【浜辺美波出演作品】オススメ映画・ドラマ一覧!まれから注目してました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもサブローです。
話題作に次々と出演している美少女というと、なんと言っても、浜辺美波ですね!

黒髪が似合う清楚な美少女で、典型的なアイドルのようですが、キャリアに裏打ちされた演技力で、作品の世界をしっかりと伝えてくれます。
2018年にブレイクする女優の筆頭ですね。

浜辺美波の魅力が存分に伝わる映画やドラマの出演作品をご紹介します。

スポンサーリンク

必ずチェックしたい注目女優「浜辺美波」の出演作品

全国のお茶の間に浸透した「まれ」

浜辺美波が、全国の視聴者に知られるようになったのは、なんと言っても「まれ」でしょう。
「まれ」は、2015年度前期NHK朝ドラです。ヒロインは、土屋太鳳でした。

浜辺美波が出演したのは、第19話「さよなら桜もち」。
この時、浜辺美波は14歳。演じたのは、桶作麻美でした。桶作麻美は、東京生まれの東京育ちの少女。
祖父母に懐いている風を示しながら、裏では、「おばあちゃん、一緒に住もうって言ってればいいんでしょ。」と小憎らしい事を言う、こまっしゃくれた少女です。

祖父母の前では、あどけなさの残る天使の笑顔。
陰口を叩く時には、なんとも小憎らしい表情。
出演したシーンは少ないものの、視聴者の印象に強く残りました。

実は、浜辺美波は石川県出身、石川県金沢市に本拠地を置くインターネット関連事業会社・ネスクのCMに出演し、石川や富山県内放映のテレビではお馴染みの顔になっていましたが、全国区で顔が知られるようになったのが、「まれ」です。

原作ファンも納得した「咲ーSakiー」

麻雀に燃える女子高校生たちを描いた青春漫画「咲ーSakiー」の実写化で、ドラマでも映画でも、主人公の宮永咲を演じました。

ドラマは、2016年12月にMBS・TBS系列の「ドラマイズム」枠で、4話放送されました。浜辺美波にとって、初主演の連続ドラマになります。
映画は、2017年2月3日公開。映画の出演作品では、2作目の主演作品です。

原作ファンから、当初は、実写化を危ぶむ声があがっていました。スタッフもキャスト陣も、「原作リスペクト」をスローガンにしたと言います。その甲斐あって、原作ファンからも高評価を得ています。

浜辺美波自身が語る、ドラマと映画の違いは、対局シーンの数。映画の方が、ドラマより対局シーンが多く、撮影もカット割が非常に多くて、苦労したと語っています。
見どころは、大会での咲の決め技のシーン。原作のカッコよさが、堪能できますね!
浜辺美波も、決め技のシーンについては、「『絶対勝ってやる!』という強い思いに共感しながら演じていました。」と語っています。

スポンサーリンク

透明感あふれる演技力に魅了される「君の膵臓をたべたい」

住野よるによる青春小説の実写版映画です。ネット発の純愛小説で、「セカチュー」に匹敵するとの呼び声の高い作品です。
公開は、2017年7月28日。

浜辺美波が演じたのは、山内桜良。志賀春樹は、少年時代を北村匠海が、大人になってからは小栗旬が演じています。

映画には、原作にはない「12年後の世界」が描かれています。高校時代のエピソードは、過去として扱われています。
大人になった春樹との共演シーンもあり、浜辺美波は、「桜良がずっと一緒にいた学生時代の【僕】を、小栗さんがそのまま演じてくださって、思いを受け止めてくださったような感じがしました。」と語っています。

映画の冒頭で、大きく笑う桜良。
その違和感は、少女が、余命1年になっている事を知るに及び、消えていきます。
観客も、いつしか「もう一度、あれくらい笑ってくれないものか」と、切なく思うようになる…。

心に沁み入る癒しの声と透明感あふれる演技力。
数ある浜辺美波出演作品の中でも、きっと彼女の代表作として、後日語られる事になるだろうと思われる作品です。

原作よりも兄妹の距離感が近い「亜人」

桜井画門による同名コミックを基にしたSFアクション映画です。
主人公・永井圭を演じるのは、佐藤健。不死身のテロリスト・佐藤には、綾野剛が扮します。
公開は、2017年9月30日。

浜辺美波が演じたのは、圭の妹・慧理子です。完成披露イベントに登壇した浜辺美波は、「原作より兄妹の距離感が近かった」と語っています。そのため、役作りで迷ったり、緊張していた部分もあったとか。
主演の佐藤から「そんなに緊張しなくていいよ」と言ってもらって、嬉しかったとも語っています。佐藤健とどんな兄妹を演じているかが、楽しみな映画ですね!

なお、「亜人」は、座席が揺れる体感型MX4Dでの上映もしています。
本広監督も、「本作のカメラはずっと動いているので、椅子もずっと動きます。上下の動きも多くてディズニーランドのアトラクションみたいな感じ。すごい、ヤバいすッよ!」とアピールしています。
どの角度から観ても、浜辺美波が可愛いという事を実感しそうですね(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする