聲の形はなぜ不快と言われたのか!?障害者からの反応は!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・アニメ【鬼滅の刃】最新話までの見逃し動画配信サービス&全話のあらすじと感想!

・【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

・【鬼滅の刃】最強!?岩柱・悲鳴嶼行冥の強さやプロフィール!?盲目剣士の謎

・【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

・【鬼滅の刃】嘴平伊之助(はしびらいのすけ)のプロフィール・強さ・特徴

・【鬼滅の刃】鬼殺隊や柱を育てる育手達の特徴&一覧!?

・【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨(どうま)の強さや能力!宗教団体「万世極楽教」とは!?

・【鬼滅の刃】の予想考案!鬼舞辻無惨の死=全ての鬼が滅びる!禰豆子も滅んでしまうのか?

・【鬼滅の刃予想考案】珠世が無惨の呪いを克服出来た理由!鬼の治療法の謎

・【鬼滅の刃】痣の発動条件を予想考案!体への負荷で寿命を縮めるのか!?

・【鬼滅の刃予想考案】ヒノカミ神楽と日の呼吸!技一覧と継子の謎

・【鬼滅の刃】上弦の参・猗窩座(あかざ)は何故強さを求める!?人間の時に何があったのか?

・【鬼滅の刃予想考案】鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が竈門家(かまど)を襲った謎!?無惨は何をしに来たのか?

・【鬼殺の刃】生き残った5人の鬼殺隊精鋭隊士!炭治郎(たんじろう)の同期達の特徴

・【鬼滅の刃の予想考案】竈門禰豆子(かまどねずこ)が太陽の光を克服出来た謎!既に青い彼岸花を見つけていたから!?

・【鬼滅の刃の予想考案】上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)の正体!日の呼吸の剣士との関係性

・【鬼滅の刃の予想考案】産屋敷一族(うぶやしき)と鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の関係性!お館様の病気の謎

・鬼滅の刃の考案!鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が求める青い彼岸花の花言葉と不死への伏線

・【鬼滅の刃】元十二鬼月・響凱(きょうがい)の強さや特徴!何故下弦の陸を剥奪されたのか?

・【鬼滅の刃】下弦から上限まで!十二鬼月最強ランキング

・【鬼滅の刃】柱一覧!最強順に並べてみた!一番強いのは××柱


↓ ↓ ↓
映画「聲の形」を今すぐ視聴する

大今良時さんの『聲の形』は話題作です。
熱心なファンがいる一方、「不快」という声も多い作品です。
『聲の形』はなぜ「不快」と言われるのでしょうか?

スポンサーリンク

障害者への徹底したいじめが描かれるから

『聲の形』は、聴覚障害を抱える少女・硝子と、硝子を受け入れられずにいじめを率先して行う少年・将也の関係性を描いた作品です。物語は将也の視点で描かれます。
耳が聞こえないということがどんなことか、想像もできない将也の前に、聴覚障害者の硝子が現れます。

退屈を紛らすために、それまでもクラスメイトを巻き込んでいたずらを繰り返していた将也は、たちまち新しい「遊び」を見つけます。
硝子の耳元で大声を出したり、硝子の聞き取りにくい発音を真似したりします。
ついには、硝子の補聴器を取り上げ、これを壊してしまいます。

いじめはエスカレートしますが、いじめを行なっている将也は、晴れ晴れとした顔で、「これが充実感か!!」と言っています。
障害者へのいじめが「遊び」の一環として屈託なく描かれることに、「不快だ」と反応する人が少なくありません。
聴覚障害者のツイッターでは、「トラウマをえぐられる」という声があがっています。

→透明なゆりかごは実話!?モデルは作者・沖田×華の壮絶な人生!?

いじめた少年への周囲の態度が手のひら返しだから

将也のいじめをクラスメイトは面白がって見ていました。
担任も関わろうとしませんでした。しかし、事態が一転する日が来ます。

将也が壊した補聴器の総額が、170万円になったことで、硝子の親が学校にクレームをつけたためです。
「170万円」という金額の大きさに、クラスメイトは息を呑み、担任は、将也をスケープゴートにします。この日を境にして、将也が新たないじめのターゲットになります。

「いじめないといじめられる」といういじめの構図が浮かび上がる展開に、不快と感じる人が少なくありません。
また、自分の無策を棚に上げて、いじめ問題を安易な形で解決する教員の態度も、「不快だ」という声の多いところです。

硝子が再び転校した後も、将也はクラス内で孤立します。

スポンサーリンク

→炎上!幸色(さちいろ)のワンルームの元ネタは!?実話になったモデルの事件とは?

一番不快なのは障害者がいじめっ子に恋するという展開だから

『聲の形』に否定的な意見で一番多いのは、再会した硝子と将也の関係性についてです。
硝子は、将也に好意を抱きます。その感情は恋愛に変化します。

「いじめた側および健常者に都合良すぎて大嫌い」「差別やいじめなめすぎ」と不快を示す声が多くあがっています。『聲の形』は、将也の目線で描かれます。
将也が気づいていないことは描かれません。
そのため、硝子の内面の動きは、非常に分かりにくくなっています。

硝子は、「自分がクラスメイトに迷惑をかけている」という加害者意識が強い少女です。
そうした硝子がコミュニケーションへの期待を託したのが筆談ノートでした。
筆談ノートを失ったことで、硝子はコミュニケーションを諦めます。
時を経て、筆談ノートを伴って現れたのが将也でした。

硝子にとって、将也は、希望であると同時に、「周りを不幸にする自分」を思い出させる存在でした。

「自分が嫌いだった硝子が、自分を好きになれるか?」

将也との再会は、硝子にとって、複雑な問題をはらんでいました。
その当事者である硝子の内面が語られないことも、本作を分かりにくくし、もやもやとした不快感を醸すことになっています。

→聲の形は実話なのか!?西宮硝子の聴覚障害の程度は一般にどのレベルなのか!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする