいトランスミッション決定会議でCVTの採用を訴えますが、上層部の反応は鈍いものでした。
島津裕は、帝国重工の経営方針にも言及し、結果として総務部への異動を命じられます。

伊丹大は、総務部に着任して間もなく、部内の打ち上げ会で島津裕から声をかけられます。

「ここ、帝国重工の墓場だから」

島津裕から事情を聞かされた伊丹大は、「天才が必要とされる組織を作ればいいのではないか」と思いつきます。
伊丹大はビジネスプランの詳細を詰め、島津裕に提案しました。
「オレと一緒に、会社を興さないか」

→下町ロケット!軽部真樹男は本当に嫌な奴なのか?徳重聡ってどんな人!?

創業5年で年商100億超え!佃航平たちは伊丹大と島津裕をどう見たのか?

技術力はあっても、それをカネに変える商才はない島津裕。
発想力とビジネスプランはあっても、技術力のない伊丹大。
島津裕と伊丹大は、6年間、社長と副社長という関係で一緒に仕事をしました。

帝国重工を飛び出した当初、伊丹大は、3年でギアゴーストを上場させると豪語していました。
それは夢物語であることがすぐに分かりました。
しかし、創業5年目で100億を超える年商をあげるようになります。

ギアゴーストを初めて訪問するにあたり、情報を集めた佃航平たちは、100億の年商に驚きます。

伊丹大と初めて会った印象を、佃航平は、「真っ当な男に違いない」と感じ、気に入ります。
伊丹大に紹介された島津裕が、女性だったことに、佃航平たちはまず驚きます。
そして、ざっくばらんな雰囲気の「ごく普通の女性」であることにも驚きます。

スポンサーリンク

→【下町ロケット】トラクターで農業に革命を!?変速機のデメリットとは?

伊丹大にダイダロスの手が伸びる!伊丹大は島津裕を切り捨てる

ギアゴーストは、佃製作所にバルブ採用の通知をした直後、ケーマシナリーから特許侵害を申し立てられます。
ケーマシナリーから訴状が届く2週間前、伊丹大はダイダロスの社長・重田登志行と密かに会います。
敵対する弁護士事務所がセッティングしたものでした。

重田登志行は、伊丹大が帝国重工時代に倒産に追い込んだ重田工業の社長でした。
緊張する伊丹大に、重田登志行は不敵に言います。

「あんたのおかげで、自分の才能に気づかせてもらったようなものだ」

そして、ダイダロスによるギアゴーストの買収を提案します。

伊丹大は、その経緯を島津裕に話しませんでした。
島津裕は、伊丹大の様子に違和感を感じますが、ついに、伊丹大から説明の言葉は出ませんでした。
伊丹大と島津裕は、いつしか他人のようになってしまいます。

ケーマシナリーとの法廷闘争は、ギアゴースト側の勝利に終わります。
その日、伊丹大は島津裕にダイダロスの資本を受け入れ、業務も提携すると宣言します。

島津裕は、「昔のしがらみなんかより、いまの方が大切でしょう」と忠告します。
伊丹大の答えは、島津裕を凍りつかせました。

「いやならいいよ。シマちゃんはもうー必要ない」

→下町ロケット!重田登志行率いるダイダロスとは!?的場俊一との関係性

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする