下町ロケット!株式会社サヤマ製作所のモデルは?コアハートとは何なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


↓ ↓ ↓
下町ロケットゴーストを今すぐ読破する

『下町ロケット2 ガウディ計画』で佃製作所から取引を奪ったのが、NASA出身の社長・椎名直之が率いるサヤマ製作所でした。
サヤマ製作所にはモデル企業があるのでしょうか?

スポンサーリンク

サヤマ製作所の現社長は敏腕経営者!社長室にも性格が反映していた!?

原作『下町ロケット2』によれば、サヤマ製作所は東京都心部に本社機能を置く精密機械メーカーです。
もともとは、埼玉県狭山市に本社を置いていましたが、近年は狭山市の敷地を製造拠点としています。創業者は椎名直之の父親・直久氏です。

現社長の椎名直之は、ロケット工学が専門で、かつてはNASAに勤めていました。
サヤマ製作所は、「NASAのテクノロジー」を売りにし、椎名直之の人脈でトップと直接交渉をします。
大手メーカーと直接契約を結ぶ強引な手法が、サヤマ製作所の得意とするところです。
そのため、同業者の間では「仕事を横取りされた」といった不満の声が聞かれます。

椎名直之は、社長に就任するや経営の合理化を徹底し、会社を急成長させています。
社長室は、椎名直之の合理主義的な性格に合わせ、シンプルで無駄のない作りになっていました。
サヤマ製作所は佃製作所と同じ中小企業ですが、家具や調度品は上質で格調の高さを感じさせるアイテムが揃えられています。

→下町ロケットは実話だった!?佃製作所や帝国重工のモデルはあの企業

サヤマ製作所のモデルは日経ものづくり大賞を受賞したあの企業!?

『下町ロケット2』には17年前のサヤマ製作所も登場します。
17年前のサヤマ製作所のロケは、フジキンつくば先端事業所(茨城県つくば市御幸が丘)で行われました。
サヤマ製作所の工場内は、グローリー株式会社埼玉工場(埼玉県加須市古川2丁目)でロケが行われています。

ロケ地は、いずれもサヤマ製作所のモデル企業ではありません。
サヤマ製作所のモデルと見る声があがっているのは、狭山市に設立された「入曽精密」です。
入曽精密は、F1や人工衛星の部品の切削加工を手掛けている会社で、現在は入間市にあります。

社長はNASA出身ではありません。
0.3ミリの極小サイコロやiPhoneケースなど、実験的な製品も作っています。
2005年に大企業と比肩して「日経ものづくり大賞」を受賞しています。
『下町ロケット』の原作者・池井戸潤氏の目にとまった可能性はありますね。

スポンサーリンク

→下町ロケット!ガウディ計画とは?モデルとなった実話が存在したのか?

コアハートに採用されたバルブは×××だった!?佃製作所とサヤマ製作所の訴訟合戦に!

サヤマ製作所は、ロケットエンジンの「バルブシステム」の製造にも着手したことで、佃製作所のライバル企業となっていきます。
椎名直之は、佃製作所の技術開発部に所属していた若手エンジニア・中里を引き抜きます。
中里は、佃製作所から社外秘情報を盗み出します。

持ち出された情報は、佃製作所の山崎が考案した、人工心臓「コアハート」用の改良バルブの設計図でした。
「コアハート」用の改良バルブを設計図通りに完成させるには、非常に高い技術力が要求されました。
サヤマ製作所は、設計図を手に入れ、「改良バルブを完成させた」として、日本クラインに部品を提出します。

サヤマ製作所が提出したバルブを採用した「コアハート」は、すぐに治験患者の30代男性に試されます。しかし、死亡事故が発生します。

その死亡事故を、アジア医科大学は当初「患者本人の心不全にる病死」と発表していました。
世界最小・最軽量を謳う人工心臓「コアハート」の設計に疑いの目が向けられたのは、スクープ記事がきっかけでした。
サヤマ製作所の偽装を確信した佃製作所は、サヤマ製作所と戦う決意をして、神谷弁護士も加わる訴訟合戦へと突入していきます。

→下町ロケットゴーストのあらすじと感想!原作はドラマ以上に刺激的!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする