下町ロケットゴーストのあらすじと感想!原作はドラマ以上に刺激的!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


↓ ↓ ↓
下町ロケットゴーストを今すぐ読破する

『下町ロケット ゴースト』がTBS日曜劇場にて10月から放送されます。
原作は、池井戸潤氏の同名小説です。
原作のあらすじをご紹介します。

スポンサーリンク

佃製作所はトランスミッションに参入!ガウディの教訓を活かせるか!?

『下町ロケット ゴースト』は、佃製作所の危機から始まります。
大口取引先のひとつ、ヤマタニから開発中の新型エンジンの採用を白紙に戻されたのです。
ヤマタニは、既存製品の発注量も大きく削る計画を示しました。

ダイダロスの低コストの前に、苦境に立たされた佃たちは、戦略を変えることにします。着目したのがトランスミッションでした。

ひょんなことからトラクターの操作をした佃は、作業精度や乗り心地を左右するのがトランスミッションだと実感します。
トランスミッション参入の一歩として、佃製作所はバルブから始めることにします。

佃製作所は、ギアゴーストのコンペに挑むことにしました。
佃製作所の競合相手は、バルブ業界の大手、大森バルブでした。
佃は、軽部真樹男(かるべ・まきお)を中心とする開発チームを指名します。

軽部たちは試行錯誤します。

そして、「ガウディ」の教訓と向き合うことにします。
ユーザーのニーズと向き合うという原点に立ち返り、軽部チームは無用なスペック競争から脱却し、ギアゴーストの要求する品質と価格のバルブを作り上げます。

ギアゴーストの島津が選んだのは佃製作所でした。
佃製作所は、トランスミッション戦略の重要な第一歩を踏み出します。

→下町ロケット!ナカシマ工業のモデルは実在した!?あの企業がモデル!?

ギアゴーストが苦境に立たされる!勝訴したのにハッピーエンドじゃない!?

コンペの直後、ギアゴーストは苦境に立たされます。
ケーマシナリーから特許を侵害しているとの申し立てを受けたのです。
ケーマシナリー側からは、特許実施料として15億円を要求されます。

ギアゴーストの社長・伊丹は、出資者を探すことにします。
伊丹が、知人から「以前、特許訴訟で巨額の和解金を勝ち取った超優良企業」として勧められたのが佃製作所でした。
伊丹から相談を受けた佃は、顧問弁護士の神谷修一(かみや・しゅういち)に話を持ちかけます。

神谷弁護士は、クロスライセンス契約という対抗手段があることを佃に教えます。

そして、そのための調査を佃製作所が行えば、ギアゴーストを安く買収できるとも、佃に告げます。
佃は、社員とも相談し、対抗手段があることをギアゴーストに教えることにします。
「損得以前に、道義的に正しいかが重要なんじゃないのか。」という佃の言葉は、池井戸潤作品の根幹を成すものです。

ギアゴーストの情報は、実は、3年以上前から顧問弁護士の末長を通して流出していました。

訴状が届いたギアゴーストの伊丹は、神谷弁護士に顧問を依頼します。
神谷弁護士は、佃の探し出した論文と、自らがつかんだ末長の失態をもとに、裁判を有利に展開させます。ギアゴーストは裁判に勝ちました。

しかし、その直後、ギアゴーストの伊丹は、佃製作所ではなく、ダイダロスと組むことに決めます。ダイダロスの社長・重田は、伊丹が帝国重工に勤めていた頃に因縁があった人物でした。

伊丹を帝国重工から追いやったのが、帝国重工の社長候補の的場俊一(まとば・しゅんいち)だったと告げ、伊丹の心をつかんだのです。
伊丹は、共同経営者の島津に笑いながら言います。「シマちゃんはもうー必要ない」

→下町ロケット小説の続編のあらすじは!?ドラマの内容は?

スポンサーリンク

もう一つの道!殿村が選んだのは×××だった

『下町ロケット ゴースト』のあらすじは、佃に詫びを言いに来た島津が、暮れかかった街に消えていく姿を描いて終わります。

しかし、『下町ロケット ゴースト』の表紙には、同じ時刻に畑を耕すトラクターが描かれています。トラクターに乗るのは、おそらく殿村でしょう。

佃製作所がヤマタニから発注量を見直すと告げられた時、殿村の父親は心筋梗塞で倒れました。殿村の家は、三百年続く農家でした。

殿村の父親は、農業を自分の代で終わらせることにして、息子の直弘をサラリーマンにします。直弘も、家業を継ぐつもりはありませんでした。

父親が病に倒れ、直弘は、週末ごとに農作業に勤しむようになります。
最後の田植えの前に、直弘は、父親が一人祈る姿を見かけます。
その姿に、直弘は、「この世の中に三百年続くビジネスなど、ほとんどない」という思いにとらわれます。そして、家業を継ぐ決心をします。

『下町ロケット ゴースト』のあらすじで欠かせないのは、帝国重工のスターダスト計画の行方です。
佃製作所も帝国重工のスターダスト計画には加わっていました。
スターダスト計画に加わっていることが、佃たちの精神的支えでした。
その計画は、次期社長候補の的場によって縮小されることになります。

しかし、スターダスト計画に携わってきた財前は、去り際に「第一弾としてぶち上げるのは農業です。」と言います。

『下町ロケット ゴースト』の帯にも「宇宙(そら)から大地へ。」と書かれています。『下町ロケット』の続編で、殿村がどのようにあらすじに絡んでくるか!?今から楽しみですね!

→下町ロケット!ガウディ計画とは?モデルとなった実話が存在したのか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする